ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

tommy

tommyの感想・評価

3.1
大画面で観たくなる、フランスに行きたくなる映画。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.7
大分のミニシアター巡りで、シネマ5で観ました。
原題は”Heaven Can Wait”で、「目的地のパリは待ってくれるから、のんびりと行こう」の意でしょうか。
率直に言って、ダイアン・レインさんが可愛らしくて素敵でした。
リアルタイムで、「ストリート・オブ・ファイヤー」を観た世代ですが、まだまだ輝いている女優さんだと再認識しました。
ひょんなことから仏人男性と二人、車でパリまで向かうことになった既婚米国人女性が、少しずつ仏人男性に心が傾いて行く過程を、ダイアンは上手く演じていました。
アンの旦那さん(Aボールドウィン)は、フランス人は既婚者でも口説いてくるから気をつけるようにと言いますが、アメリカ人はどうなんだと思わずツッコミをいれたくなりました。
DVDでもう一度観てみたいです映画です。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.5
誇張されてるにしてもフランス人の特徴をよく捉えた映画!アメリカからフランスに引っ越してきた自分的に、共感できるポイントがたくさん。やっぱりフランス人は癖があるけど、各自が人生を謳歌するための哲学を持ってるところが素敵だな、と再認識できた映画❤️
pier

pierの感想・評価

3.9
カンヌからパリまでのドライブ。
美味しい料理や美しい風景。
アルノー・ヴィアールという人を全然知らなかったけど、程よい格好良さと品の良さがこの役に合ってました。
邦題が良い!原題はPARIS CAN WAITでどちらも印象的なセリフから取っているんだけど、ボンジュール、アンの方が本作の軽やかな魅力が伝わるかなと。

どこに行っても彼氏あるあるは同じなんだなあ。電話して話を聞いてなかったり、身体の不調を適当に心配してくれたり、仲間と楽しそうに話して置いてけぼりにしたり。

フランス語のセリフがかなり多いのに全部訳されてなくて、観客が置いてけぼりなアンの気持ちになれるようにという工夫かなと予想してみたり‥‥
nagisa

nagisaの感想・評価

4.0
sc-1

気の利いたフレンチ・ロードムービーなのかな
ダイアン・レインのキュートなこと💯
ニヤニヤが止まらない。
宝塚シネ・ピピア 売布神社
2017.10.19
いとう

いとうの感想・評価

3.6
食べ物が美味しそう
知らない言葉が話されているときの気まずさがリアルだった
劇中の曲が好きだった
jocx

jocxの感想・評価

3.0
熟年の女性がひょんな事から夫の友達とカンヌからパリまで旅をする。フランスの観光地と料理、そして年を重ねても美しいダイアン・レイン。仕事に忙しい夫に子育てを終えた献身的な妻。ありがちなシチュエーション。フランシス・コッポラの奥様が監督、実体験なのか?これからの熟年世代に何か問いかける映画。美しいフランスを堪能できます。
2017.09.15. 横浜シネマ・ジャック&ベティ
>|