あいつの声の作品情報・感想・評価

「あいつの声」に投稿された感想・評価

かおり

かおりの感想・評価

3.2
こんな警察なら居ない方がマシ!
無能感半端じゃない。
時効が成立したなんて、やりきれないけど、この事件を風化させない気持ちが伝わる。
サンウ初日で、、ってのが不幸中の幸いかも、なんて思ったな。
実際の音声はゾッとする、こんな犯人が逃げ果せてるなんて許せないな。
meramera

merameraの感想・評価

3.5
未解決事件を映画化したらしい

本当に酷く、端切れが悪い
悲しすぎる
Fuu

Fuuの感想・評価

3.5
実話系。未解決事件。
どこまで脚色されてるのかは分からないが、本物の脅迫電話をラストに持ってくるあたりが韓国映画らしい。
MrBigMouth

MrBigMouthの感想・評価

3.5
ソル・ギョング出演作を漁る期間。

韓国の三大未解決事件の1つ(もう2つはカエル少年失踪殺人事件、殺人の追憶)を映画化。
1991年に起きた誘拐事件で、時効前にこの映画が封切りされたが犯人は捕まらず、事時効を迎え現在も未解決。

観終わって思ったのが、この映画が何故ここまでマイナーなんだろうということ(勿論、韓国では有名みたい)。
Filmarksの"観た"も現在353件。
日本でも公開はされてるみたいなんだけど、単館だったのかな。

終盤のソル・ギョングの芝居が"圧巻"の一言。
橘

橘の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

レンタルで観ました。韓国三大未解決事件のひとつを題材にした映画です。
事件のあらましは知っていましたが、それでも、誘拐犯が子どもの両親を1ヶ月以上振り回して、でも実は誘拐してすぐに子どもを殺害していたというのが酷いです。
そして、「殺人の追憶」も思いましたが、この映画の警察も酷い。被害者に対してその言い方は、とか、被害者の前で言い合いするとか。

こんな映画が作られる韓国、事件を風化させないという強い意志が感じられます。
ラストで実際の誘拐犯による脅迫電話の音声が流れるのが怖かったです。
今も平然と生きているんだよな。。
ラモ

ラモの感想・評価

5.0
ハンが片方それぞれ違う靴を履いてるカットが一番好きでした。辛いです。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.1
実話ベースの誘拐事件、観ているのがかなり辛かった。こういう事をする人って どんな気持ちで暮らしているのか…。危ない人って 意外と近くにいる。
ニニ

ニニの感想・評価

3.0
韓国在住時、現地の映画館にて鑑賞。
実話ベースなので仕方ないですが、わかってはいてもあまりにも救いのない結末が重くのし掛かり、もう1回観ることはできない作品。
KAORInn

KAORInnの感想・評価

3.8
親ならきっとこうなるし、余りに有り得る行動過ぎてなんとも…。後味良くないよね。作品としてではなく、実話ネタだからだろう。
「奥さんが悪い!」とか、何とか言いたくなるが、結末を知ればそもそもどうしようも無かったのであろう。
とにかく、良くも悪くも韓国映画らしさが全面に出ていると思います。
オススメです。

ところで、これの続編?的なのなかったですかね?犯人側の視点の映画。
虚栄と欺瞞と怠惰が剥がされ、その象徴が神に許しを乞う姿を描く。
とはいえラストはあまりにも痛ましい。
>|