地球外少年少女 後編「はじまりの物語」の作品情報・感想・評価

「地球外少年少女 後編「はじまりの物語」」に投稿された感想・評価

イオ

イオの感想・評価

4.2
多分シンギュラリティを超えたAIの遺産をめぐる宇宙ステーション物。スタンダードで良質なSFに電脳コイル風味に仕立てたシェフお手製の品。

このレビューはネタバレを含みます

前編、後編とも劇場で鑑賞。
正しく大人が少年少女に送るジュブナイル。
最後、それでも諦めず、手をのばす登矢に強い感動を得た。
あんしんの地球落下シーンは明らかに小惑星探査機はやぶさへのオマージュで、もう号泣するしかなかった。
親子で劇場に来ていた小学校高学年くらいの彼になにかが届いていればいいな。
楽行

楽行の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

難しいぞ。これ。
面白いけど、難しかった。
みいなが大成功しているのは、ウケた。
Koichi

Koichiの感想・評価

3.8
AIものとしてはなんだか既視感があったけど、礒光雄のアニメ感満載で面白かった。
Ritsu

Ritsuの感想・評価

3.7
ちょくちょくITに関するワード出てきてかけ離れてない未来の話って感じがした。
と思ったら後半から11次元やら知能限界やらまだ想像できないSFの話に変わってた。
でも話まとまってて見やすかった👍
As

Asの感想・評価

3.5
神に対する期待を人類の知性に向けている。
SFは反テクノロジー/ディストピアがよく描かれているけど、これはテクノロジーを理想の神様のイメージで描いてる。人類を越える知能を得たAIが人のために人を殺し始めるというストーリーは2001年宇宙の旅を踏襲しているように見える。このストーリーに魅力を感じるのは、自然に対する罪悪感、反出生主義的な思想に刺さるからなのかも。
うらら

うららの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

未来が誰にも予想できない不確実なものであるからこそ
より確実性のある未来予測や占い、
専門家の研究や意見が人々を魅了し、
それ無しでは不安になったり、
逆に日々生きていく為の糧になったり、
依存してしまう者さえいる。
この心理がより顕著に感じられた作品だった。
最高知能を持つAI(確実性が高いことが
既に保証されている)が予測した人類の未来。
作品上敵のような立場になっていた
ナサ・ヒューストンだが、
正直彼女の考え方も筋は通っていたし、
人間の価値観や信仰する媒体がそれぞれ
違うからこその衝突は真理だったと思う。
従うことによる人類の救済。
抗うことによる人類の救済。
個人的には100点満点の作品だった。
咀嚼することで今作の世界観で必要な用語の意味や、
各場面の面白さをより理解できると思う。
ツバサ

ツバサの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すっごくおもしろかった!
登矢くん中二かわいかった〜 前半のSFがすごくワクワクしたし、最後はみんな「ゆりかご」を出て大きく成長しててまぶしかった
理解が追いつかなかったこととか見逃してることがいっぱいある気がするから何回でも観たい。。
月の兎

月の兎の感想・評価

3.0
30分×全6話のNetflix配信アニメ。
劇場版の後編は第4〜6話。
かつてAIがシンギュラリティに至って暴走。
宇宙ステーションに発生したトラブルはその余波か、天災か、人災か。

脚本が苦手でした。
とにかく誰かしらずっと喋ってる。
設定も哲学も説明じゃなくて流れで伝えてくれるほうが好みですね。
謎に包まれた過去はあえて描写してないんだろうけど、例えば少し回想シーン入れる選択肢もあったかなと。

演出も微妙。
ハロでしかないドローン。
静電気っぽいピアコム。
スピリチュアルな11次元。
どれもなんとなくチープに感じちゃって。
このあたりの視覚デザインには大人向けのアイデアも欲しかったです。

総じて、前編でふくらんだワクワクを受け止めきれない後編でした。
プロットがよかっただけに残念。
宇宙と未来を身近に前向きに扱おうとする志は全面的に支持します!
映画館で観たかったけど、上映してないからNetflixで。
物語が壮大で複雑になっていく様は圧巻。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品