LIVE FOREVER リヴ・フォーエヴァーの作品情報・感想・評価

「LIVE FOREVER リヴ・フォーエヴァー」に投稿された感想・評価

DelayMan

DelayManの感想・評価

3.5
90年代イギリスのブリットポップシーンとカルチャー全盛から衰退までを当時の関係者やミュージシャンの証言を中心に紐解くドキュメンタリー

ストーンローゼズから始まりsuede、blurと続きアメリカのNirvana カートコバーンの死からoasisのデビュー、そしてpulpの登場と当時のロックシーンを中心にこれらのバンドの曲も流れまくる

oasis vs blurのメディアが作り上げた労働階級と中流階級の構図はデーモンアルバーンが困惑して語りたがらないところが辛かった

oasisがシーンの中心にいたのはノエルの当時を語るインタビューとリアムの自信にみなぎったインタビューからも伝わってきた
偉大なロックバンドの条件は?という質問にリアムが 「才能だ 才能を持つために俺たちを見習えよ わかるか?」と即答していていて裏切らない回答が最高だった

90sUKシーンの音楽はやっぱり未だに好きなものが多く、その辺りの音楽が好みの人には是非勧めたい内容だった
Yokomichi

Yokomichiの感想・評価

5.0

最も好きな時代、ブリットポップの
歴史に触れることができる。
オアシスvsブラーの対峙。
サッチャー政権、労働党ブレア内閣、
切っても切れない政治と音楽との繋がりや
マスメディアの扇動。

相変わらずのギャラガー兄弟、
デーモンの元気のなさ。

リアム途中しっかりキレています。
最高です。

労働者階級オアシスvs中流階級ブラーの
頂上対決を国民が参加している雰囲気とか
国柄や国情はあるにせよ、熱くて好き。

今は今でも良いけれど、あの時代だからこそのできたものがあるんだろう。
Ibuki

Ibukiの感想・評価

4.5
90sUKカルチャーにハマってから10年以上経つのに観てなかった。笑

DJもどきしてた時にこのサントラめっちゃ使ってたから、もっと色んなアーティスト出てくんのか思ってたら意外とコンパクトやったけど良かった🇬🇧

保守党も否定して、アメリカ大衆文化も否定して、自分がやりたいことやって勝ちまくるこの姿勢がどのカルチャーよりもロックやわ…

97年にロビーウィリアムズがとかルイーズウェナーが冷めたみたいな展開なってたけど、個人的にDefinitely Maybeの次に好きなUrban Hymns出た年でもあるから、我が師リチャードアシュクロフトがこの時代の音楽界をどう俯瞰してたかみたいなインタビューもあったら胸アツやった…

ラストがアップテンポなアイドルソングで終わるディストピア感おもろかった笑
Mark

Markの感想・評価

4.2
ブリットポップ好きは見るべき作品。

デーモンの悲壮感ったらありゃしない。ゴリラズで成功して良かったね。
オアシスは相変わらず笑
ジャービスは落ちぶれた感あるけど楽しそう。
イギリス人でもないし、当時の騒ぎを知る年代でも無いけど、空気感が分かる内容になってます。
途中リアムキレそうになっててウケます。
delo

deloの感想・評価

3.9
90年代ブリットポップムーブメントを復習する映画。なぜ当時の音楽が生まれたのか?とか、政治に利用されたのか?などを振り返る。この頃のデーモン、本当にお疲れ様ですという感じ。
昔渋谷で観た。
当時はなんも分かってなかったから、もう一回観直したい。

ただ、マッシブ・アタックがカッコよかったのは覚えてる。
XA12

XA12の感想・評価

2.9
正直、UKロックはカッコ良いと思わんから(グラスゴー出身のバンドは好きなのあるけど)、ヤングブリティッシュアーティストもっと掘り下げてほしい。ダミアンハースト以外に。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.9
90sイギリスの音楽が1番好きまである、オアシスは本当に格好いいなぁ。音楽はもちろん、2人から聞こえて来るイギリス英語全てまで。尖ってる頃のリアムの格好良さえぐい。耳ほじりながら早起きできねえ、とか去年のリアムの映画見せてやりたい。笑 ノエル愛してる。
ストーンローゼスで始まり3club7?で締めるのニクいね!下らない子どものアイドル曲で終わらすのか〜(ノエルの言葉引用)

ブラー、パルプ、スウェード、スーパーガラス、アンダーワールド、エラスティカ、あとトレンスポッティングとかレディへとか、とにかく堪らないラインナップですな。コロナなかったらイギリスカルチャー旅行したかった。
ブラーvsオアシス論争も、メディアと時代に翻弄されててインタビュー見返すと可哀想だなってなる。カートコバーンが死んで、そのあとクソほどに格好いいオアシスが出てきて、サッチャー政権からブレアに移行してくとこの、イギリスの体制変化や歴史なしにカルチャー面を語れないところも勉強になるし、90年代半ばにイギリスで成人したくらいの人たちが感じた時代の変わっていく温度や空気感みたいなものを自分も体験してみたかったなー、。シングル対決とかも釘付けになって当時者ぶりたかったし、モーニング買って歴代最高だよこれは!とか言ってみたかったわ。完全にミッドナイトインパリ状態、そんで60sは良かった、70sはクイーンもいたとか言い出すんだ。笑
ブラーも大好きなんだけど、あまりにオアシスが格好いいからもうほんと困る。

大学でトレスポ時代のイギリスカルチャーの講義とってて、オアシスvsブラーの話で盛り上がってたんだけど、自分課題でキンクスについて書いたのほんと謎。
1994年~1997年くらいの、ブリット・ポップの歴史を検証したドキュメンタリー。

今冷静に考えれば、オアシス対ブラーのシングル対決って誰かが仕組んだ
ものなんだろうけど、同時は結構楽しかった。 オアシスのシングルはセカンドの頃までB面もすごくクオリティが高くて、集めてよく聴きました。

ノエルが「セカンドよりファーストの方が出来がいい」って発言をしていて驚いた。僕はセカンドの方が好きなので。 

シェッド・セブンとかジーン、ブルートーンズも重要な一翼を担ってた気がするので、少しでも取り上げてほしかった。 マッシブ・アタックの3Dが出てきて嬉しかった。ブリットポップって、トリップホップも含まれるのか?

トリップホップは今聴いてもすごくカッコいい音出してます。というか、当時は良さがほとんどわからずにスルーしてたが、今聴くてすごさがわかりました。これはビョークも同じで、最近「ホモジェニック」を聞き直してみたら驚くほど斬新な音出してました。
考え中

考え中の感想・評価

3.6
今ではすっかりいいオッサンになった二人、
ある日パブでバッタリ会う。
デーモン「なんだよ!こっちに来て飲もうぜ」
ノエル「おぉ…」
デーモン「あの頃はカオスだったな。けど楽しかったな!」
ノエル「…」(最高にクールな奴だな…嬉)

若い時のハチャメチャを分かち合える貴重な友人になるなんて、この頃は思ってなかっただろう。
もっと掘り下げて欲しかったけど微笑ましかった。
>|

似ている作品