劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を越えた遭遇(であい)の作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を越えた遭遇(であい)2001年製作の映画)

製作国:

上映時間:70分

3.3

「劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を越えた遭遇(であい)」に投稿された感想・評価

水野

水野の感想・評価

-
再鑑賞 大晦日と言えばポケモン
家族揃ってポケモンオタクです(笑)

オーキド博士の過去に触れられる
時を超えた友情物語

歴代ポケモン映画TOP3に入る神作
大の大人が揃いも揃って真剣に観てました
小学生のときに観たので記憶がほぼ無いけど、トラウマ映画だったのは覚えている
セレビィの能力っていろんな映画ポケの中でもかなり突出しててワクワクするよね
コジ

コジの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

自然の大切さを教えてくれた。
セレビィがゲッソリして干からびたとこは子供の頃かなり衝撃だった…
umi

umiの感想・評価

3.4
セレビィが操られたり、しおしおになるシーンが本当に可哀想で悲しくなる
くま

くまの感想・評価

3.7
こども向けの映画にしてはだいぶヘビーな内容。色々考えさせられる。
人生で初めてみたポケモンの映画!
17年ぶりの鑑賞です(笑)
こんな大人ぽいテーマだったとは。
自然を壊していけない。動物を大切にしないといけない。人間の犯した罪をポケモンを通して学ぶことが出来ます。
エンディングが素敵。こういうことだったのかと大人になってから理解しました(笑)
ムサシが引っかかってるのに、普通にスルーしてるサトシたちがツボ(笑)
スイクン欲しい〜

セレビィとスイクンがすき( ' ' )💓
セレビィがしおしおなるとこかなしくなった
天佑

天佑の感想・評価

3.8
小さい時セレビィ弱ってるところみるの本当に辛かった(笑)
スイクン、バンギラスがとにかく好きだった
ポケットモンスター版もののけ姫といった感じの作品(もののけ姫のメッセージ性を子供向けにわかりやすくやったのが今作)

今作はポケモン映画の定型になっているポケモンを悪事に利用する悪役が本格的に登場する(ジラルダンは悪役的立ち位置ではあるけど悪役とはちょっと違うかなと…)のが特徴的でありそれが人間のエゴが森を壊すということをシンプルに伝える存在として機能している。

また今作はユキナリというセレビィの力で40年前からタイムスリップした謎の少年(すっとぼけ)とサトシとの友情の物語でもある。セレビィを助けたいという思いを共有して友情を育む展開はやはりサトシという主人公だからこそ説得力のある展開となっている。

セレビィが闇堕ちして暴走して、サトシ達がセレビィを説得して洗脳が解かれるも、枯れ果て死にかけたセレビィを助ける流れは少々強引に思える(セレビィってそういう奴だしみたいな感じの)が、ポケモン映画ではこれでいいのかもしれない。

今作は4作目にしてポケモン映画の文法をほぼ抑えた作品という意味でも今後ポケモン映画の叩き台的作品な印象を受ける。
>|