欲望の翼の作品情報・感想・評価

欲望の翼1990年製作の映画)

阿飛正傅/Days of Being Wild

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(…

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(ジャッキー・チュン)と出くわし、サブはひと目で彼女に恋をする。スーはヨディのことが忘れられず夜ごと彼の部屋へと足を向け、夜間巡回中の警官タイド(アンディ・ラウ)はそんな彼女に想いを寄せる。60年代の香港を舞台に、ヨディを中心に交錯する若者たちのそれぞれの運命と恋──やがて彼らの醒めない夢は、目にもとまらぬスピードで加速する。

「欲望の翼」に投稿された感想・評価

MOTO

MOTOの感想・評価

2.0
フィクションの描き方に対して完全に個人的な好みの話ですが、作品内での登場人物の関係性が、常に対等な一対一、独立した個人として一対一、外部から切り離された一対一なのが不自然でイヤでした。

現実だと良きにつけ悪しきにつけ、相手にとって自分がただのワンオブゼムだったり、望んでもいない比較や競争に晒されたりする方が自然じゃないですか。

そこの描き方が許容できなくて、異世界なろう系小説のように作り手の都合で世界がねじ曲がっている気持ち悪さを感じてしまいました。
じょり

じょりの感想・評価

3.5
①97分間ずっとイケメンイケ女度 95%
②お菓子の袋がガサガサうるさいBBAでも張國榮が銀幕に映った途端ピタッと静まる度 95%
③セリフのないラストカットが何気に好き度 75%

④どーいうわけかマナーの悪い客は最後列の大体真ん中がお約束度=100%なドイヒー鑑賞のためこの点数です。ここいつもそやねんなぁ(^_^;)
ひたすらカッコいいレスリー。目が慣れてくると「そんなことちゃんと仕事に就いてから言えよ」などとヤッカミ程度にツッコミ入れたごめん😁
ロケ地や室内のディテールが素晴らしく、雰囲気作りへ貢献度大。あと、シナリオの弱さに比べ上質で野心的なカメラ。部屋での小津ショットや宮川一夫ぽい真上からの女子移動撮り、夜道の「第三の男」的アングル他、相当盛り込んでる攻めの映画でした◎
リバイバル上映で映画館直行。。。

そう、、、うだるような暑さと湿気の中で紡がれる情事がアジアの愛だす。
時代、国境を易々と越えて届く本物の何かがありますが、自分如きが言葉で捉えられない本物がここに。。。
machisicks

machisicksの感想・評価

4.8
久々に見てやっぱりこの頃のウォンカーウァイが最高。
画も綺麗でスター揃い、匂いたつ映画。
最後のトニーレオンかっこよすぎる。

思いいれが強すぎて語れないくらい好きな映画。
京都みなみのウォン・カーウァイナイトで館長さんが「今年は欲望の翼もデジタルリマスター上映されますし」と聞いた瞬間、私のドキがむねむねしたとゆー…。
何故か過去ウォン・カーウァイ特集のときにはあんまり上映してくれない本作、シネリーブルも元町も、有休取って行きました!(シネマートごめんなさい!)

私的に非常に異様に思い入れが強く思い出の一作なので、冷静なレビューは不可能ですが、敢えて述べるなら、役者が適所適材な上に演技巧みだし選曲センスいいしカメラ色使い素晴らしいしつまるところ全員孤独だし湿度高いしいつみても古さが一切なく最高にクールでモダンだし。要するに、いつだって素晴らしい作品てことです!
長いこと観てなくても、冒頭のレスリーとマギーと時計のイメージ、レスリーが洗面台ぶっ壊すシーンだけはよく覚えとる。

マギーチャンがクソエロくて、こんな人を恋人にしたいと思った。

ちなみに、マギーチャンを初めて観たのは、ジャッキーチェンのポリスストーリー。彼女はプロジェクトA2にも出ていた。
子供の頃はジャッキー狂いだったので、20あたりでこの映画を観て、あの人がこんなにエロくなると映画とんでもねーなと思ったのだった。
sokwtkhr

sokwtkhrの感想・評価

4.4
すごく久しぶりに見直した。

それぞれの登場人物の接点と関わり方が絶妙なバランス。
なんてことないストーリーなので、普通なら飽きてしまう気がするが、美しい映像とバラバラな登場人物の不思議な魅力に見惚れながら、「どこで繋がるのかな」と考えていると、あっという間に時間が過ぎる。

ウォン・カーウァイの映画では、映像として、いつも建物や間取りなど全体が把握しにくい。

建物や人物を撮っているのではなく、その場の光や空気を捉えている。
だからこそ、美しく、想像も引き立てられると思う。

アップも引きも使うし、間仕切り越しのショットも多いけど、捉えてるものは、あくまで、その場の空気や光だと感じた。

後半の展開は、ちょっと意外で、ラストシーンは不思議である。

しかし、ずっと同じようなテンポなので、後半の展開も意外性があって悪くないしと思う。

またラストシーンは、この瞬間にも、また別の場所では、他の人のストーリーがある。という事なのか。また、トニーレオンがこの後、登場人物と出会い、物語は続いていくという事なのか。

いづれにせよ、場所と時間がテーマだと思う。

当たり前だけど、この瞬間にも、世界中ではさまざまな事が起こっている。
そして、1分間という同じ時間でも短く感じることも、とても長く感じることもある。

この映画は、何度観ても、有意義な97分を与えてくれると思う。
ナカ

ナカの感想・評価

-
2011/12/30

湿度や色が素晴らしかった。フィリピンの密林の映像が非常に印象的だった。4月16日、午後3時------誰にもそんな瞬間って、ある。
ヨディのチャラさに不思議と惹かれてしまう。香港映画初めてだったけど何かを感じた。
あ

あの感想・評価

3.8
トニーレオンの丁寧な身支度から何故だか目が離せない、だから終盤のドタバタも笑って許しちゃう。
>|