回想シーンでご飯3杯いけるさんの映画レビュー・感想・評価

回想シーンでご飯3杯いける

回想シーンでご飯3杯いける

ストーリーだけではなく、演出や構成に輝きのある作品が好きです。
ユーザーIDを見れば察しがつくと思いますが、映画を彩る音楽や音響には自然と耳が行ってしまう。

良いと思った映画を評価する際の基準を提示する意味でも、良くないと思った映画にも正直な評価を書きます。3.0が基準点。

映画館以外は、全て5.1ch環境にて鑑賞。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.3

日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」を題材にしたイタリア映画。サイボーグだったジーグに対して、本作の主人公は生身の人間。巨大ロボットも登場しないので、はっきり言うとジーグを知るおじさん世代(自分を含む)は、あま>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

またまた韓国映画の傑作。一応、ソンビ映画の体裁をとっているけど、ホラー映画ではない。この辺りのサジ加減が絶妙で、観客を怖がらせたり、逆にB級的な笑いを誘うのではなく、韓国らしい人間ドラマとエンタメ要素>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.9

ああ、韓国映画の全部乗せエンターテインメント精神は、やはり素晴らしい。

パケ写は正直言ってダサめだし、主人公の武闘派ベテラン刑事を始めとする捜査隊のチンピラ風の日常を描いた序盤は、正直あまり好みでは
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

1.5

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のレビューでも書いたけど、SFアクション映画で潜在的に付きまとう「アクションシーンの背後で、実は多数の人が死んでいる」問題は、製作スタッフが会議で考える事であっ>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.0

「スリー・ビルボード」の深い脚本に感服し、もうちょっとやそっとの作品では人物描写が浅く感じて、スリー・ビルボード・ロスになってしまうのでは?と心配していた矢先。意外な刺客「At The Terrace>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.0

何だかんだ言って、この10年間に公開された物は殆ど観ているウディ・アレン監督作品。映画黄金期の1930年代のハリウッドを舞台にした恋愛物で、少しセピアっぽい映像や音楽等、ウディ作品らしいテイストに満ち>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.8

観終わった後の充足感が半端無い。久々に濃厚なドラマ映画を観たというっ気持ちでいっぱいになる。

最愛の娘を殺されたものの、犯人逮捕の気配さえない事に憤りを感じた母ミルドレッドが、警察への抗議を掲げた3
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.2

パケ写の雰囲気から「ALWAYS 三丁目の夕日」みたいな和み系をイメージしていたら、朝鮮戦争やベトナム戦争の時代を生き抜いた老爺の生涯を描いたドラマティックで辛口な作品で驚いた。

主演はファン・ジョ
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.5

'78年に公開された映画版「スーパーマン」を観てから40年経ったという事なのか。当時は子供だったので記憶は曖昧だけど、このリメイクを観て、あーそうだった、そうだった、と当時のストーリーを思い出す。演出>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

韓国映画「殺人の告白」をベースにしたリメイク。

時効を迎えた連続殺人事件の犯人を名乗る男が現れ、告白本を出版するというプロットは、韓国版と同じ。韓国版にあったアクションシーンはほぼ全て無くなり、代わ
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

クリストファー・ノーラン監督によるバットマン3部作を鑑賞し終えたタイミングでツタヤに行ったら、このDVDパッケージが目に飛び込んできた。バットマンを盛り上げてくれた名脇役、アルフレッド(マイケル・ケイ>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

市原悦子無双! 大阪で通り魔として犯罪を繰り返してきた青年が、九州の山村に逃亡し、そこで出会ったのが老婆スマ(市原悦子)。冒頭から約15分後、ようやくスマが出てきた所で、作品の雰囲気が一気に市原劇場に>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.3

クリストファー・ノーラン監督によるバットマン3部作。いよいよ本作で完結。シリーズの中でこれだけが唯一未見だったけれど、本当に素晴らしい。

本作ではバットマンを囲む脇役達の活躍が丁寧に描かれていて、3
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.4

邦題とパケ写のイメージから、勝手にニコラス・スパークス原作のラブ・ストーリーと思い込んで鑑賞。

しかし、いざ蓋を開けてみると、甘めのテイストは殆ど無く、戦争で心の傷を負い、その後灯台守となったトムと
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

というわけで、「バーフバリ 伝説誕生」の続編である「王の凱旋」を劇場にて鑑賞。冒頭はいきなり日本語ナレーションによる「伝説誕生」のダイジェストから始まってびっくり。日本語で作られていることから考えて、>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

久々のインド映画。フォローしている皆さんが絶賛している続編を観る前に、まずは前作であるこの「伝説誕生」を鑑賞。

伝説の戦士の3世代に渡る数奇な歴史を描いたアドベンチャー大作で、ナイアガラに似た巨大な
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.2

中国版「人魚姫」を観た時にも感じたけど、人魚姫のイメージって国によって様々で、同時に、時代と共にアップデイトされて然るべき物なのだと思う。

本作に登場する人魚の少女ルーは、音楽が大好きという設定。港
>>続きを読む

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

3.5

白血病で病院の中にある学校に通う少年オスカーは、悪戯好きなのに、その病状が芳しくない事もあり、周囲の大人が気遣って誰も怒ってくれない事が不満。子供は大人にかまって欲しいという承認欲求から悪戯をする。そ>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.8

つまみ食い程度に観たっきりだったクリストファー・ノーラン監督による「バットマン」三部作を、改めて鑑賞。これはその2作目。

敵役として新たにジョーカーが登場。パッと見は残忍なサイコパスという感じだが、
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

2.0

LGBT、ドラッグ問題、エイズ、貧困等を題材にしたロック・ミュージカルの映画版。オープニングで全キャストが揃って歌う「Seasons Of Love」の時点で、もうかなり良い。ピンスポットを効果的に使>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.5

'80年代の韓国で実際に起きた華城連続殺人事件を題材にした作品。10人の女性が殺されたにも関わらず未解決のまま時効を迎えた、韓国史上最悪の事件だ。

時効を迎えた事件が題材になっている事から、本作でも
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.6

フランスとチェコの合作による1973年制作のアニメ映画。パケ写の世界観がそのままアニメとして動くビジュアルはかなりシュール。更に、音楽、SE、フランス語による声優の演技が相まって、かなりインパクトがあ>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.8

つまみ食い程度に観たっきりだったクリストファー・ノーラン監督による「バットマン」三部作を、改めて鑑賞。これはその1作目。

アメコミの実写化と言えば、僕達はアクション映画をイメージしてしまうけれど、こ
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.5

女1人、男2人の三角関係を描いた作品。それだけなら、割とありがちなのに、男のうちの1人がゲイという設定を加えるだけで、これだけ面白い作品になってしまうとは。さすがグザヴィエ・ドランという感じ。

ドラ
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

3.3

「キングスマン:ゴールデン・サークル」を観た流れで、コリン・ファース出演作品を何か、という事で本作をチョイス。しかも「キングスマン」で敵だったジュリアン・ムーアが元カノ役で出ているというのが何とも面白>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

3.5

クロアチア紛争勃発直前の1991年に始まり、2001年、2011年の、3つ時代を舞台に、同じ俳優が各々3役をこなして作り上げた異色の作品。

普通、複数の時代を描いた映画の場合は、ストーリーが繋がって
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.3

2016~2017年の韓国映画は大豊作だった。その中でもこれが一番良かったかもしれない。トンネル崩落事故で1人取り残された男のサバイバルを描いた災害物の体を取っているが、そこのクオリティをキープしつつ>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.0

2012年の「ロストボディ」で鮮やかなどんでん返しを披露したスペインのオリオル・パウロ監督による新作。Filmarksの情報から、今回もどんでん返しがあるという事だけを仕入れて鑑賞した。

不倫相手を
>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.5

夜中に起きた轢き逃げ事件を、資産家、中産階級、労働者という、経済的環境が違う3人の視点で捉えた群像劇。

同じ時間帯を複数の視点で繰り返し映し出しながら、物語の全体像を炙り出していく構成は、内田けんじ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

スコア4.8の高評価を付けた「キングスマン」の続編という事で、早速劇場にて鑑賞。

Prince"Let's Go Crazy"に合わせて繰り広げられる冒頭のカーチェイス・シーンからいきなりテンション
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

4.3

カナダのドゥニ・ヴィルヌーヴが監督した2009年の作品。「メッセージ」「ブレードランナー2049」等、最近の彼の作品は、僕にとっては難解過ぎてピンと来なくなっていたのだが、本作は非常にシンプルで、故に>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

2.5

1979年の西海岸を舞台に、思春期の少年が母親や年上の女性との触れ合いを通じて成長する姿を描いた作品。監督は僕と同じ1966年生まれで、彼の母と姉がモデルになった人物が登場する等、監督自身の回顧録とし>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

原作を全く知らない事もあり、正直冒頭はなかなか入り込めなかった。日本の派閥政治を生徒会というシステムに落とし込んだ風刺コメディとして捉えると、高校生を描いた作品としてはあまりに保守的に思え、何とも複雑>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

いやー、本作の最大の見所は敵役バルチャーにマイケル・キートンを起用している事だと思う。彼は元々バットマンを演じた俳優で、それを自虐的なネタとして扱ったメタ構造の作品「バードマン」でも主演。アメコミ映画>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

4.0

子供が独立した後の、中年夫婦の危機を描いたコメディ。優柔不断な夫を阿部寛、それとは間逆のサバサバな妻を天海祐希が演じるという事で、彼等の力量があれば確実に楽しい作品になる事は予想できた。

予告編の編
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

マンチェスターっていうからイギリスの話かと思っていたら、アメリカ北部のカナダとの国境近くにある地名だそうで、日本で例えれば、青森や函館辺りに近い感じなのだろうか、雪深い港町が舞台。兄の死をきっかけに帰>>続きを読む

>|