メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版1997年製作の映画)

香港製造

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

4.0
映画はそんなにうまくないのに泣いちゃった 97年の映画だ

安い長屋みたいなアパートの暗い廊下や通りをローラースケートで行く男の子たちが印象的、君たちはどこからきてどこにゆくのか そんなこと知らないよ 間違いなく97年のホンコン

ボスがパックリスイカを割って食べるシーンの「大陸」的な所作とこの映画に出てくる大人の所作が重なる

見晴らしの良い集団墓地、墓に登って雨を浴びながら死んだ子の名前を呼ぶ場面

以下めっちゃ個人的な感想

鈍重なクラシックとケレン味をましましにした岩井俊二(そしてCMっぽい)的な絵面で撮られる死んでいく女の子たちの儚さはうざったいしだるいんだけど、それを含めて狂おしく愛おしく、抗えなかった

冒頭🐖豚で人をぶん殴るところ最高

ロンとの関係や母と父の関係やバスで人を殺すシーンやらどうしても『ヒミズ』を思い出す、ブラウン管テレビが宙に浮いたら椎名林檎を思い出す、抗えるわけがない

ちょっと「気分はもう戦争」みたいなところもある
jumo

jumoの感想・評価

3.1
売れる前の高橋一生を彷彿とさせるチャウのあどけなさよ
ペンが出てくると途端に岩井俊二の映画っぽくなっちゃうね
しも

しもの感想・評価

3.8
デジタルリマスター版で観賞。
20年前にはじめて見た時のこと。
サム・リーはそれまでの香港スターの誰とも違っていて、新しい波が来たな、と思ったのを思い出した。
今日、再び。
こんなに切ない映画だったとは…
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.8
映画「十年」と二本立てでみたい。香港返還とは何だったのか。

あの時代の空気を見事に撮影した。喧騒という最高の劇伴。
切り落とされた腕のあからさまなゴム感少し笑った
あのショートカットの女の子は果たして可愛いのか…わからぬ
私が死んだらどうする?って聞いたらそのとき考えるよ、っていうのはよい答えだとおもうた

エンドロールが嘘みたいに短い


2019-96
horry

horryの感想・評価

5.0
97年作品のデジタルリマスター。
時代の空気を濃厚に取り込む作品。色も音も、カメラもストーリーも。

もう子どもではないけれど、大人にもなれない。自分の力で出来ることには限りがあることを飲み込むほかない子どもたち。

彼らの美しさと切なさが存分に描かれた、素晴らしい作品でした。
相当期待して見たけど裏切らない良さだった。
若さと死は表裏一体、大人の心臓の色はクソより汚い、時代の空気をそのまま封じ込めたような感触がすばらしい。
青春映画ってこういうのだよな、そんなにうまくいかないんだよな
ウル子

ウル子の感想・評価

4.0
この時代じゃないと撮れない空気ってあって、本作はその空気に満ちていたなー。映画じゃないと表現できないわねー。
tatu

tatuの感想・評価

2.6
香港のアンダーグランドな世界観。主役の方はアジアの不良感満載でいろんな映画に出演されているよう。男性ホルモン多そう。途中寝てしまったのでストーリーはあまり把握できず。
傑作だった。こういうの好き。独特な音楽と構図色味が好きなのと、どんより暗い感じ、ダサいけど一周回ってかっこいい感じがよかった。ストーリーもよかった。主人公たちの部屋にナチュラルボーンキラーズとかレオンとかマイプライベートアイダホとかのポスター貼ってあっていいなぁってなった。なぜちょいちょい寝てしまったのか…もったいない、また観たい。
>|