童年往事 時の流れの作品情報・感想・評価

童年往事 時の流れ1985年製作の映画)

童年往事

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『童年往事 時の流れ』に投稿された感想・評価

rin

rinの感想・評価

-

(別媒体から感想を転記)

2023/05/06
台湾の生活文化への興味がある人にとっては至福の時間だが、そうでない人にとっては少し我慢が必要かもしれない。今までの作品ではカメラは外に出たがっていた…

>>続きを読む
シネマQ

シネマQの感想・評価

5.0

人生の時間が豊かに刻まれていて本当に美しい。
祖母と歩いた故郷への道と語られるナレーションで、1時間ほど前に見ただけのあの光景が郷愁とともに思い出されて胸が締め付けられる。お手玉をして遊ぶタン・ユー…

>>続きを読む
miku

mikuの感想・評価

-

風がこちらにも吹いてくるみたいな時間だったし、雨にぐしゃぐしゃにされたみたいな時間でもあった。人が死んだあとも流れ続ける時間。悲しみに叫ぶように泣くのはわたしとは感覚が違うみたい。初めて肉親が死んで…

>>続きを読む
ゆう

ゆうの感想・評価

4.3

前回20歳頃見たきりで、当時では感じられなかった事が感じられる。
監督自身の自伝というか住んでいた場所でおきた出来事も重ねているという事でまんまなのか
身近な人の死に接するというのが大人になるという…

>>続きを読む
タイトルでほんわかノスタルジー系かと思ってたら、めちゃカッケェ系映画だった。侯孝賢の映画で一番エドワード・ヤンに近い気がする。姉が傘さしながらお風呂のお湯を入れるショットに震えた。
8Niagara8

8Niagara8の感想・評価

3.9

生きることと死ぬこと。表裏一体であり、かけ離れているようでもあり。
長い人生の一部を切り取るが、それ故か刹那的にも思えるが、はたまた永遠も感じさせる。
後の人生が短い者と長い者が同じ空間に居合わせる…

>>続きを読む

Time to dieの人たち
アハの両親、手紙に血や涙

Time to liveの人たち
アハ
規定体重に行かないガリガリの兄
芸術志向らしい牛乳好きの弟

どちらの時間にもいない認知症の祖母は…

>>続きを読む

ホウシャオシェン作品を観てると、台湾は雨が多いんだなとつくづく思う。田舎の暮らしをゆっくりと綴るのが特徴的だが、その朴訥な作家性はもしかしたら親父譲りなのかも。

父が亡くなり、慟哭する母から背を向…

>>続きを読む
kkmuu

kkmuuの感想・評価

5.0
家族が暮らす家屋と学校、そして質素な田舎の街並みからカメラは一歩も出ないまま、主人公や家族のうつろいが淡々だがじんわりと迫ってくる。時折降る雨のシーンがとても良い。

小中学生時代の夏休みを思い出すような雰囲気がずっと続くが、時折訪れる別れ。小津っぽくて良い映画なんだけどあまり乗れず、ところどころ眠かった。またいつか、おっさんになったら観るとしよう。

シネマヴェ…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事