台北ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

『台北ストーリー』に投稿された感想・評価

RRR

RRRの感想・評価

3.6
もっともっと爽やかで瑞々しい大人の恋愛ものだと勝手に期待してた



この頃の台湾映画のピリッとした空気感が伝わってくる感じ
台北ストーリー

正直理解できないことの方が多かったけど、登場人物全員の人生の歩みが全く違うものでどれも目が離せない。あと一歩が踏み出せない、想いを断ち切れない、そんなもどかしい雰囲気が終始伝わる。
台北の街並みなどの何気ない描写もおしゃれで良い。バイクで街を走るシーンが特に印象的。

もっと時間が経って大人になってからもう一度観てみたい。

途中少しだけ出てくるアグワンという女性がめちゃくちゃ綺麗。他の作品にも出ているのかな。
全体的になんなんだこの心地良さ
室内のインテリア、明かり、光の差し込み具合が絶妙
記憶に残らない日常系映画だけど、この映画でしか感じたことのない温度があった
みお

みおの感想・評価

-
エドワードヤンに失礼すぎるが村上春樹のストーリーみたい、侯孝賢は自分の中の渡辺昇やトオル像とピッタリ合いすぎてちょっと怖い お父さんのレンゲ拾うシーンと死ぬ前にタバコ吸うシーンが好きだった
olto

oltoの感想・評価

4.8
再見。なんとも辛気臭く暗い映画。大きな窓のショットから入るタイトル、自分が落としたレンゲを気付かず他人のレンゲを使う父親。本に阻まれて立ち止まるペプシのおもちゃ。ラストのホウシャオシェンが刺された後に吸うタバコめちゃくちゃ美味かっただろうな。
藤岡

藤岡の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

映る映像がずっと美しい…
日本のcmの流れから阪急vs広島の早送り、FUJIFILMのネオン美しすぎる。これとこれを掛け合わしたら美しいだろうなとかの発想が面白い。
学校のブランコでやりとりするシーンもくらう。
台湾のノスタルジックな感じと日本の退廃的な感じ、アメリカの浮遊感ある感じやっぱ観ていて楽しい。
Yuno

Yunoの感想・評価

3.2
電子掲示のFUJIFILMがとても美しい
あのシーンだけで大体の事は理解できてしまう。
高度経済成長期の日本とアメリカの文化を色濃く影響を受け生活が豊かになる一方で、人々の心はそこまで進化できない。

その葛藤や人の持つ弱さが、当時の竹内まりやの「プラスティック・ラブ」やこの台北ストーリーから読み取れてしまう。

自分はこの時代を過ごしてないから推測と想像と脚色されたものでしか接種できないのがもどかしい。

街は煌びやかになっていくけど、寂しさと閉塞感を感じるんだよね。
それが美しい。
GOGO夕張

GOGO夕張の感想・評価

4.0
夜の街のネオン 富士フイルムの電飾をバックにした屋上のショット、バイクで台北を疾走する場面の一連のカット美しすぎる 
su

suの感想・評価

4.0
淡々としてるけど、ずっと飽きずに観てられる。バッシバシのショット満載。
2022-88
前半かったるかったけど、富士フイルム→総督府暴走から後は目が離せない。
ナスターシャ・キンスキーのジャパンライフCM
とか阪急広島の日本シリーズとか最高。
>|

あなたにおすすめの記事