16ブロックの作品情報・感想・評価

「16ブロック」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
ブルース・ウィリス主演ということで派手なドンパチ映画かと思えば、予想外に地に足のついた映画でした。

悪徳警官を告発する証人を裁判所まで護送する。その16ブロックの道のりが遠い。この設定は面白いですね。老人役のブルースが実に渋く、デヴィッド・モースも渋い。独特な語り口のモス・デフの演技も非常に印象的。

残念なのは主人公の人物描写が薄いことか。彼がなぜここまで証人を守ることに執念を燃やすのかがまったくわからず(彼のバックグラウンドが全く描かれていないので)、今ひとつ感情移入できないんですね。最後に秘密が明かされても、唐突感だけがあり…。最後のハッピーエンドはとても良いので、この結末に向けてじっくりドラマを積み上げてほしかったですね。
evane

evaneの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

またこのオヤジはやってくれるね~
なんかこういう役似合ってるよね~
面白かった~
じゅん

じゅんの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった。

始まってのモーズリー見た時なんだこのアル中警官は!?って思ったけどなんやかんやでかっこよかった。

エディの喋る英語も個性的でなんか良かった。
Mashirahe

Mashiraheの感想・評価

3.5
かなり良く出来たバディもの
でもリアルタイム風の流行に乗っかったせいか時折単に見にくい画面があって辛い
渋めの演出はハマってたし、もうひとつのエンディングも良かった
tanaka

tanakaの感想・評価

3.5
流石はリチャード・ドナー、渋~いバディ物タフガイアクションに仕上がってる。
余談だけど、敵が悪徳警官って絶望感が半端無い。圧倒的不利な状況から、主人公側は身を切らなきゃ勝てないから.....。だからラストには少し不安を抱きつつ観てたんだけど.....大丈夫!安心して観れるよ。
ラストボーイスカウトが好きな人とかは超お薦め。
ちょっとダイハードに近くて面白かった気がするなあ。

ハズレの多いブルースウィリス作品の中でも隠れ佳作?
Kent

Kentの感想・評価

3.6
ブルース・ウィリスとモス・デフ。

ブルース・ウィリスに飲んだくれのダメ刑事役があまりにもハマりすぎるのはダイ・ハードでダメ人間なマクレーンを演じたせいだろうか。
対してヒップホップやってるようには見えない善人な顔のモス・デフ。ケーキ屋さんが非常に似合う。
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

1.3
酒浸りのオヤジ刑事が16ブロック先の裁判所まで証人を護送するのだが、汚職警官たちが証言を阻止するため攻撃してくる。まぁいたって普通なんだが、モス・デフさんがいい味出してる。アクションは地味め。移動距離が16ブロックなだけにスケールも小さめ。
2006年,アメリカ
監督:リチャードドナー

遊戯王

意外にも悪役がマッチするのがデビットモースなんだよなぁー

流石のリチャードドナー監督。
午後のロードショーでさらーっとやってそうな雰囲気なのに、実は良作な奴。

ブルースウィルスの珍しい味を堪能できる。
16ブロック先の目的地に囚人を護送するだけなのに、あらゆるトラブルに巻き込まれるブルース・ウィリス演じる主人公。

元祖巻き込まれ系のマクレーンをちょっと思い起こされる役回りですが、内容はさすがに「ダイ・ハード」よりはかなり落ちる。

でもアクションはそれなりで退屈することは無かったし、ドラマ性が盛り込まれていたのも意外で良いポイントでした。

名作とか傑作というレベルではないけど、それなりの良さは感じられる作品だと思います。
>|