ピートロさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

ピートロ

ピートロ

映画(1333)
ドラマ(0)
アニメ(0)

X エックス(2022年製作の映画)

3.7

往年の名作ホラーを彷彿とさせる設定や展開にわくわくしたが、そこからのオリジナリティがちょっと薄かったかも。
シャマランの『ヴィジット』みたく、老殺人鬼ならではの印象的なアクションやアイデアが欲しかった
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.8

北欧の大自然と色彩、最小限の台詞と説明、美しい構図等かなり好み。
エグさのないスタイリッシュホラー。
淡々とした展開とオチもよい。
点数低すぎない…?

MEMORIA メモリア(2021年製作の映画)

3.7

テレビなら完全に放送事故の間合いでの長回し、最小限でスローリーな会話、静謐に満ちた雰囲気で完全に脳内はアルファ波独占状態。
テーマは難解だけど深そうだし、意味不明だけど深そうだし、よくわからないけど深
>>続きを読む

ホワイト・ノイズ(2022年製作の映画)

3.7

「バームバックらしくなさ」に戸惑ったが、原作未読のため、それが原作によるものなのか、演出によるものなのかがわからなかったのが残念。
とはいえその混沌さ・奇抜さに人工的な違和感を感じてしまった。
このも
>>続きを読む

マイスモールランド(2022年製作の映画)

3.8

クルド難民問題というテーマと、主演の嵐莉菜は魅力的だった。
もう少し展開に工夫や面白さが欲しかった。

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

3.9

ぼくはほとんどわからなかったけど、どうやら小ネタやくすぐりやカメオ出演が満載のようで、そこで楽しめなかったのは残念であるが、そんなことがわからなくても前作が未見でも問題ないノリと勢いがある。
ガン型ス
>>続きを読む

ギレルモ・デル・トロのピノッキオ(2022年製作の映画)

3.7

ストップモーションらしいけど、ここまでくるともうCGと区別できなくなるの、なんともいえない複雑な気持ち。
デル・トロ的ダーク風味ではあったけど、そこまでの大きなアレンジではなく特段新鮮さを感じられなか
>>続きを読む

恋は光(2022年製作の映画)

4.0

西野七瀬と平祐奈がたまらなくかわいい。光り輝いていた。
岡山県のロケ地(岡山市、高梁市、倉敷市、環太平洋大学など)も美しく楽しい。
ラブコメとしてのコメディ要素の塩梅が絶妙だと思った。
原作未読。

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.1

原作を読んだことがある程度で特にファンではないぼくでさえグッときた。
原作の作画そのままにヌルヌルと動く技術がすごい。
OPからのタイトルバックがカッコよかった(高校名がバーン!)。
内容は山王戦なの
>>続きを読む

犬王(2021年製作の映画)

3.9

湯浅作品はひと目でそれとわかるルックと中毒性のある躍動感だけでもう十分すばらしいと思う。
幼少期の犬王のデザインとアヴちゃんの歌声がよかった。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.8

デヴィッド・ロウリー監督目当てで観たが、ロバート・レッドフォードの俳優引退作で、もう完全に彼の映画。
レトロな雰囲気も音楽もテンポもルックも尺もいい感じだった。

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

4.3

想像以上にグロテスクでずっと嫌悪感しかなかった。
アレクシアの醜悪な姿は、女性の「生理」が神秘性とは無縁の過酷な現象であるという表現かと思っていたが、ラストで考えが変わった。
表層にとらわれない愛の本
>>続きを読む

きさらぎ駅(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

懐かし題材のホラーかと思ったら、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』や『リゼロ』みたいな「ループ攻略」ものだった。
POVとVFXの雰囲気が白石晃士っぽかった。

マクベス(2021年製作の映画)

3.8

コーエン「兄弟」ではなく、ジョエルが監督・脚本。
モノクロでスタンダードサイズ、セットも演出もミニマルで、原作に忠実…と地味な要素が並ぶが、主演のふたりはとんでもなく豪華だし、勢いのあるA24だし(?
>>続きを読む

グリーン・ナイト(2021年製作の映画)

3.9

退屈で意味不明だけど、なぜか「観てよかったな」と思える不思議な作品。
『ア・ゴースト・ストーリー』が好きだったので本作も観てみたが、静謐感や音楽の使い方など通底していた。
独特の間や雰囲気があるので肌
>>続きを読む

DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン(1983年製作の映画)

3.9

本作についてはいろんなところ(『アオイホノオ』とか)から情報が入ってきたし、部分的には観たことがあったけど、想像の何倍もクオリティが高くて驚いた。
学生が80年代に8mmでこれを撮ったなんて、ちょっと
>>続きを読む

修羅雪姫(1973年製作の映画)

3.8

漫画原作のB級アクション活劇。
ツッコミどころの多さが愛嬌となり不思議な魅力があった。
幼少期の特訓シーンが面白いが(樽に入れられて坂道から落とされる。なぜかダチョウ倶楽部の上島みたいに突然全裸になる
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

3.8

物理移動が多く景色による画変わりがあるのに、なぜか根本的な単調さを感じてしまった。
うまくいえないが、引っかかり(毒とか)があるべきテーマや設定なのに想定内の展開がするすると流れてゆき、反対に細部の粗
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

4.1

監督の初期作品の頃のような勢いと雰囲気が懐かしい。
どう転がるのかわからない展開と二人の関係性の絶妙な匙加減。
重要度を無視して羅列したかのような雑多な構成にもしびれる。
実在のモデルとか時代背景とか
>>続きを読む

窓辺にて(2022年製作の映画)

4.2

今泉作品の原点に立ち返ったような、濃密でストイックで洒落てて誠実でウィットに富んだ傑作。
すべてが「会話劇」というストロングスタイル。会話とシチュエーションの面白さだけで約2時間半を劇伴もなく飽きさせ
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.9

ポストジブリを意識するのはいいけど、ぼくが新海シェフに求めていたのは万人受けするファミレス料理じゃなくて、「俺はこれが旨いと思っているんだ」と個人的趣味を押しつけてくるクセが強めの町中華だったんだよな>>続きを読む

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(2022年製作の映画)

3.4

ファーストの15話を約100分に拡張しているので、正直、間延び感は否めない。
アムロの声がいまだに古谷徹であることが驚き。70歳近いのにあの少年ボイスはすごすぎる(ちょっとフガフガしてたけど)。
歌が
>>続きを読む

ハケンアニメ!(2022年製作の映画)

4.1

『SHIROBAKO』を実写化したようなストーリー。
劇中作アニメの『サウンドバック 奏の石』『運命戦線リデルライト』のクオリティがすごい。
柄本佑演じる行城さん、かっこよすぎてずるいなあ。
アイドル
>>続きを読む

ボーイ(2010年製作の映画)

3.8

監督自らが演じるハチャメチャな父親にイラッとし、内気で心優しい弟にウルっとし、健気で痛々しい主人公にグッときた。
ワイティティ作品の特徴だと思っている「ユーモアと哀愁」が長編2作目の本作ですでに開花し
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.3

『バーフバリ』と違って舞台は現代(といっても1920年代の英国植民地時代のインド)。
基本的に徹頭徹尾、面白いんだけど、厳しくいえばちょっとだけ冒頭、物語が軌道に乗るまでが遅く感じた。
ビームとラーマ
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

3.8

監督が自らの幼少期をフィクション化。
映像は美麗で両親も美形でオシャレなセリフと演出でルックはいい。
ただ、過酷な現状を子供目線で描く手法からどうしても『ジョジョ・ラビット』を思い出し比較してしまうが
>>続きを読む

四畳半タイムマシンブルース(2022年製作の映画)

4.2

ディズニープラスで観たけど(5話に分割され配信オリジナルが1話追加)、内容は劇場版と同様と考えていいのかしらん?
もはや古典の趣さえあるヨーロッパ企画の演劇『サマータイムマシン・ブルース』と、森見登美
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.9

キャストへのこだわり(プエルトリコ人にラテン系キャストを)や、映像美、迫力ある歌とダンスで古典をアップデートした手腕はすごいし(とはいえオリジナルを観たのは遠い昔なのでほとんど覚えてない…)、今この「>>続きを読む

スロータージャップ(2017年製作の映画)

3.8

低能、暴力、殺人、差別、カニバリズム…。あらゆる不謹慎が露悪的に詰め込まれた「初期阪本作品」テイストの全開の本作だが、なぜか嫌悪しきれないキッチュさがあり、個人的には嫌いじゃない。
前半の障害者になっ
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.8

ワイティティ監督作ということや、ポップなポスターやタイトル、ノリノリの予告編から感じた期待ほどではなかったものの、安定のマーベルクオリティ。
GoGのメンバーが出演するのもうれしい。
ソー姿のナタリー
>>続きを読む

こちらあみ子(2022年製作の映画)

4.2

間や距離感が絶妙で、なんとも不思議で奇妙な後味。
ロケーションや青葉市子の音楽もすごくいい。
あの坊主の同級生は、彼がいなかったら話が成立しないんじゃないかというくらいの重役で好き。
誰にでも「あみ子
>>続きを読む

画家と泥棒(2020年製作の映画)

3.9

画家が自分の絵を盗んだ泥棒に会いに行くドキュメンタリー。
前知識なしでの鑑賞がおすすめ(といってもびっくりするようなオチがあるわけではないけど)。
メインの2人のキャラが非常に魅力的。
とてもドキュメ
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.1

スリラーとジャンル付けされていたので、どんな陰惨な展開が待ち受けているのかと身構え過ぎた…。
「異食症」の行為自体はスリリングでたしかにスリラーといえなくもないが、内容は直球の(フェミニズムな)ヒュー
>>続きを読む

永峰中村飯塚(2021年製作の映画)

3.6

3人の会話がメインのショートフィルム。映画美学校の終了制作セレクションらしい。小説のような会話文は味わいがあり嫌いじゃない。クリアな映像と音声が良かった。

大虐殺(1960年製作の映画)

3.9

冒頭の関東大震災からの朝鮮人&社会主義者の大虐殺は凄惨で迫力があり「これはしんどい内容だな」と思ったが、天知茂がテロを起こそうと苦悩し実践する展開になると空気が一変。
隙のある脚本に愛嬌を感じた。

勝利者の復讐(1958年製作の映画)

3.4

天知茂が一人二役。
悲惨な内容ながら犯罪計画はどこか間抜けで、ほのぼの感すらあった。