ラ・ポワント・クールトの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ラ・ポワント・クールト1955年製作の映画)

La Pointe-Courte

上映日:2019年12月21日

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

あらすじ

「ラ・ポワント・クールト」に投稿された感想・評価

anpon

anponの感想・評価

3.5
漁村を舞台に、破綻を迎えそうな夫婦を描く、アニエス・ヴァルダの長編デビュー作。
夫役のフィリップ・ノワレの髪型が超絶ダサいことを除けばとても素敵。
大した会話はしないけど、画面に映る猫、魚、貝、洗濯物は雄弁に語る。
夫婦のアップショットの撮り方が印象的で、二人が同じ方向を向くと物語は終幕に進む。
なすび

なすびの感想・評価

3.0
ヴィスコンティもベルイマンも、グリフィスだって初期は港町を舞台にしがちだな〜
港町のよいところとは?
水、風、いきもの(魚、貝、ねこ)と、人が交わって生きている

フィリップノワレがヘタレ男子っぽくて(おかっぱヘアーも相まって)、こんな目線で見たことなかったけどかわいい

南仏なまり!「アンナ」の発音とかクセ強くない⁉︎
不思議なかおの人たちもたくさん出てくる


はじめてテアトル梅田に行って、まじ駅の出口から道から複雑でいみわからんすぎて超迷って10分遅れくらいでいったのに映画館いれてくれて優しかった😭
はいった瞬間、風にそよぐ通りに干された洗濯物たちがうつっていて、まるでちがう世界に迷いこんだみたいでワクワクした。久しぶりに映画館でワクワクした。(地下にある映画館好きです)

槍で突き落とし合う船上スポーツめっちゃたのしそうだった!
ろ

ろの感想・評価

5.0

路地にかかる物干しロープ。
真っ白なシーツがバタバタとはためいている。

湖畔の村、ラ・ポワント・クールトに一人の男が帰郷した。
彼は毎朝駅のホームに立った。
自分を追ってくるはずの妻を探して。

甘いんだよ、と言いたい。
映画を観ていて、こいつキライ!って腹が立つことはほとんどないんだけど、「ラ・ポワント・クールト」でフィリップ・ノワレさんが演じた男は大キライだ。

「10年ぶりに友人の顔を見て、いろいろ思い出したよ。」
「私の顔は?」
「僕の心が覚えている。」

「私は習慣であなたの側にいるのがいやなの。愛がなくちゃ。」
「君がここに居たくないのなら、去ればいい。」

「私たち別れた方がいいわ。」
「僕は君の隣でないと、生きていけないよ。」

「私のこと、熱烈に愛してる?」
「熱烈ではない。」

自分と同じぐらいの愛を求める妻と、相手を愛すより自分が愛されていることに浸りたい夫。
二人はただひたすら歩き、ひたすら対話を繰り返す。
そうしてバカンスは過ぎていく。

水上槍突き大会の観覧席。
坊やが食べているアイスクリーム。
夫がふと隣を見ると、妻がいない。
空席をじっと見つめる旦那。
しばらくして、妻は笑顔で戻ってくる。アイスクリーム二つとともに。
「どこかへ行ってしまったのかとおもったよ。」
そう言いながらアイスを受け取り、そのまま知らないお嬢ちゃんにあげてしまう。

妻の方が自分を愛していると高を括っていたのに、去られたのかもしれないと急に不安になっていじけている。
情熱的な愛じゃなくてもっと静かな、大人の関係になろうと言いながら、一番子どもなのはおまえだろうと言いたくなってしまう。

まだ幼い七人兄弟の一人が亡くなる。
水面に死んだ猫が揺られている。
湖での漁は規制され、逃げ遅れた青年が捕まり、束の間恋人とはなればなれ。

「どうせパリに戻ったら、また別れるって言い出すんだろう。」
「そんなことないと思うけど、どうかしら。」

映し出される市井の人々の営み。
強風にあおられながら、洗濯ピンチを外していく。
そういうささやかな生活の描写にさえ、悲哀を感じる。

これからは「ニュー・シネマ・パラダイス」を見る目がちょっと変わりそうだななんて思いながら(なんでよ)、結局この映画が大好きなのでした。
ヌーヴェル・ヴァーグの先駆けとなったアニエス・ヴァルダ監督の『ラ・ポワント・クールト』。

写真家ヴァルダがアラン・レネの編集協力のもと完成した一組の夫婦の別れ話と漁村の風景、スポーツ大会の様子を即興で綴る作品。「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」特集企画のひとつ。これはぜひとも観たかったので満足です。「ニュー・シネマ・パラダイス」のフィリップ・ノワレが若いです。
菫

菫の感想・評価

5.0
いまいちばん教えてほしいこと教えてくれた
フロム読み返してこれ見返して生きていったら将来の夢叶いそう
ありがとう
召使

召使の感想・評価

3.5
港町での生活経験と写真家の感性を持っての初長編、編集にはアラン・レネで、何かが起こりそうなワクワク感があった気がするしそういうものが伝わってくる。漁村の日常と男女の不毛なお喋り&お散歩リミックスによる異化効果、写真の文法から来ているような絵作り(『仮面/ペルソナ』の元ネタのような構図もあった)、NVを先駆けるかのようなオール外ロケなどの実験的な試みには都会(パリ)の上昇志向な生き方や劇的な表現へのアンチ魂も感じて良かった。初心者には良い特集だったので三本と言わずもっとやってほしい。
人それぞれ愛の形違うんやから(パリの街のような激動の恋愛もあれば、何もない田舎の港町のような何も起こらない、情や愛着を深めていくようなものもある)2人の愛を見つけるんじゃなくてそれぞれの形で愛さんかい!みたいな諦めとも大人の恋愛とも言える感じで最高だった

主演女優の顔が乾貴士に見える
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.8
写真家としても活躍していたヴァルダ。
どのシーンを切り取ってもかっこいい!
mfvlt

mfvltの感想・評価

3.5
25歳まで映画を9本か10本しか見たことがなかったヴァルダのすばらしいトラッキング
Okuraman

Okuramanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

きな臭さを抜いたアラン・レネてな感じだったが画の強度は後の作品群に勝ってるんじゃなかろうか ヴァルダ氏は男に紛れて漁船で働いたことがあるんだったかその営み自体に関心があるよう 猫はみんな痩せていた
>|