プレデターズの作品情報・感想・評価

プレデターズ2010年製作の映画)

PREDATORS

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.1

「プレデターズ」に投稿された感想・評価

ここまで来たらこれ以上の「プレデター」は無いのではないだろうか?

味方を複数人用意して、一人一人に魅力的な個性を醸し出すロバートロドリゲスの良さが存分に出ている。
加えて一作目のオマージュを取り入れ、昔からのファンにも嬉しい展開がある。

賛否両論なのは、この作品が発表された2010年にはかなりの数の人がこの手のアクション映画を見慣れて来てしまっていることだろう。
この時には新しさが無い。

最近では昔ながらのアクション映画が1周回って流行している故、「AVP」が成功し、「AVP2」が大コケしたので、立て直すために作りざるを得なかった哀しい作品。

思えばプレデターシリーズの醍醐味であるプレデターとの一対一の戦いを「AVP2」から壊さなくてはならなくなったのだが、日本人のヤクザの活躍でその伝統がしっかり描かれていた。
素晴らしい。

エイドリアンブロディは「戦場のピアニスト」や「キングコング」での印象が強いので演技の幅の広さに驚いた。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

そんなに嫌いじゃない。むしろ好き。

キャンプ地でのビジュアルは最高!
あそこのジオラマを作りたいくらい。笑

登場人物達のバカっぷりと容赦なく置いていく様がとっても糞すぎて逆に好き。豪華だしね。
ヤクザの一騎打ちシーンなんて最高です。
ただ、トレホをすぐ殺したのは絶対許せぬ。
あと最後あいつが船乗って爆死した方が絶対面白いのに!死ねよ!(鬼発言)


スーパープレデター軍団に関しては0点。
傭兵のロイスが目を覚ますとどこかの上空を落下していた。地面の直前でパラシュートが開き着陸するが、そこは得体の知れないジャングルであった。その後、軍人やマフィアなど「殺人」のプロフェッショナルであるという共通点を持った人間が同じように落下してきた。彼らはジャングルを脱出するため行動するが…


「ザ・プレデター」に向けて復習③

1作目、2作目と比べると明らかに劣ってしまう「プレデターズ」
まぁプレデター好きなので、プレデターとの対決シーンはワクワクしてしまうし、良い所が無い訳ではないんです。
でも、やはり微妙な作品です…。


主人公のロイスは傭兵。
一匹狼タイプらしいですがリーダーの素質があり、ヒロインのことを助けたりする一面もあったりします。
演じたのはエイドリアン・ブロディ。
アクション俳優イメージが無いものの、ワイルドなロイスを見事に演じていたと思います。

ヒロインの女性スナイパーのイザベル。
唯一の女性キャラですが男性陣に混じってプレデター相手に戦います。
美人だし、タンクトップ姿も見せてくれます。
変に恋愛要素を入れなかったのは大正解。
「プレデター」に恋愛要素はいらない。

日本人代表でヤクザのハンゾーもなかなか良いキャラでした。
しかも、大きな見せ場も用意されてます!

その他ローレンス・フィッシュバーン、ダニー・トレホなども出演してますが、この辺りは無駄遣い感半端ない…。


そして、プレデター。
今作では3体、いや4体のプレデターが出てきます。
・トラッカー・プレデター
プレデター犬を引き連れているプレデター。マスクにはかつての愛犬の角が付いてます。
・ファルコナー・プレデター
左肩にタカ型ドローンが付いたプレデター。このドローンはカッコ良かったのに、ただ飛んでるだけで上手く活用できてなかった気がします…。
・バーサーカー・プレデター
マスクの顎の部分に骨が付いている、ラスボス的な存在のプレデター。素顔がプレデターの中でもかなりの悪役顔。

そして、もう1体は3体のプレデターに生け捕りにされている1、2作目タイプのプレデター。

さらに、今作ではプレデター犬も出てきます。この犬もなかなか醜い顔してます。


今作の設定や冒頭はかなり良いんです。

いきなり主人公のロイスが空から落下してる所から始まるオープニングからのタイトル!
掴みは完璧でした。

傭兵や軍人、凶悪犯、マフィア、ヤクザなど選ばれた者達がプレデター相手に戦う、という設定も良い。面白くなりそうと感じます。


監督のセンスなのか、登場人物たちが使用する銃器類がカッコいい!
個人的に好きなのがロイスの使うフルオートショットガン!今作の1番良い所かも(笑)
でも、そのぐらい好き!もっと使用シーンが見たかった。

イザベルのライフルもカッコ良かった。
ヤクザには日本刀を使わせてます。


そして、1作目のオマージュが満載!
ジャングル、罠、川に飛び込み、ガトリングガン、などなど。
プレデターの武器も1作目同様ショルダー・プラズマキャノンとリスト・ブレードが中心。槍みたいなのも使ってましたが1シーンだけでした。
そして、1作目の出来事を話すシーンまであります。


序盤はキャラ紹介をしながらのジャングル散歩(笑)
罠やプレデター犬は出るものの、なかなかプレデターに辿り着きません…。

中盤にようやくプレデターに遭遇!
この初遭遇のアクションシーンはなかなかワクワクします。
ただ、この後ローレンス・フィッシュバーンが出てきて、プレデターまた消えちゃいます…。

色々あった後から本格的にプレデターが襲ってくるので、この辺りからようやくエンジンがかかってきます。

正直、今作のストーリーのテンポ悪いんですよね…。


そして、今作の1番残念な部分はプレデター達が弱い所です…。
題名が「プレデターズ」なので複数のプレデターが出てくるのが今作の見所なのは分かりますが、3体(正確には4体)のプレデターを倒さなければいけないため、1体1体があっさりとやられていく。
それを見ると、プレデターはこんなに弱くないだろう…とどうしても思ってしまうんですよね…。
これなら、設定はそのままで襲ってくるプレデターは1体にした方が面白くなったような気がします。


終盤は主人公とプレデターの一騎打ちにしてくれたのは良かった!
ただ、このアクションシーンも短くて、あっさり終わってしまった感が強い…。
ここはプレデター頑張ってよ!(笑)
あとプレデターが自分からマスク取って素顔見せるは、ここでしょ!

まぁ、でもエイドリアン・ブロディがそれなりに鍛えた肉体に、それなりに泥を塗って対決シーンを演じた点は良かった。
しかも、斧1本でプレデターに挑む辺りも凄いな(笑)


ロバート・ロドリゲスが製作だったみたいですが、監督になってたらどうなったんだろう?と考えちゃいました。
ライ

ライの感想・評価

3.4
地球人が拉致され、
見知らぬ惑星へ。
その惑星はプレデターが人間狩りする星。
プレデターのシリーズの名のもとに、別世界の話し。
人間狩りに生き延びた男もいたが、
ちょっと疑問が多くあって、イマイチ受入らななかったなぁ~(^_^;)
何回も見てるのにレビューしてなかった!

これは評価悪い割りに結構私は好きなんですよー!

なんか面白い。そう、何が面白いのかよくわからないけど"なんか"面白く感じる!笑
やっぱりプレデターの設定がいいんじゃないかな〜
人間が狩られるってゆう。
結局プレデターが好きだから面白く感じるんだろうな!

ヤクザの人が一番すき笑
り

りの感想・評価

5.0
Yakuza, Japanese mafia....がちょっと面白かった
スペツナズなどと同列に語られても…特殊部隊とちゃうんやぞ!
でもかっこいい~笑

突っ込みどころはあるけど面白いは面白い
熱感知のやつ?が解像度上がっててウケた
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.5
うーん、解せない・・・。対人間と対プレデターの両方に均整取れない何かがあり過ぎて、もともと持ってた良さがかき消されてしまってますよ・・・(´・Д・)」 いっそこう、「アポカリプト」とかああいう感じで行ったら良いのに!
新作に関連して復習ラスト。再見。

個人的には嫌いじゃないんだけどなー、配役も豪華だし(無駄使い感はあるけどローレンス・フィッシュバーンにダニー・トレホ、しかもムーンライトのマハーシャラ・アリまで出てる)立ち上がりはワクワクするんだけど、中盤から終盤にかけて、もはやプレデターで無くても展開できる話になり、カタルシス無く終わる感じ。でも2とかAVP2に比べるとまぁアリ。ヤクザさんの決闘シーンは色んな間違った日本感が昇華されてて悪くないし、エイドリアンの泥まみれ作戦が一作目を引き継いでたり。

けど、ほぼ覚えてなかった時点でそのくらいの作品。
Abu

Abuの感想・評価

2.5
「ザ・プレデター」劇場公開を記念して過去作が今だけ100円!!
甘い言葉に釣られてチャレンジしましたが…
エアドリアンの捕食者役に無理があるように、私にはハードルの高い映画でした。
一体全体何がどうなったの?
唯一の救いは893がカッコいいところ!
エイドリアンの眉毛観察するには楽しいが、大袈裟な伏線を回収するくらいならラストはきっちり決めてほしい…消化不良
>|