欲望の翼の作品情報・感想・評価

欲望の翼1990年製作の映画)

阿飛正傅/Days of Being Wild

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(…

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(ジャッキー・チュン)と出くわし、サブはひと目で彼女に恋をする。スーはヨディのことが忘れられず夜ごと彼の部屋へと足を向け、夜間巡回中の警官タイド(アンディ・ラウ)はそんな彼女に想いを寄せる。60年代の香港を舞台に、ヨディを中心に交錯する若者たちのそれぞれの運命と恋──やがて彼らの醒めない夢は、目にもとまらぬスピードで加速する。

「欲望の翼」に投稿された感想・評価

レスリーの色気と、あの時代の香港の街。記録媒体としての映画の根本性と、それを超えた魅力。映画あってよかった。レスリー見れて幸せだよ。
ひとまずこの地で観れたことに感動。ありがたい。
ウォンカーウァイはもう手放しで好き。良いとか悪いとか言えなくて、とにかく映像、音楽、ストーリー全てが私の好みで正常な判断はできません。

本当アジア映画の湿度堪らない。
sakkie

sakkieの感想・評価

4.3
学生の頃に好きだった映画
映画館で観れて嬉しい
何が好きか聞かれたら雰囲気だと答える
はじめ

はじめの感想・評価

3.0
クリストファー・ドイルの美的で狭い画面が、登場人物たちの静かな焦燥感を映しだしているように感じた。
しかしまさか彼がホドロフスキーの撮影をやることになろうとは!当時は考えもしなかった。
skm818

skm818の感想・評価

3.8
虚無的に生きてる男の生と死みたいな話で、2人の女性とどうのこうのは出てくるが、たぶんそれはテーマではないのだろう。恋愛映画かと思ってたけど、たぶん違う。
レスリー・チャン演じる主人公がよい。こういう虚無的な(でも純情でひたむきでもあるのだと思う)主人公って久し振りに見た気がする。最近の映画って、傷ついてたけど前向きになるとかバカっぽいのが事件に巻き込まれるとか実はいい人だったりするのが多いからなあ。
この主人公がほんま良くて、場面としては泣けるところは特にないけど、心に残る。アンディ・ラウも好きなので、2人が一緒に出ているところは眼福としか言いようがなかった。マギー・チャンもカッコいい。
M

Mの感想・評価

4.0
今回が初見でしたが、漠然的に「好きだなぁ」と思わせてくれる映画
ミイコ

ミイコの感想・評価

4.0
欲しいものはそのとき手を伸ばさなきゃ
もう二度と手の届くチャンスなんて訪れない
idee

ideeの感想・評価

4.8
20代前半の頃に観たときは、あまりピンと来なくて、恋する惑星の方が好きだなあ、とか思っていたんだが。
青かったんだなあ、自分。
今なら断然こっちの方が好き。

匂い立つような映画。

ていうか、この映画をスクリーンで、しかもデジタルリマスタ版で観られるとは思わなかった!レスリー・チャンの後ろ姿がたくさん出てきたけど、美しすぎて泣けた。
あと、トニー・レオンもやばすぎ。あれだけで持っていかれる。
2人の色気が尋常じゃなかった。
nN

nNの感想・評価

4.2
基本的にずっと夜で雨が降っていた
たまに聞こえる夜の虫の鳴き声が爽やか
外出たとき3月末なのに夏日の日で桜は満開で気持ちよかった
全体的に緑っぽい色使いがブエノスアイレスぽかった

いつまで経っても自己中心的で刹那的にしか物を考えられないけど顔だけはいいヨディことレスリーチャンが主役
育てのお母さんのいじわるそうに見えて実は優しさだったというのが1番グサリときた
本当の親のことを教えなかったところ……
そしてあの有名なこの1分を忘れないってセリフはナンパに使われてたんだね…

色んな人の色んな恋の仕方?を見れた
ジャッキーチュンとアンディラウがカッコよかったな

オープニングのフィリピンの生い茂ってるジャングルや正反対の性格の2人の女の子の服装、土砂降りで水たまりに反射するライトなど好きなシーンがたくさんだった
地味な女の子の服装が好きだったけど、派手な女の子が緑でいっぱいのフィリピンに降り立ったシーンの服装がすごい良かった
白地に緑の葉っぱと真っ赤な花!

この映画では流石に銃は出てこないか〜と思ってたら終盤期待通り?期待を裏切って出てきた!
エンディングにつながるトニーレオン様の登場シーンの音楽が良かった!
ずっとトニーレオン出るよな?あれ出んかったか…と思ってたら最後にめちゃめちゃカッコよかった
そしてあのトニーとマギーチャンが花様年華で出会うってことか!?!?!??
トニーレオン必要?って思ったけどそういうことかあ!!!
Mi

Miの感想・評価

3.2
内容的にはあまり刺さらなかったのだけれど、画面越しに向こうの温度や湿度やアジア圏独特の匂いがそのまま伝わってくるような感覚
要所要所の音楽も素敵だった
自分が死ぬ間際に何を見るのか、何を見れたら幸せに死ねるのかとか考えた
>|