ボストン1947の作品情報・感想・評価

『ボストン1947』に投稿された感想・評価

succi

succiの感想・評価

3.7

日本統治下のオリンピックで
マラソンの金メダルを獲るも
日本人として記録されたことに
忸怩たる思いを抱いていたソン・ギジョン(ハ・ジョンウ)が
韓国の旗のもとで金メダルを獲るべく
コーチとしてボスト…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

激アツ。
🇰🇷へのこだわり帰属意識とか、首位競走とか、憧れ→金→やりたいことへのマラソンへの想いの変化とか、
Paula

Paulaの感想・評価

5.0

As Korea is still a refugee country,
stricter rules apply. We also need
a guarantor in America.

>>続きを読む
sonozy

sonozyの感想・評価

3.5

1936年のベルリンオリンピックのマラソンに日本代表選手として出場し、金メダルと銅メダルを獲得した2人は、日本の植民地統治下にあった朝鮮の孫基禎(ソン・ギジョン)と南昇竜(ナム・スンニョン)だった。…

>>続きを読む
no58

no58の感想・評価

4.8

オリンピックイヤーにふさわしい映画でした。
1947年のボストンオリンピックを舞台にした映画。

後半のマラソンシーンは思わず手に汗握り、泣けてしまった。実話ってところがすごくよい。

祖国の国旗を…

>>続きを読む

1936年ベルリン・オリンピックのマラソンで、日本の選手として金メダルをとった孫基禎(ソン・ギジョン)。韓国では英雄扱い。1946年には孫基禎記念マラソンが開かれる。コーチのナムは、1947年ボスト…

>>続きを読む
regency

regencyの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マラソンの“日本代表”として1936年のベルリン五輪メダリストとなった2人の元韓国人ランナーが、若きランナーを連れ47年のボストン五輪に“韓国代表”として出場した実話を映画化。スポーツも背景も異なる…

>>続きを読む

国としてオリンピックの出場権利もなかった韓国がマラソンで権利を勝ち取ろうとする実話。

やっぱこの手の韓国映画はどうしても泣いてしまう。国民の多くの支えがあって、乗り越えてきた国というのが非常に分か…

>>続きを読む
megさん

megさんの感想・評価

3.5

korean airで観たのだけれど、これって韓国では受けたのかなぁ、やはり感動シーンは涙がちらっとは出たし俳優たちもよいのですが、ストーリーが分かりきっている上に演出も安っぽくて高校の文化祭レベル…

>>続きを読む
m115

m115の感想・評価

4.5
大韓航空の機内エンタメで見て、大号泣してしまいました😭

実話ベースで見やすい映画でした!

あなたにおすすめの記事