メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版1997年製作の映画)

香港製造

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1997年、中国返還目前の香港。借金取りを手伝う青年・チャウと弟分のロンは、ベリーショートが魅力的な少女・ペンと出会う。飛び降り自殺した女子学生の遺書を偶然手にしたことを機に、3人のなかで奇妙な友情が芽生え始めるが、それはまた過酷な日々の始まりでもあった。 家族を捨てて女に走った父親、両親が作った巨額の借金、容赦のないいじめ…。そして、ペンに淡い恋心を抱き始めたチャウは、病に侵されている彼女が…

1997年、中国返還目前の香港。借金取りを手伝う青年・チャウと弟分のロンは、ベリーショートが魅力的な少女・ペンと出会う。飛び降り自殺した女子学生の遺書を偶然手にしたことを機に、3人のなかで奇妙な友情が芽生え始めるが、それはまた過酷な日々の始まりでもあった。 家族を捨てて女に走った父親、両親が作った巨額の借金、容赦のないいじめ…。そして、ペンに淡い恋心を抱き始めたチャウは、病に侵されている彼女が余命わずかであることを知る。

「メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

タナカ

タナカの感想・評価

4.0
20年も前の作品なのに全然古臭さを感じない。20年後に観ても同じ感想言いそうだな。でも今だったら撮影できないシーンとか多いんだろーな。
なむら

なむらの感想・評価

2.0
この年代の香港の街並み、アパートとかに異様な憧れがある(今を知らないけど)。
沢木耕太郎はこれよりもっと前か。
sho

shoの感想・評価

3.2
中国返還前の香港における社会的に脱落した青年を主人公とした青春映画。古い高層アパートや街のすぐ上を飛ぶ飛行機や工事現場だらけの道路など当時の香港の様子(?)がよく表されていたと思う。また、劇中の音楽や無音性のシーンなどで、主人公の青年が当時の香港の社会に感じるなじめなさや無情感がよく表されていたと思う。個人的には社会的にアウトローな人を描いた作品が得意でないので、見ていて気持ちが沈んだ。印象に残る映画であった。
2018-119
すごかった。
話は暗いのに描き方が明るいというか。
主演の子の身軽さが気持ちいい。アニメのような動き。ファッションも可愛い。
ロンくん、目薬ならぬ鼻血薬みたいなのを持ってるの、写りこんじゃってたな。
JNkt

JNktの感想・評価

4.1
ゴダールとデパルマと北野映画と、って感じなんですけど、それだけじゃない凄みも確かに感じる心に残る映画でした。
このただひたすらに傷ついて青くて叫びたくて仕方がない閉塞感、日本では絶対に作ることができない映画だと思いました。少なくとも私のリアルではなかったけれど、それが彼らの差し迫った心情なんだろうと思った。サム・リーを発掘したチャン、天才では、、
割と評価高くて〜の、ギンレイ二次上映で鑑賞❕

諸々苦手な分野を認識出来ました。

156/2018
Wu

Wuの感想・評価

3.7
割と好きだなぁ、この感じ。部屋から見える乱立マンションや、墓地から見下ろすシーン、屋上のシーンなんてのもいいなぁと思う。あのサングラスと帽子が妙に似合ってるし。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
ウォン・カーウァイ作品にも通ずるようなどこを切ってもスタイリッシュで画になりすぎる返還前の香港+ワルを標榜してはいるが随所で素直で優しい素顔を見せ、でも自分ではどうにもできず小さな幸せが逃げていく青年チャウのもがきに、もうノスタルジーが止まらない。度々挟まれる「死」のイメージが、空虚に描かれた街の中で居場所を見失い「必死に生きてもその感触が得られない」彼らの運命と重なって、大して期待してはいなかったのに深く心に刻まれた。ああ、これでまた香港で行きたい場所が増えてしまった...(まだ残ってるかどうか不明だが)
果歩

果歩の感想・評価

2.5
街と人の汚さとダサさと全部ひっくるめて苦手やった。わけわからんしめちゃくちゃ。時代もあるんかもしれんけど香港行きたくないってなる。でもみんなの評価高いなー。おしえて〜〜
>|