ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.3
風景や描写が美しくて
女性が憧れるような素敵な要素が
つまった作品。
男性でも僕のようにダイアン・レインが
好きな男性にとってもかなり素敵な作品
だと思う。

でも、それ以外の方にとっては
もしかしたら何の感情も湧かない作品
なのでは?と思ったな。

それにしても彼女は何歳になろうと
立ち姿や何気ない仕草だけで
ハッとさせるような魅力がある。
こんな人は映画界広しと言えど
彼女だけだな…と
大ファンの僕は思うのだった。
ダイアンレイン、リトルロマンス以来!もう39年も経つのか〜。お互い年をとるはずだ…

パリ以外のフランスを堪能しました。レストランや史跡名所、絵画まで、フランス人のガイド付きです。
どのエピソードも楽しく、典型的?フランス人の生き方には学ぶところも多い。
映画としてはもっと点数高いけど、男が観た評価として。
女性が作った、女性のための映画でした。
fun

funの感想・評価

4.0
ダイアン・レインとヨーロッパの組み合わせにハズレなし。
年齢を重ねても魅力は衰えず。
大人の訳知り笑顔や言いたいことを飲みこむ所の表情なんて絶妙。
ラフスタイルもドレススタイルもサラッと飾り過ぎなくてオシャレ。

夫の知り合いとの珍道中でちょっと
信用ならんなと思いつつもついつい名所や名画、美食につられて旅を楽しんでしまう自分がいる。
ゆったりしたロードムービーだけどちょこちょことトラブルもあったりして飽きずに見ることができます。
サイドウエイとか好きな人やワイン好きな人お食事してるシーンが好きな人にオススメ。
爽やかな気分で観れる作品です。
フランスやイタリアの男の人って本当にあんな感じなのかな?サラッと花やチョコを登場させたり。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

4.5
ただただ素敵!観てるこっちまで幸せな時間を過ごせました。気持ちをリフレッシュしたい時また観よう。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.6
最高に気持ち良さそうな景色の中でドライブ
名画が度々紹介されながら
色んな知識も豊富

連れてってくれるお店も
雰囲気が良く
美しく盛り付けられた食事
美味しいワイン

自分に興味を持ってくれない忙しい旦那と比べたくなるのだろうか
共感できないけど、
とにかく美味しそうで
フランスのすてきが溢れた作品
ym

ymの感想・評価

4.4
あー素敵素敵素敵〜😭フランス人ってみんなこんな素敵なの?!ってかんじだ😭こんなの女性はみんなすきになっちゃうよ。。
フランスの優雅で優しくて、ゆったりした感じすごくすき。あと食事を本当に楽しむ感じも。
この映画は所々に挟んでくる写真がいい味出してるよね。
一番すきなシーンは、2人でホテルのレストランで食事するシーン。運ばれてくるワイン🍷料理🍗は本当どれも美味しそうだし、なんでも理由づけせずに、楽しまなきゃって素敵な言葉。
WAKO

WAKOの感想・評価

-
頭じゃなくて、心を動かせる旅がしたくなる!
しかもドライブなんて、最高!
寄り道、いいよね。って思える作品。

朝のホットチョコレートも、昼のピクニックも市場巡りに美食旅、どれも素敵やけど、私は知らない街の夜景、特にラストのパリの夜景ではなく、途中に出てくる田舎街の家々にポツポツ灯る外灯のあの雰囲気が好きということに気付く。
いつも旅先では夕方から夜にかけての風景にキュンとしていたんだな〜、と。

また私も旅に出よう。カメラを持って。
カンヌからパリへ車で帰る途中、ガイドをしてくれた夫の友人と共に人生の楽しさを見つけるロードムービー。

カメラを片手にフランスの歴史、美味しい料理に名所、旧跡、思わず立ち寄りたくなる旅行ガイドブックのような映画でした。フランス愛に溢れる映像。ダイアン・レインの円熟味を加えながらも生き生きとした表情とガイド役を勤めたアルノー・ヴィアールとの恋の行方、小粋なパリジャンらしいエスコートぶり。映画の父、リュミエール研究所に立ち寄ったシーンなど、しっかり映画鑑賞好きなツボもおさえてあります📽。フランスの観光地巡りにはおさえておきたい一作ですね🇫🇷
フランス文化にかぶれ、フランス語を学んでいるので観てみた。フランシス・フォード・コッポラの奥さんが日ごろの鬱憤をはらすべくつくった映画。パリになかなかつかない。フランス人ってみんなこうなら素敵。
>|