メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版1997年製作の映画)

香港製造

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1997年、中国返還目前の香港。借金取りを手伝う青年・チャウと弟分のロンは、ベリーショートが魅力的な少女・ペンと出会う。飛び降り自殺した女子学生の遺書を偶然手にしたことを機に、3人のなかで奇妙な友情が芽生え始めるが、それはまた過酷な日々の始まりでもあった。 家族を捨てて女に走った父親、両親が作った巨額の借金、容赦のないいじめ…。そして、ペンに淡い恋心を抱き始めたチャウは、病に侵されている彼女が…

1997年、中国返還目前の香港。借金取りを手伝う青年・チャウと弟分のロンは、ベリーショートが魅力的な少女・ペンと出会う。飛び降り自殺した女子学生の遺書を偶然手にしたことを機に、3人のなかで奇妙な友情が芽生え始めるが、それはまた過酷な日々の始まりでもあった。 家族を捨てて女に走った父親、両親が作った巨額の借金、容赦のないいじめ…。そして、ペンに淡い恋心を抱き始めたチャウは、病に侵されている彼女が余命わずかであることを知る。

「メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

フルーツ・チャン監督は、こんなシブい作品を作っていたのだな、、、最高である。70年代邦画の雰囲気あるし、今後も何度も観るであろう。
notitle

notitleの感想・評価

3.9
返還前の香港の不良青年と、一つの出来事を起点とする、彼の周りで起こる不幸の連鎖。一周回ってダサい。でも、それが良い。迸るエネルギーに、行き所のない感情、変えれぬ運命。この時期、この場所でしか取れない、この感じ、狡い。愛って、残酷で尊い。
ピンときたから

アジアの汗とか、熱気とか、ゴミゴミとした街とか全部、本当に自分との結びつきが強いと感じる
自分が生まれた原風景のように感じる
だからやっぱりこういうのは好き

もともと殺し殺されみたいなんは好きじゃないから話はそんな面白いって思わなかったけど

汲々とした少年を見てると胸が痛んだ

ただ白ブリーフ腰パンがイケてるっていう世界観はちょっとムリ
ねこ

ねこの感想・評価

4.2
所々荒削りだが香港のノスタルジーを感じる。香港好きにはかなりハマる。
逐一台詞で細かく伝えなくとも描写だけでも話が進む。センス◎
集合住宅やTVを投げ落とすシーンなど撮り方が秀逸。青春のなまめかしい独特な雰囲気が上手く映し出されている。
り

りの感想・評価

-
死、友情、恋愛、青春の全部 下から見上げるショットが美しすぎる 白い血が流れる これ観たので夏の準備は完了したって感じ
aio10s

aio10sの感想・評価

4.0
世界はめまぐるしく変化している
流れについていけなければ
自分の居場所すら失う

何にでもなれるはずの世界はすぐ目の前にある。けれど、それは越えられない金網の向こう側で、そこに自分はいない。

クーリンチェ少年殺人事件のエドワード・ヤン監督が天の視点なら、こちらは地の視点。登場人物達との距離が随分近く感じる。

20年前に観たとき、香港映画にもこんな作品が出てきたかと衝撃でした。
Miyata

Miyataの感想・評価

3.0
もっと克明になぜ生きるのかなぜ死ぬのかについて描くことができた気がする。
はじめ

はじめの感想・評価

3.2
公開当時は見ていなかったが、リバイバルで鑑賞。

90年代後半特有の中二病的な倦怠感は、世代的にやはり気恥ずかしい部分があるけど、そういった一連の作品群のなかではやはり頭一つ抜けた映画なのだなと感じた。
つまりは役者の力だろう。主演の三人は、それこそ時代の空気を身体で体現してしまっていると思うし、ペンや主人公の母親なんかも、ハッキリとした諦念を貫いていてよかった。

自殺した少女が直接は登場しないところに、当時の「死」についての逆説的なリアリティが表れているように思う。
Keity

Keityの感想・評価

3.7
昔ソフトで一度観ただけで、欲望の翼同様スクリーン初鑑賞。
当時よくわからねぇ…だった頃より、分かりました、諸々。
サム・リーがめっちゃハマり役!おしゃれだし。ギラついてるのに妙に優しくて正義感が強く母親が出ていき所在不明なままで最後が…
もう一回観るべきだったかな…
ミヨシ

ミヨシの感想・評価

5.0
ヒリヒリとして、日本の「若さ故」とはまた違う空気がたまらなく好き。
>|