カランコエの花の作品情報・感想・評価

カランコエの花2016年製作の映画)

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:39分

あらすじ

とある高校2年生のクラス。ある日唐突に『LGBTについて』の授業が行われた。 しかし他のクラスではその授業は行われておらず、生徒たちに疑念が生じる。 「うちのクラスに LGBTの人がいるんじゃないか?」 生徒らの日常に波紋が広がっていき…。 思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは…?

「カランコエの花」に投稿された感想・評価

一般人

一般人の感想・評価

4.5
あまりこういうものは書かないのですが、自分が最近考えてたテーマと関連することだったので思わず。

この作品で特筆すべき点は、LGBT当事者の苦労や訴えを全面的に押していくのではなく当事者以外にフォーカスしているところ。当事者の周囲を取り巻く個々の反応が生々しく、綺麗事で終わらせないところにこういったことはどこにでも起こりうるのだろうというリアリティーを感じた。現に彼女らに混じって該当生徒を探してしまう自分がいた。異性愛者にはこんなことはしないだろうにとふと思った。
終盤、マイノリティーである当人なりにこっそりと青春を謳歌する姿が流れるが、その甘酸っぱさに微笑ましくなるのと同時に、同じ恋愛なのに恋愛対象がちょっと人と違うだけで気味悪がられる風潮がまだ完全に消えていないことに寂しさを拭えなかった。

上映時間は短いながらも、各所に散りばめられた伏線が作品に効果的に作用しており大変濃密な40分だった。エンドロールを含め、余計なBGMや映像効果が入っていなかったのも好印象。ほぼアドリブだという他愛のない日常のシーンは非常に等身大で、いかにも女子高生が言いそう(やりそう)だなあと思わせる演者さんたちの演技も素晴らしかった。
先程も述べた通り、綺麗事で終わらず、作品内で全てが完結しているわけではないのではっきりと答えが欲しい方は少しモヤモヤするかもしれない。ただし一見の価値はあると個人的に思う。
不満だった点は合間に挟まれる暗転シーン。ひとつひとつが長いので若干間延び感が否めなかった。

LGBTが身近ではないもしくは抵抗のある方だけでなく、そうでない方もぜひ観ていただきたい一作。自分はLGBTに対して理解があるつもりだったが、この作品をきっかけに再考しなければならないと感じた。

彼女が赤いシュシュを身に付けられる日がまた来ますように。
渦中の人物探しが行われているとき、僕が思ったのは、笠松将くん演じる役の生徒の早とちりならいいなーということだった。でも英語の先生が再登場してアレやっちゃったもんだから、ああこれはみんなが傷つくやつやん、元には絶対に戻れなくなるやつやん、って思って、いたたまれなくなった。

だから、あのエンドロールは最高だった。人を好きになる気持ちを嫌いにならずにこの映画を終えるベストなエンディングだった。
LALA

LALAの感想・評価

4.5
沢山の人に見てほしい。

「あーいるいる、こういう人。」

答えがないし、観る人によって視点が変わると思う。

そして、エンドロールの使い方がとても好き。

とにかくたくさんの人に見てほしい。
たなか

たなかの感想・評価

4.0
素晴らしい映画。作品そのものに伝える力がある。役者さん一人一人の瑞々しさと残酷さがリアルだった。観ていく中で自分自身の瑞々しさと残酷さも目の前に突きつけられるような。何度もハッとした。

クラスのみんなが「誰か」を探しているとき、誰だろうと知らず知らずに考えている自分を突きつけられ。「誰か」が明らかになったときにああ、そうだったのか。初めから観てみたいな。と思う自分を突きつけられ。自分自身の態度の善し悪しがわからずに困惑していたのだけれど、「誰か」が誰なのか、明らかになったときにようやく線引きができたように感じる。
「誰か」に固有名詞がついた途端、そうなってようやく、その人の喜びや苦しみがひしひしと伝わってきた。「誰か」に対する興味は自分のためだけど、その人に対する興味は私とあなたの二人のためかもしれない。

それでも相手を傷つけてしまうかもしれないが、その人と向き合った結果ならば、自分も同等に傷つく覚悟があるならば、相手を知りたいと願うのは必ずしも悪ではないような気がした。
概念は便利だから、私はすぐ概念化して考えてしまうのだけど、そうでなく全てを一回性の事象として捉えたいし、全てのあなたと向き合いたいと感じた。それが出来なかった数々の過去が甦って、彼ら彼女らと共鳴して、エンドロールでは涙が止まりませんでした。素晴らしい作品をありがとうございます。
「カメラを止めるな」に負けへんチケットの取りにくさ。二週連続で暑い中新宿で並んだわ。しかし、ケイズシネマの行列映画はどれもこれも傑作やわ。この映画は説教臭ないところが逆によかったわ。特に最後のとこ鳥肌もんや。監督さんアッパレやわ。せやけど、監督さん最後のところ相当悩んだんちゃうやろか?なんかそんな感じしたわ。
ロック

ロックの感想・評価

4.0
連日満席のところ、何とか立見に滑り込めました。観れてよかった。とても素晴らしかった。
LGBTという難しいテーマも日常にしっかりと落とし込み、役者さんの自然な演技もあってわずかな上映時間でも感情移入ができたと思う。田舎の夏の空気感、心理描写の繊細さ。ただただ彼女たちには幸せになってほしい。
lp

lpの感想・評価

4.7
新宿K'sシネマの一週間限定上映にて鑑賞。

高校のあるクラスでLGBTに関する授業が行われるが、実はその授業は他のクラスでは行われていないことが分かり、生徒達は「クラスメイトにLGBTがいるのでは?」と疑念が広がる・・・という話。

まだまだ勢いが止まらない『カメラを止めるな!』のモーニングショーの整理券狙いの観客と、今作の整理券確保を狙う観客とが混在して、長蛇の列が完成した今朝の新宿K'sシネマ界隈。チケット販売開始から1時間以内に、両作品とも整理券が完売してしまう盛況ぷり。今作は1日1回上映ながら、これで3日連続でチケットが完売とのこと。そして、肝心の映画の方も、映画館の盛況ぷりに比肩する素晴らしい出来映えだった!

さて、ここでこのレビューを読んでくださってる皆さんに一言。ここから今作の絶賛評を書き連ねますが、現時点で今作に興味を持たれてる方は、今すぐこのレビューを閉じることをオススメします!

何故ならこの映画は、『カメラを止めるな!』や『デッドプール2』、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』といった映画と並び、可能な限り事前情報は抑えた方が楽しめる映画だからです。

という事で、別にネタバレするつもりって訳では無いですが、以下を読まれる方は自己責任でお願いします。

映画はミステリアスなプロットに、鮮やかな伏線回収も絡み、中盤までは娯楽作的な面白さが際立つ。「クラスの中にLGBTの生徒は本当にいるのか?いるとしたら誰なのか?それとも単なる噂なのか?」と、気が付くと観客は劇中の高校生達と同じように考えさせられている。

中盤以降はドラマの軸が、LGBTと向き合う高校生の姿を描くことにシフト。
LGBTへの無理解と若さゆえの軽率さが合わさり、何処へ向かうのか分からない高校生達の姿に、観ていてハラハラさせられる。

娯楽作としての面白さはここまでで充分に担保しつつ、クライマックスに放たれる決定打は重く、観客に問い掛ける効果はバッチリ。好意的にも否定的にも解釈可能な含みの持たせ方も良い。

40分の中編ではあるけれど、非常に充実した傑作でした。今年のベスト10候補の1本になりそう。今のところ新宿K'sシネマで一週間の限定上映しか無いけれど、ぜひこの機会に劇場へ!!!
sae

saeの感想・評価

3.5
新宿の小さい劇場で。初めて、映画のために朝から並ぶという経験をした。暑い中たくさんの人が並んでいて、こんなに映画に対して熱い人たちがたくさんいるってことを知った。


さて本編、LGBTテーマで高校を舞台に…ってことで評判を見て鑑賞。

身近にLGBTの人がいると分かった時周囲はどんな対応をしたらいいのか?という問題提起の映画とおもった。


誰なの!?と騒ぎ立てたり、分かった時に困惑してしまったり、なんて声をかけていいかわからなかったり。

その答えをはっきり描かない系作品だったけど、わたしはそういう系好きだけど笑、
そもそもLGBTにそこそこ関心があって考えてる人しか観にいかないと思うし、ここで描かれたことは想定内中の想定内では?と思った。


周囲から描く視点が私に合わなかったと言えばそれまでだけど、うん、まあそうだね。としか思えず。観終わった後に考えるきっかけになるかと言えばならない。私はね。


ただ、大切な友達からの言葉を精一杯受けとめようとするあの演技は本当に良かったな〜〜


それにしても先生たちのあまりの配慮の甘さにイラっとしたけど、こういう人達がいるんだよってことだけ伝えてあげるだけでもいいよね。


こういう映画って映像だけど演劇的要素が強くていいね〜
いちこ

いちこの感想・評価

3.8
監督の意思はわかるけど、やっぱり俺が映画に求めてるのは問題提起じゃなくて解決かな。間違っててもいいから新しい解決が欲しい。投げかけられた問題に真面目に向き合って変われる人は本当に少ない。
AS

ASの感想・評価

3.6
余白のある演出をしてみたり、説明描写が重複するところがあったり、一貫性が感じられず残念。ラストは音声だけの方が良い。

併映作品『UNIFORM』(2018年/13分)
>|