東のエデン 劇場版 II Paradise Lostの作品情報・感想・評価

「東のエデン 劇場版 II Paradise Lost」に投稿された感想・評価

KYM

KYMの感想・評価

3.5
最後の急ぎ足が納得いかなかった
それ以外は良かったのだが……
滝沢くんの出自(名言はされていない)やシリーズの結末が語られる最終章。
何ともすっきりとした最後は羽海野チカさんのデザインの妙でもあると思う。
また見直して濃く書いていこうかと思います。

あと個人的な事なのですが「豊洲のシネコン」っすごく響きいい言葉じゃないですか。
どうですかね。
ラストは少し物足りない感あるよね
まぁ下手な終わらせ方するより全然後味はいいけどさ
sakura

sakuraの感想・評価

-
割りと綺麗に完結した印象
全編を通していろいろ考えさせられる作品です
12g

12gの感想・評価

3.4
TV版、劇場版1・2でようやく話が全部まとまる。物事の中心ではない咲からしてわからないことは、視聴者にもはっきりとさせない感じが嫌いじゃない。同時に、咲視点であるから、激しく物事が動き出してもその穏やかな側面を見せられているような感覚。
実写にしたらチープ(特にケータイのデザインとか)になりそうな作品だけれど、アニメだからこその作品なんだろうな。最近の実写化の波がこういった作品に押し寄せてこないことを祈るばかり。
高史

高史の感想・評価

3.7
映画である必要性があまり感じられなかったなぁ
アニメ版での謎がほぼ解明するしすっきりはするんだけど、アニメのラストシーンの方がワクワクしてたかも、、
OPのfalling down変えてほしくなかった泣
まな

まなの感想・評価

3.5
8年前のTVアニメシリーズは割と良かった気がしたんだけどな。過疎化した渋谷とかの感じはさすがの神山健治
あらすじ/劇場版II
記憶が少しずつ戻ってきている滝沢郎。咲と東のエデンの仲間達が全面的に滝沢に協力する。他のセレソンが大きな事件を起こそうと企てていた。政府から事件のテロリストに間違われた滝沢は他のセレソンの暴走をくい止めるために奮闘する。滝沢は市民を守るために100億円を使っていた。一番セレソンに相応しい人物だったのかもしれない。老若女男様々な人物がセレソンの一人だった。
アニメと劇場版を一気に観てスッキリした。ニートが大活躍していたり面白い発想の作品だった。気になっていた「ひるね姫」の映画監督なので期待をして観たいな。
サンボ

サンボの感想・評価

5.0
中学生の頃は言いたいことがよく理解できない箇所があったけど今見返してみるとなるほどってなるし今見返して良かったと思います。
05

05の感想・評価

-
なんとなく気になってTVシリーズから劇場版まで全部一気見した。

100億って少なくね?って思いながら観てしまった。

あの携帯かっこいい。ジュイス好き。ノブレスオブリージュ。


昔のアニメを見返すたびに最近のアニメはつまらないと思う。
>|