ひいくんのあるく町の作品情報・感想・評価

ひいくんのあるく町2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:47分

3.9

あらすじ

監督

「ひいくんのあるく町」に投稿された感想・評価

mayu

mayuの感想・評価

4.5
私の故郷です。
ひいくんは多分誰もが知ってる、町の人。私が小学生の時からひいくんは町をうろうろしてて「何してんの?」って話しかけたり。そんなのが当たり前の小さな町。変わっていく地元と...自分が育った大好きな町だからこそ、観る価値のある映画だった。懐かしさや暖かさ。この町で生まれ育って誇りに思った。映画にしてくれてありがとう。
あみか

あみかの感想・評価

3.5
高齢社会になり、シャッター街が増え、今の日本が衰退していってること、ひいくんを通して考えさせられることがたくさんあった
自分の育った町で生きるって大事。
どんな人であろうとも、町の中で助け合って生きていきたい、
milagros

milagrosの感想・評価

4.0
故郷を離れた監督が消えつつある街を懐古する。監督はひいくんを見つけて、彼に嫉妬したのかもしれないと思った。だからひいくんは監督の架空の分身として、天使みたいに町をまわる。
水口屋で泣いちゃうとこ凄い感動した。生産性じゃない存在価値。監督のアフタートークが良かった。
ひいくん美しいな
地方の似たような規模の町出身で、地元のこういう温かい記憶みたいなものは個人的にはあまり無いのだけど、どうしてか懐かしさを覚えてじんとしてしまう
優れたドキュメンタリー映画を観る会にて
青柳監督の卒業制作作品だったそうだが、本当に良い作品だった。ひいくんを見守る街の人々の温かさにジーンときた。
山梨の市川大門で昔から地域住民に愛されている謎の人物「ひいくん」のドキュメンタリー(大学の卒業制作らしい。すごい)。
ぼくも同県出身で本作の舞台の近くの町にも数年住んだことがあるので、風景や方言が懐かしかった。
マンションの隣室の住人の素性もわからず、殺伐とした満員電車に揺られ、ベランダに干した洗濯物の洗剤の芳香にさえクレームが出るような東京砂漠で日々、精神を摩耗している身には、本当にハッとさせられるところが多かった。
親の代から顔見知りのコミュニティだからこそ可能な「やさしい世界」なのだが、その一方で閉塞感や停滞感に支配される「こわい世界」であることも知ってる(空族の『国道20号線』『サウダージ』)。
上映後に青柳監督と空族の相澤虎之助とのトークがあった。
青柳監督が水口屋というSONY商品を扱う電器店の話につづけて「まあ、言ってみればひいくんも『ウォークマン』なんですけどね」。うまい!座布団一枚!
しばふ

しばふの感想・評価

4.0
歩くことは生きること。
故郷を離れて気づきにくくなってたこと、目を背けていたことを実感させられた。
人が老いれば街も老いる。現状が維持していくことはないんだと。
Osamu

Osamuの感想・評価

3.9
優しすぎて涙が出た。

山梨の田舎町を歩き廻るひいくんの話。47分間のドキュメンタリー。

商店街のシャッターが閉まる、ちょっと寂しい町。「ひいくん」こと、秀彦さんは町のいろんな所に現れて町の人と話をしたり、ちょっとした手伝いをしたり。

出てくる人たちが優しいんだよなあ。障がいを持つひいくんを特別扱いしない。そこにいて当たり前の存在になっている。何か分からないけれど涙が出て来た。

舞台挨拶で監督が「ツマラナイと思っていた故郷の町がひいくんの目で見たらおもしろい町に見えた」と言っていたけれど、そういうことなんだな。

同じものでも見方(心の置き所)によって全く違うものになる。それを体感できる映画。なかなかスゴイかも。