アタラント号の作品情報・感想・評価

アタラント号1934年製作の映画)

L'ATALANTE

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

「アタラント号」に投稿された感想・評価

ムチコ

ムチコの感想・評価

4.3
アンスティチュフランセ東京にて。

モノクロの水面と光の美しさ。動きや表情がまだサイレントなので音いらなかったなーと思ったり。
とにかく猫をさわりたくなる。
Hero

Heroの感想・評価

4.7
前作『新学期 操行ゼロ』であれだけ社会に反発していたヴィゴが他人の持ち込み企画とはいえ最期に撮った題材が愛の物語ってもうそれだけで泣ける。『ニースについて』の前衛的モンタージュと『競泳選手ジャンタリス』の水中撮影をドッキングした無き妻の言い伝えのシーン、ヒロシ&キーボーもびっくり三年目の浮気ならぬ三日目の束縛のあの平行モンタージュの素晴らしさは映画史上最も美しいラブシーンと形容しても過言ではないもはやモーリスジョベールの叙情的な音楽がパヤパヤパッパッヤッパヤ♪と聞こえてくる始末、あと猫とレコードとシモンは部屋とYシャツと私に匹敵するゆるふわな化学反応、と、盛大にふざけたが、この映画は次なる目的地に向かうアタラント号の空撮ショットで幕を下ろす、そこで気付いてしまった、ヴィゴの人生ラストカットとデビュー作『ニースについて』の人生ファーストカットが同じショットだったことに、そんなロメールの映画のように見事な天才ヴィゴの映画人生の開幕と閉幕に勝手に想像を巡らせ泣いた。当時こんな完璧な作品が配給元のゴーモン社の反感を買い大幅に改編更に改題までされ客の入りも散々上映は二週間で打ち切りに、それと比例するようにヴィゴの病状は悪化しそのまま帰らぬ人に。呪われた映画作家ジャン・ヴィゴに言いたい、とても美しくとても感動し見終わったあととても幸せだったこと、『タイタニック』もカラックスも真似をしていたこと、カウリスマキもジャームッシュもオールタイムベストに選んでいること、上映後に拍手が起きたこと。とてもいい映画だった。

《ゴーモン映画〜映画誕生と共に歩んできた歴史〜》
lag

lagの感想・評価

3.9
実にフランスくさい、という当たり障りのない感動。

水の中で目を開く。どこからともなくネコ。おじさん。ヨコハマ、ル・アーブル。突然歌い出す。背中で語る。つぎはぎ。私自身のレビューはぶつ切り。
marika

marikaの感想・評価

3.8
アンティークレースのウェディングドレス、ジュリエットのウェーブヘアにべっ甲の髪留め、水中の場面、ジュールおじさんの宝物たち、すべて素敵 誰かの夢を三人称視点で見ているみたいな、おとぎ話みたいな映画だった 船の甲板の上を歩くところとかね
加賀田

加賀田の感想・評価

3.5
司会?の坂本安美さんがずっとアトランタ号と言っていました お茶目
紫色部

紫色部の感想・評価

4.0
2018.6.14 アンスティチュ・フランセ東京(須藤健太郎トークショー)

全部良いんだけど、ファーストカットからアタラント号が出航するまでの一連の繋ぎがホント冴え渡り過ぎててヤバい。下品で下品でしょうがない『真幸くあらば』の元ネタが見られたのも最高でした。『アブラハム渓谷』もそうだけど、猫は投げないでもっと優しく扱って欲しい…
大越

大越の感想・評価

3.7
これを観るために服を5つぐらい売ってメイクマネーした甲斐はあった。

リーバイスのジャケット、グラミチのパンツ、ポロのネイビーシャツ等々まとめて3千円ぽっちとめちゃくそに買い叩いたドンドンダウンオンウェンズデイ高円寺店のことは一生忘れません。
ubik

ubikの感想・評価

-
世界最高 映画のよろこび感
岸から船の上をあるく白い服の女をとり、その向こう側を別の船がすれ違うショットのポエジーがすごい。けど、物語上の意味はほとんどない。
ニコニコしながら見ちゃう映画

男が腑抜けで女は勝手にどっか行っちゃうっていうフランス映画テンプレ、の元祖なのかな、それともフランス人ってみんなこうなのか
実はコイツらはどうでも良くて、乗組員のおっさんの哀愁を感じるための映画
あと猫

VHSで観たので4Kレストア版が観たい
あらき

あらきの感想・評価

4.5
多重露光や流れるような移動撮影がすごく綺麗!カメラと被写体の距離が不躾なほど近づいたり、そうかと思えば一気に離れたりするのもおもしろい。
蓄音機に群がる子猫たちがかわいい……