ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:92分
    監督
    エレノア・コッポラ
    脚本
    エレノア・コッポラ
    キャスト
    ダイアン・レイン
    アルノー・ヴィアール
    アレック・ボールドウィン
    あらすじ
    アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

    「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

    犬
    3.3
    ソックス

    子育てを終え、人生のひと区切りを迎えた女性アン
    映画プロデューサーの夫マイケルは仕事では成功を収めているが、家庭には無頓着
    ある日アンは、マイケルの仕事上のパートナー、ジャックと一緒に車でカンヌからパリへ向かうことに
    たった7時間のドライブのはずだったが、道中寄り道をし.....

    フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが80歳にして初めて長編映画の監督・脚本を手掛け、自身の体験をもとに描いたロードムービー

    映画史に残る名監督フランシス・フォード・コッポラの妻エレノアさん
    彼女の人生と重なって、いろいろ想像して面白かった
    どこまでが本当の話なのか⁉︎
    奥さんも大変そうですね〜

    ストーリーはまあまあ
    フランス中をドライブします

    キレイな景色や食事風景が印象的
    ワインもたくさん出てきた

    ラストはなんか好き

    ドライブしたいなぁ〜
    AmigoII
    3.5
    家内の付き合いで見てしまった。良い映画ですね。
    米国女性のタフネスというか、理系マインドは良いね。ファンベルトをストッキングで代用するんだもの。
    memo: 「食べ物は魂の糧」
    yakko
    4.5
    こんなにステキなロードムービーは初めてです!

    これ最高に好きです!

    コッポラ監督の奥様であるエレノア・コッポラ監督の初長編作品。80歳でこのセンス、脱帽です!


    カンヌ。
    成功した映画プロデューサーのマイケルに同行していたアン(ダイアン・レイン)。

    2人でバカンスを楽しむはずが、夫は急遽仕事でブダペストへ飛ぶことに。
    プライベートジェットで向かうつもりがアンは耳の痛みで搭乗を取り止め、マイケルのビジネスパートナーであるフランス人のジャックと車でパリに向かう。

    真っ直ぐ行けばパリまで7時間。
    しかしこのフランス男、1時間ごとにたばこで休憩、美味しいレストランがあるよ、これ見ておかなきゃと観光名所、という具合に何度も何度も回り道をしていくのだ。
    挙げ句の果てに現金がない、後で返すからって、超胡散臭い!
    あとね、いくら自由人だからって女性をエスコート中に他の女性とって、それってどうなのよ(゜ロ゜;ノ)ノ

    アンの夫は仕事人間で家庭は妻任せ。妻がいないと物の場所さえ分からない。娘は18歳になり家を出て大学生活を楽しんでいる。
    子供の手が離れた時、さぁこれからどうしようって私もなると思うんです。
    アンもまさにそんな人生の岐路を迎えているけど、そこまで意識をしているわけではない。
    でもジャックとの寄り道の中で美味しい食事やウィットに富んだ会話、ステキな建造物や景色を楽しみ、アンの幸せバイタリティーが徐々に溜まっていくのが手に取るように分かるの。

    ヒロインがダイアン・レインというのが観ている女性からしたら自分を投影しやすいんじゃないかな。今作ではダイアン・レインの魅力全開でした。

    色々な場面でフランスとアメリカを対比していて、日本もどっちと言われればアメリカ寄りだと思うから、フランス人の生きていることを楽しもう気質はうらやましくもある。
    だからフランス料理は生まれたのだろうし、いちいち何でもオシャレに見えるんだよなぁ!

    それって生きていく上でどうしても必要なことではない、プラスαの部分でそこを楽しめるって実は最高に贅沢なことだし、そういう人生でありたいと思う。

    どこをとってもロケーションが素晴らしく、疑似旅行させてもらいました。
    レストランもおしゃれで、ヨーロッパのインテリア大好きだからどこもツボだらけで~🌠

    ラストシーンはビフォア・サンセットばりに良いです!

    あっ、でも合理主義の方にはオススメしません。

    公式ホームページにロードマップが載っていたので、早速保存!いつか役立つ日が来ますように!
    健一
    1.2
    フランス人腹立つ〜。なんて自由で計画性が無いんだろう。あんなペースで旅行してたら自分は間違いなくキレる。美味しいものが食べられればそれでOK?バカヤロー‼︎
    TOSHI
    -
    エレノア・コッポラ監督と聞いて、昔、夫の作品である「地獄の黙示録」のドキュメンタリーがあったなと思ったが、何と80代にして初の長編劇映画作品だという。
    ストーリーはシンプルだ。カンヌ映画祭に来ていたが急遽、ハンガリーに行かなければいけなくなった映画プロデューサーのマイケル(アレック・ボールドウィン)。同行しようとしたが、耳の不調でプライベートジェットに乗れなくなった妻・アン(ダイアン・レイン)を、マイケルのビジネスパートナー・ジャック(アルノー・ヴィアール)が、パリのアンが宿泊する友人宅まで、車(年代物のプジョー)で送ることになる。二人の、一泊二日の寄り道の旅が描かれる。
    すっかりオバサンになったダイアン・レインの、“腐っても鯛”的な美しさ(失礼)が、映画を支配する。アンは今まで夫に尽くしてきたが、マイケルの便利屋のような扱いで、子供も親離れしており、新しい事にチャレンジしたい思いがくすぶっている(後に分かるが、友人と経営していたブティックは閉鎖した)。一方のバツイチのジャックは、いかにもフランス人で、聞き上手で女性の心を読み、絶妙な距離感を保ちながら、小さなモーションをかけてくる。
    二人が立ち寄る、サント・ヴィクトワールの山なみとラベンダー畑、プロヴァンスの古城、ガルドン川に掛かる水道橋等の景観の美しさと、美味しそうなレストランの食事とワインに、ときめく。アンがひっきりなしに趣味の写真を撮り、そのカメラで捉えられた静止画が挿入されるのが映画のアクセントになっている。   
    アンは夫を愛しており、夫からフランス男は人妻でも口説くから注意しろと言われ、ジャックに対するガードはあるものの、ジャックの歴史・街・食事等の博学と巧みな会話で、女性を楽しませようとする姿勢に、段々と距離を縮めていく。初めて長編劇映画を撮るコッポラ監督と、人生を楽しむ事を思い出していくアンの高揚感が重なり、映画から瑞々しさが溢れているのが素晴らしい。
    本作にはアメリカ人とフランス人の対比の構図があるが、目的地に行くだけでなく、その過程を楽しむのがフランス人で、マンネリ感のあったアメリカ人がフランス的な感性の影響で、人生の悦びを再発見する物語だとも言える。
    映画を発明したリュミエール兄弟の研究所が登場するのは、監督の実体験に基づく作品である故か(所長のロシア系女性とジャックは良い仲な事が示唆される)。最後に唯一、アンの希望で寄り道したヴェズレーの大聖堂で、アンは過去の心の傷を告白する。そしてパリのアパートで二人は、キスに至るが…。ラストシーンの、アンのカメラ目線に考えさせられる。

    観終わってみると、道中でジャックの車が故障する以外は、ある意味、何も起こらない映画である。夫のアドバイスで自ら監督をする事になり、改めて映画学校に通ったというコッポラ監督が、仕掛けに頼らずに、映画的な魅力に溢れた作品を作り上げた事に感嘆する。特段の出来事がなくても、テンポの良い軽妙な語り口で最後まで飽きさせなかった(モーツァルトやシャンソン等の音楽のセンスも良かった)。
    賞を取ったり、年間ベストテンに入ったりする作品ではないかも知れないが、何よりも、何かをするのに遅すぎるという事はなく、何歳でも新しい自分になれるという事を、監督自ら証明してみせた作品であるのが素晴らしく、拍手を送りたくなる。
    まりん
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    いや~フランス男ですね~
    奔放で口説き上手。上手いなぁ‥
    そんな男性と二人の旅に妻を出したことをひたすら心配し後悔する夫の、相手はフランス人だぞ!と繰り返す感覚が、偏見なのかもだけど、凄く解る。
    アメリカ人は日本人からしたらすごく自由な気がするけど、それ以上にイタリアとかフランスとかは自由で個性的。特に恋愛に関して。

    それに追い打ちをかけるようにコート・ダジュールの美しい景色や遺跡。美味し料理。魅力的過ぎる旅よ。
    誰だってしてみたいわよね。
    そして、甘い言葉をささやきながらも一応踏み込んでこないし。

    だけど、最後の最後の自分への約束・・はズルいな。
    女心をくすぐる事にかけては、フランス人には誰も敵わないんじゃないかな。
    それに惚れるかどうかは別問題ですけどね。

    自分の価値を、魅力を取り戻せる旅。
    皆込んだ旅を一度はしてみたいですよね。私はしてみたい。
    子育てから手の離れたマダムと、フランス人独身オヤジとのロマンス。食べて、飲んで、ちやほやされてのロードムービー。
    程よく現実感も漂わせつつ、センス良くまとまっていて、まるで映画のような展開も配合せれていて、マダム達をいい気分にさせてくれそう。
    程度の差はあれ、誰しも自分を抑圧して暮らしているけど、もっとときめく方へ舵を切って見てもいいんじゃない?
    監督はゴッドファーザーのコッポラ監督の奥さんで、80歳にして本作がほぼ初監督・脚本。
    新しい人生の岐路に戸惑う主人公に、80でも新しい事できるんだから余裕でしょ?と言ってるようだ。
    これはウィットに富んだ上品な佳作。
    映画プロデューサーの夫とカンヌを訪れた主人公は、仕事でブダペストに飛ぶ夫とは別に、夫の仕事仲間でちょっと怪しいフランス男と、陸路でパリを目指す。
    大陸のグランドツーリングを背景にした、女と男のロードムービー。
    歴史ある街、美味なる料理に、ワイン、芸術。
    かなり強引なフランス男の演出で、最初はただの"移動"だった旅が、いつしか忘れられない経験になってゆく。
    「パリは待ってくれる」と言う原題が絶妙。
    だんだんと輝きを増して行く、ダイアン・レインが素晴らしい。
    フランシス・コッポラの妻エレノアは、「ハート・オブ・ダークネス」をはじめ、夫の作品のメイキングなどで監督作はあるが、長編劇映画はこれが齢80にしてデビュー作なんだとか。
    この歳で、こんな艶っぽくて、フットワークの軽い作品を撮っちゃうのだからステキだ。
    しかしコッポラ一族は、業界の内幕ものが好きだな。
    まんまではないが息子を失った話も出てくれるし、これももしかしたら実体験ベースなんじゃないか。
    ダイアン・レインとアレック・ボールドウィンがコッポラ夫妻なら、アルノー・ヴィアールは誰だろうw
    紀行、ロマンス
    見せ方にこだわりを感じるカットの数々。
    ここからネタバレご注意
    彼は有名絵画のイメージで女性を誘う。問題があっても慌てない。
    ドライブは1時間おきに服を伸ばすためとタバコのために休憩。
    電話番号とか交換しないところが乙です。
    >|