劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴの作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

アニメ版をみた。
繰り返し人が死ぬのを見るのは辛いよな。
何度タイムリープしても剛が脱いでしまうを思い出した。
観たのはシュタインズゲートゼロ前。

久しぶりに再鑑賞。
よく出来てる。
シュタゲはほんとスゴい。
アノニマスコードに期待!
en

enの感想・評価

3.8
アニメがあまりにも完成されているゆえに、ボーナストラック的な感覚で観る。アニメの前日譚でもあり、後日談にもなり得る仕掛けが面白い。
眼鏡

眼鏡の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無印から連続で視聴
トゥルーエンドにプラスした蛇足感はあれど
ファーストキスのくだりなど 伏線回収もあり満足です🙆‍♀️
アニメシリーズちょーおもれー!の流れで見たら正直微妙、最後どうなったん?まあ、おかりん少年かわいかったから許す
ダルは相変わらずおもろくて好き
練辛子

練辛子の感想・評価

3.9
シュタインズゲート無印から1年後のお話。
ラボメンの繋がりを重点的に描いていて、キャラに思い入れの深い人には結構アツい作品だと思います。無印後半の最大瞬間風速レベルの勢いはないですが、思わず目頭が熱くなるところも多々。
クリスティーナ推しの人は多分悶えます。
自分もクリスティーナ推しなのでずっと「ウッ…ウェァァア……」と唸ってました。

※このレビューは機関に勘付かれぬよう一部ブラフを混ぜております

エル・プサイ・コンガリィ。

このレビューはネタバレを含みます

TVアニメ版を見ている前提なのでまずそこで限られてくる
23話も先が読めたし(EDにゲーム版の主題歌であるスカイクラッドの観測者が流れたのはよかった)そこまで大絶賛する程の熱量はちょっと理解できない
視聴回数:2回目
最近ずっとシュタゲを見返したいと思ってたんだけど無印+続編を観る時間は流石に取れないので名シーンを掻い摘んでから映画を観て溜飲を下げることにした。
個人的には(ヒロイン的な意味で)牧瀬紅莉栖がこの世の全てのキャラクターの中で最も完璧に近い設定だと思ってる。

無印EPのファーストキスのくだりの伏線回収いいとこ突いてて好き。
ただ「過去を変えずに結果を変えろ」は遂行できていないのに未来が改変されたのは何故か。同じ世界線にいるなら岡部を救えずそのままタイムマシンを開発する牧瀬紅莉栖になるはずでは?
ttrr

ttrrの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

負荷によって岡部が世界線を漂っている、という問題がいまいちピンとこないのが大きい。
そんな状態だったので、「強烈な解放で負荷から解放」って言われても、半信半疑だった。
岡部が消えた世界線の状況の描写や、少年の岡部との接触は面白かった。

しかし、鈴羽はなぜ岡部の状態を知っていたんだろう。
岡部のいない未来から来たはずなのに。
あー

あーの感想・評価

3.9
うわーよく脚本練られてんなぁ。
ちょっとぽよ?とするトコもあったがw
観終わった後、副題に頷く。

アニメシリーズの続きなので、
観てないとさっぱりわからん。
それこそマッドサイエンティスト
"鳳凰院凶真"と同じく混乱でせぅ。

ざっくり今で言うとこの
マルチバースですわ。

アニメは、現実で起きた事を避ける為に
過去へメールを送れる機械を発明。
Dメールにより、過去を変えれば
変えるほど自分が求める理想の世界に
たどり着けない現実が迫る。
アニメで迎えた結末のその後。

マルチバースによる弊害というか。
ストレンジ先生も観終わった後なので、
なるほどなぁ〜と。

ファンタジーSF物語ではなく、
現実と非現実の境界の引き方が
現実寄りに感じられるトコロ良き。
観終わった後は、
その、ほれ、アレ、それ!!と
アホ語で説明してしまうが、
観てる時は"なるほど"とコックリさん発動。

鳳凰院凶真が消えた世界。

アニメほど次々に何かが起こる訳
ではないが、やはり感動してしまったよ!
ラスト20分からがとても良い。

デジャブを感じたらー。

現実に生きる自分も
違う世界線に他の自分がいる。
と思うとなんだかワクワクしてしまった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品