ライラの冒険 黄金の羅針盤の作品情報・感想・評価・動画配信

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」に投稿された感想・評価

ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

2.5
退屈過ぎて退屈過ぎて、眠すぎて眠すぎて、もう苦痛でしかなかった。
でも映像が、現代のものにも劣らないリアルさだった。
設定はワクワクしたし、ストーリーも壮大で期待してたのに…
テンポ早いわ、最後微妙だわ、打ち切られるわ、、、本当にガッカリした。
ぽいど

ぽいどの感想・評価

2.2
映像と豪華キャストにだけ力を入れた、見てくれ重視な映画。
物語が壮大すぎてかなり置いてけぼりを喰らう。

白クマがカッコいいだけ。
話の展開が速い!
これは予想以上で戸惑いました。

話の節目を語ったらはい!次のシーン。
足りない部分は脳内補完して下さいって事でしょうか。
三部作なんだから、のんびりいこうよ。えっ?今作で打ち切りなの!?

更に原作未読の私は、想像力を働かせることも出来ず仕舞い・・・

CGで作られている動物の動きや、本作の世界の美しさ等、見所もあるのですが、今や標準と言えるレベル。

ラストもしまりが悪い印象。え?終わっちゃった。って感じです。
やはりそこは、続編物の第1作目であっても、1つの作品としてピシッと締めていただきたい。

あー。だから打ち切りなのか・・・
惜しい
もったいない映画
キャストも豪華で、そこはかとなく「面白そう」「面白くなりそう」という期待値を上げさせるオーラがある
なのに…
原作未読だけど、原作を消化しきれていないのであろうことがヒシヒシと感じられる
ただ、ニコールの美しさ、イオレク(シロクマくん)の好もしさは素晴らしい
イオレクとか、ナルニアのアスランとか大好物なんです
なっつ

なっつの感想・評価

3.2
小さい頃にみて、わけわからんくて、
最近またみたけど、小さい頃にわかるはずもないってわかった。
話の要素多すぎだと思う。
ニコール・キッドマン出演作をリレー鑑賞するための一本め。
ニコールの美しさを堪能するために観た。
金色と毛皮が似合うよね…。ほんと。美しい。

本作については全く前知識がなく、
公開当時、プロモーションを見かけた覚えがあるなあ程度。
原作も知らなかった。
娯楽作としてまあそこそこ楽しめたかなという感想。

原作ファンは気にならないのかもしれないが、展開が少し唐突に感じるかも。

映像化するにあたり、
原作の物語の全てを時間内で網羅することはできないから、
選ばれた絵になるシーンが、
飛び飛びに繋がってる感じなんだろうなあという印象を受けた。

ナルニアしかり、
冒険ファンタジー小説の映像化では
しょうがないんだろうなと思った。

主人公役の女の子がかわいい。
登場するキャラたちも
いい意味で「いそう!」「いかにも!」な造形。目に楽しい。
飛行船のおじいさんとか。魔女とか。

とにかくニコール・キッドマンが本作でも美しい。
エヴァ・グリーンも出ていて眼福でございました。
R

Rの感想・評価

-
コールター夫人のダイモンの猿の怖さがニコールの美しさを上回っちゃって…やっと見終わった…
完結できなかったのがとっても残念ですね
ニコールはこういう役がとってもお似合いですわあ美しすぎて画面割れる可愛い大好き
eriiko

eriikoの感想・評価

3.0
原作好きだったなー!原作を知ってる作品で映像の方が良かった試しがない。でも最近ドラマになったみたいなので、そちらも観てみようかなとは思う。
LEO

LEOの感想・評価

2.8
「ロード・オブ・ザ・リング」を手がけたニューラインシネマが製作したファンタジー・アドベンチャーなので、ファンタジー好きとしては大いに期待していたが感想としては大いに残念…。
たくさんの人物が登場し、思わせぶりな会話をしながら回収されずに終わっていく。
元々の壮大なストーリーを短い時間に詰め込みすぎるから、人物の心情の変化などは二の次になっているなど、駄作の典型的な作りですね。
確か「DUNE/砂の惑星」や「ネバー・エンディングストーリー」も同じ状態に陥ってたような…😓
原作が児童文学で児童文学はそういうもんじゃないかと言われれば、まあ原作通りなのかもしれないが、逆を言えば児童文学を面白くしながら完全映画化するのがいかに難しいかと言うことかも知れない。
やっぱり「ロード・オブ・ザ・リング」は凄いんだな。
>|