カランコエの花の作品情報・感想・評価

カランコエの花2016年製作の映画)

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:39分

4.1

あらすじ

「カランコエの花」に投稿された感想・評価

藻

藻の感想・評価

3.7
40分くらいの短めの映画。上映後監督の舞台挨拶付きの回。
私はすごくLGBTについて関心があって、まあそれは自分自身が恋愛対象が男女どちらなのかわからなくなった時期があったからなのだけど。それに友達にもいたりして。だから割とこういう作品は観てきた方です。今まで観た映画は当事者が主人公で世界に訴えかける、ってことが多くて今回もそういう話だと勝手に思って観ました。でもこの作品は違って主人公は友達がレズビアンだと知って戸惑う女子高生。この視点今まであまりなかったのが不思議だけど本当は1番重要なんじゃないかと思った。世の中の大多数は戸惑う女子高生側で、この作品を観て観客は追体験が出来ると思った。
最終的に誰も救われないんだけどこれがリアルだなと。
監督がこの映画で1度傷つけてしまった体験をした私たちは現実世界で誰かを救えるチャンスがある(ニュアンス)って言っていたけどそういうために映画って作られていくのすごく有意義だなと感じた。映画には色々な力がある。
正直お芝居の質とかには色々思うところはあるけど題材と内容が素晴らしいです。
上映中は特に泣いたりしなかったんだけど観終わったあとにトイレに篭って少し泣いた。監督に感想を伝えたときにも泣いてしまった。この映画が評価されている世界でよかった。
監督が言ってたけど教育機関の研修とかにも使われてるらしい。特に教育に関わる者は必修にして欲しいわ。
一度は教員の道を目指した者として、また当事者として悩んだ過去がある者としてこの映画が広まって欲しいと心から願います。
付箋

付箋の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最小限に厳選された言葉、表情、風景。

学校の緩く閉じた場所で大人の迂闊さと、少年(男女)の収まりきらない気持ちが、
地方都市の風景、生活と辛いほど重なり、胸を打ちます。

エンドロールも刺さります。

もう少し引きの風景があれば、とも思いました。

残念なのは啓発映画として宣伝されている面があることです。
ただの映画として、傑作です。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.9
続けてLGBTQを題材にした作品ということでレビュー。
今月のイベントに向けて観賞!!

高校のあるクラスで行われた授業
「LGBTについて」
しかし、行われたのが1クラスだったことから、生徒たちの間に不穏な噂が流れ始めて...。

広瀬すずさんや、土屋太鳳さんはいないけれど、長編の様に密度の濃かった40分。
(この例えの意味は本編を観れば分かる。笑)

BGMや劇伴に頼らないこそ際立つ、蝉の鳴き声や自転車を漕ぐ音が印象的で、その演出が少女たちの孤独を引き立たせていました。

同性愛に悩む女子高生と、その周囲の反応を描いているようで、あくまで純粋なラブストーリーとして作られている本作。だからこそエンドロールでの"ある演出"には胸が痛くなります。

また、前述の『ギャルソンヌ...』と同じく、鏡台を前に主人公が髪結いをしてもらうシーンが登場する本作。改めて考えると、このようなシーンは女性の世界ならではともいえるもので、彼女たちを表現するうえで重要な役割を担っていたのかもしれません。

人に対する思いやりや配慮、それがあまりにも行きすぎると、誰かを傷つけてしまうのかもしれない。
これはLGBTQ関連の全般にも繋がるかもしれませんが、本当に大切なのは、本音を話して相手の事をよく知ることなのかもしれません。

そもそも、今回の発端となるのが、保険の先生の未熟な行動というところに何ともいえないやるせなさを感じなくもないですが、LGBTQについて、あまり知らない僕たち=若者世代にこそ観てほしい一作でした。

「カランコエの花」中川駿監督、“カメ止め”がインディーズの道をひらいてくれた
https://eiga.com/l/IIBTH
(ここでは本作が製作されたきっかけについて書かれていました!)

第二回チアシアター開催! 作品は… | 映画チア部
https://moviecheer.themedia.jp/posts/5312584LGBTQ
(見逃してしまった方々に朗報!!1月20日、神戸の元町映画館にて本作が再上映されます!!当日は学生によるLGBTのトークショーも開催!一度、観た方も是非!実は僕もお手伝いしてます。笑)
地元で撮られた映画を地元で見れてよかった。
戸惑いの描写が、どの方向からも甘酸っぱさを感じさせていいと思った。
出てくる女の子の演技が良くてかわいいのもよき。

最後のシーンにやられちゃいました。
漠然としたものが確定された時、対照的だった2人のとる行動が逆転する。
シュシュのくだりもいい。

題字もチラシも素敵。

願わくばもう少し長い尺で見たかった。
glitter

glitterの感想・評価

4.0
LGBT以外は予備知識なしでうっかり観てうっかり引き込まれた。すごく短い時間なのに短さを感じない濃縮還元。エンドロールにずっしりと。過剰な音楽や演出がないのも良い。後を引く作品でした。
mkrsw114

mkrsw114の感想・評価

3.3
LGBTをテーマにした中編映画。舞台は高校のとあるクラス。

台本は渡されずシチュエーションのみで演技をさせる演出方法だったとか。そのこともあってか俳優陣のナチュラルな演技が光る

保健の先生や物語のキーとなる女子生徒の行動が腑に落ちない。男子生徒の心情の変化もよく分からず、物語に感情移入できなかったからか感動もなく

しかしながら、そんなモヤモヤを、登場人物があの時どんな気持ちだったかを、考えている。結末を知った上でもう一度見たいと思わせてくれる。
A

Aの感想・評価

4.5
ただただ美しく愛おしいエンドロールで号泣
かなりいい映画だった
あきら

あきらの感想・評価

4.8
素晴らしかった…………

声高じゃない、どちらかというと引きの映画。
だからこそ、気持ちの中に残していく余韻がすごい。
39分だなんて信じられないくらい、大きくて深いものが胸に沁みてきた。

あの先生も悪意からしたことじゃない。
生徒たちも決して芯からの悪でもない。
ただ無知で未熟なだけなのに、それでもこのようなことは起こるんだ。たぶんすべての日常の中で。
そしてこういうのはきっとLGBTに限った話でもない。

自分はLGBTに理解がある、差別意識などない、とか思っているすべての人に観てほしい。
ってか観るべき。


エンドロールに流れるウキウキの恋話がズキズキして、とめどなく泣けた…………

素晴らしかった。
勝手に嫌〜な感じのサスペンス映画かと思ってましたが、本当に温かい映画でした!

39分という短編。
この話の続きを描いたり、キャラそれぞれの背景をもっと描いたりしていけば、90分くらいのは作れたと思います。

が、それをせず39分にしてこの見ごたえ十分にしてるのはほんとすごい。

観終わってから登場人物それぞれのセリフや行動を思い出して、
彼らがどんな気持ちだったのか、今どんな気持ちでいるかを考える余地があるのが意義深い。

観客が物語を家に持ち帰ることができる。なんと素晴らしいのでしょうか。


****

四コマ映画『カランコエの花』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2175

****

学生たちのなんとも自然な演技。。
即興っていうか、隠しカメラで撮ってるみたいに自然。

帰り道のモノマネのシーンなんかホントに楽しそうでほのぼのします。


黒板の落書きを見つけるシーンだけ、いきなり演劇的でしたが。。
あそこまで全員が起立しないでしょうね、実際は。
少なくとも座ってる人も多いだろうし、関係ない会話をしてる男子たちもいっぱいいるでしょう。

ま、あそこがこの映画の佳境なので印象的な演出にしたのだろうと思います。


****



この映画では「LGBTの割合は7%」という説を採用してますね。
(というか保健室の先生がこの説を採用したということですが)

このパーセンテージは、地域差や世代間格差、調査方法によって揺らぎがあります。詳細→http://jobrainbow.net/lgbt-percentage

4%から15%という差があるようですね。


***


学校でLGBT授業をする時に「クラスに1人いてもおかしくない割合です」と先生が言うこともあるでしょう。

でももしLGBTの子がそのクラスにいて、それを〝隠したがっているとしたら〟、かなり緊迫しますよね。。
「やっべ、LGBT探しが始まる!」って。

それが実践されるのがこの映画です。


***


保健の先生の薄っぺらいLGBT授業も面白かったな〜。。
あれでは何もいい方向へ行かないわな。。

あと、黒板に「LGBT」と言うアルファベット四文字を書かれるのもなかなかショッキングですね。

頭文字取って4つ並べてアルファベット読みされて、こう言う人たちがいますって。
逆に同じ人間じゃない感が強まる。。



****



この映画の凄さはやっぱ39分という時間ですね。

ラストは温かな着地をしますが、
解決していない問題がいくつか残る。

観客誰もが観終わった後、そのことについて考える。

一つの答えを出すことも出来ただろうけど
それをしないことによって、見る人が答えを出せるし、
時代の流れに負けない作品になったと思う。

で、それがけして無責任なことではないのは
作品を見ればわかる。
どれほどの覚悟でこの映画を撮ったか。演技したか。ですよ。

****

四コマ映画『カランコエの花』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2175
>|