欲望の翼の作品情報・感想・評価

欲望の翼1990年製作の映画)

阿飛正傅/Days of Being Wild

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(…

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(ジャッキー・チュン)と出くわし、サブはひと目で彼女に恋をする。スーはヨディのことが忘れられず夜ごと彼の部屋へと足を向け、夜間巡回中の警官タイド(アンディ・ラウ)はそんな彼女に想いを寄せる。60年代の香港を舞台に、ヨディを中心に交錯する若者たちのそれぞれの運命と恋──やがて彼らの醒めない夢は、目にもとまらぬスピードで加速する。

「欲望の翼」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

3.7
ウォンカーウァイのこの感じな。
なんやろな、あと10回は観たい
最後のシーンはセンスの塊を感じた。

てかタイ人みんな一緒に見えて最後までほんまに違いわからんかった。あと、どう終わるんやろ思ってたら急にアクション入るんやめて欲しい笑 今までちゃんと物語作られてたのに放り出された感否めん笑

まぁでも1990年のウォンカーウァイの作品をスクリーンで観れたので幸せ。
menghua

menghuaの感想・評価

5.0
構図と照明が素敵すぎて、、、!最後のトニーレオンがかっこよすぎるーー、、、あんなキザな台詞言ってみたいー愛だなーーーーー
レスリーチャン演じるヨディの魔性の男っぷりがすごい。自分が誰の子か知らない彼の心の空虚感がひしひしと伝わってきた。

五人の男女の恋模様を描くものの、誰も心が満たされることがない。全ての登場人物に孤独のにおいがする。にもかかわらず暗すぎないのは音楽の効果が大きいと思う。配役もぴったり。
1960年代の香港。
4人の男女が織りなす群像劇。
ひとときの交わりを
情感たっぷりに描く。

蒸れた香港。漂う色気。
気怠く退廃的な台詞。
切ないラテンの音楽。
動的で量感あふれる映像。

全てが上手く重なり、
擦れた色彩はロマンティックさを増す。

時系列に沿わないストーリー。
夢のような感覚を帯びる。
モノローグは醒めた夢を
語っているだけなんじゃないかと錯覚する。

荒々しいカメラワーク、奇妙な構図、
時間や視覚のわん曲がそれらを支えていたのだと
今なら分かる。
(再見って物語に溺れないからイイね)

大きい時計を敢えて低めに飾るのは
この映画を観てから20年、ずっと続けてる。

王家衛監督。
イイ映画を撮っていたなぁと思う。
Akiramovie

Akiramovieの感想・評価

3.9
出てくるオトコ は、素敵で 女にモテるんだよね~。
オンナを 落とす技が凄くて、出てくるオンナは 皆 馬鹿で 健気で、騙されない賢い女は出てこない 女性差別的(笑)な 素敵な作品。

香港の湿気 暑そう。
出てくる女性 スタイル いいです!
中国の人、怒ると喋るとうるさい!
【シット・イズ・ビューティフル】


『嫉妬入り乱れる世界は美しい』


人間は、
『嫉妬からは逃れられない生き物』
だと痛感します。


しかし嫉妬があるからこそ、
『人は悩み』『苦しみ』『もがき』
『あがき』『自分なりの答えを見つける』
のでしょう。


『僕はこれからも嫉妬して生きたい』


『嫉妬はみっともないからこそ美しい』
fukumochi

fukumochiの感想・評価

3.9
むーっと湿った大気と人間模様、レトロな情景のなかに漂う懐かしい埃っぽさ。各々のこもった空気に閉じ込められるように、密度が濃く息苦しいほどだった。その合間に流れるラテンのリズムとダンス。素敵な対比の世界観。謎のラストシーンの、余韻がハンパなかった。
pecoo

pecooの感想・評価

3.0
薄汚れた床と壁
足音が大きく響く
汗ばんだ顔
ガラス瓶が入ったケースを乱暴に置いて、
向かい合ってうつむきながら話して、
1分間の友達、2分間の友達、そして1時間の友達になって、、

男と女が街灯の光が映ってる雨に濡れた舗道を歩いてて、そこに路面電車が通り、
次のカットでノートみたいのを開いてる男がアップになる、といった流れが美しい。

タンゴに合わせて女が踊り、振り返ってウインクする
アコーディオンと鉄琴の曲が流れる中、
幸せになれないとかって話をする男女

性急で刹那的な雰囲気

足のない鳥の話、船乗り、列車

香港って狭い所からどこか別の場所に行きたい彼らに、どしゃ降りの雨が降って、
映画館の箱の外でも雨が降ってるみたいだった。
外に出ると少し涼しくなってて夏の夜にピッタリな映画。

香港だか中国だかの人が何人か、
両手に荷物を持ったせむしのおじいちゃんも来てた。
映画館って素敵。
Aircon

Airconの感想・評価

3.7
湿度がすごい。
あんまり主人公の悲しみとかやさぐれに共感できなかった。
警官が良かった。
Kotoha

Kotohaの感想・評価

3.0
誰にも共感出来ず、話も間延びしてるように思ってしまった。自分にはハマらなかったわーと思ってたら、最後の「4月16日3時に何をしていたか覚えてるか?」のくだりで、ヨディめちゃくちゃかっこいい、、、と思ってしまった。オープニングとエンドロールのデザインがかっこいい。
>|