ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

りさ

りさの感想・評価

3.6
ダレるしばっちりフランス映画だから
好みが分かれるとは思うけど
最近観た中ではけっこう好みだった作品!

まさに心に気づく旅
台詞にもあるけど、絵画らしい画
Misae

Misaeの感想・評価

3.4
旅中のハプニングはハッと色々なことに気づかされる。誰かの意外な一面とか、自分の中に隠れていた気持ちとか。
ほんとは日常にもあるのに、不自由な状況でこそ見えるものがある。
駆け込みで見に行ったので、知識もなにもなかったけれども、いい気持ちにしてもらった映画。
のんびり行く気持ち良さ。
子どもではない、今の自分だから感じる気持ち。
立場とか重たいものもいっぱい持って、なお自分らしく生きることもできる。
まだまだ時間はたっぷり。

幸せな映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

あんな大人の女性になりたい!って思える映画かな(笑)


まぁ、出てくる食べ物がすごく美味しそうだし、カメラが映画の中で結構出てきてそのカメラで撮った写真が画面にいっぱい映るのがよかったです!

まぁ、あのフランス人の人と付き合うってことは浮気っていうことになるのかな…あの流れだったらくっつくだろうなって思ってたけどね(笑)
フランスの観光名所とかたくさん出てきてて見ててこっちまで旅行してる気分だった!

最後に、お金返してくれてほんと良かったよ。
はいはい、って感じ。

こういう感じにお姫様扱いしてくれるフランス人男性がいたら、結局みんなコロッといくんでしょうね!しょうもないね。

勝手にして!
お料理、ワイン、風景にロマンス。フランスを感じられる上品マダムな大人の映画。
Maria

Mariaの感想・評価

4.0
Provenceを通ってBarcelona、Lyon方面、Parisの方までRoad Tripをしたことがあるから行ったことあるところ、例えばProvenceはまだ記憶が鮮明だったから通ったことある道まで分かってすんごーくフランスのいいところが見れた!フランスに旅行行く前に見て行った後にまた見直したかったなあ。あとフランス人のgentleman感!フランス人の男の人のフランス語がsexyでおしゃれで。理解できないからこそのsexyさとかがあると思うから勉強はしたくない。終わり方もなんだかこの映画らしくてよかった!主役がダイアン・レインっていうのもよかった!20年前のマドンナ、、年を取っても美しい。
今日Parisにたまたま出発で今週末はLyonまで行ってくるから行くのとフランス人に会うのがさらに楽しみになった!!♥️
p.s.日本語タイトルのカタカナでボンジュール、アンってこの映画のいい雰囲気が壊されてるよね、、、残念、、、もっとジャケットで見たくなるような映画のはずなのに!
mako

makoの感想・評価

3.4
ザ・フレンチムービー。緩くて、美しくて、癒される。観てるとお腹空いちゃう。フランス旅行したいな〜
フランス感じれるロードムービー‼︎
とにかく、ふらんすを感じる映画です!
フランスの景色やご飯や人々!特に主人公に連れ添うおじさんが本当にフランス人の国民性を旅を表しているのだろうと感じました!あのアメリカ人が引いていましたね😅時間があってフランスを感じながら心温まりたいひと時にどうぞ!
チェケラー
ご飯美味しそうすぎる。
旅してる気分になる映画。
飛行機で見たためフランス語部分がニュアンスでしか理解できず、もっかい見たい。
>|