こころの湯の作品情報・感想・評価

『こころの湯』に投稿された感想・評価

のんchan

のんchanの感想・評価

3.8

先日観た『グォさんの仮装大賞』が良かったので、チャン・ヤン監督の初期作品、優しい眼差しで制作されたこちらを❣️


北京の下町で銭湯♨️を長年経営している父。障害のある次男と共に常連さんに精一杯寛い…

>>続きを読む
07

07の感想・評価

3.7
なんかすごく良い!
ああいう銭湯って良いよね。癖アリな人多いけど温かい。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0

公開当時に劇場で。
本作に出てくるような胡同の銭湯はもうないのだろうな。
北京オリンピックの後に北京に行ったのだけど、こんなにドラスティックに再開発しちゃうのはいかにも中国だなあと思った。チャン・ヤ…

>>続きを読む

とっても温かい人情もので、銭湯に癒される人々がとてもいい!北京にも銭湯文化があるんだ
所々で中国のいろいろな民族のお風呂エピソードが入ってくるんだけどそれもいい
そしてこの清水池という古い銭湯がとっ…

>>続きを読む
中国映画と言えば、監督の社会的批判の眼が入るのは常ながら、これにはそれがナッシング。
肩ひじ張らずに見れる、ほんわか作品だった。
kst

kstの感想・評価

3.9

銭湯を営む父親と障害のある次男。長男が久しぶりに帰って来る。
銭湯の光景、集う人々。変わりつつある街並み。
一人一人の思いを丁寧に描いた作品。
障害のある弟を持つ長男のそれまでの人生、これからの人生…

>>続きを読む

備忘録

小さい頃、日本から遠く離れた国に住んでいて、その国にはお風呂の文化がなかった。

だからお母さんからいつも日本のお風呂の話を聞いて、ガキの頃は銭湯とか温泉とかに凄く謎の憧れ抱いてた。笑笑

>>続きを読む
TAKA

TAKAの感想・評価

3.4
やっぱ下町には義理と人情みたいなものは世界共通にあるんだな。
銭湯でつながる人との絆。お父さんがいい人だからなのだろうね。
yoko45

yoko45の感想・評価

4.4

 北京下町、銭湯「清水池」を営む父は毎日なじみ客とのふれあいを大切にし、知的障害のある次男はそんな父を手伝い、営業終了後に父と街を走るのが日課。ある日、都会で暮らす長男が帰郷。父と子、兄弟、銭湯を憩…

>>続きを読む
ポンタ

ポンタの感想・評価

3.2
世界共通に心がほんわかする、とくに日本人には、沁みて、優しい。思わず、近所の銭湯を応援したくなる、昭和的な良さのある作品。
>|

あなたにおすすめの記事