レッド・ライディング II :1980の作品情報・感想・評価

「レッド・ライディング II :1980」に投稿された感想・評価

ゾロ

ゾロの感想・評価

4.0
三部作の連続鑑賞 二作目

衝撃のラストだった1作目から
どのような展開になるのか?

filmaにあるジャケットから
アンドリュー・ガーフィールドの出番を
楽しみにしてたら・・出てこなかった 驚


それでも、
1作目関係ある?
いや、関係無い?
そうかーそう繋がるか―

四面楚歌?
お前は、やはりやられるな・・
えっ?裏切り?
腐敗し過ぎだし、闇が深すぎる

今回もなかなか衝撃的なラスト!!!



1980年 イギリス北部
ヨークシャーを舞台に
娼婦ばかりを狙った
連続刺殺事件が起きていた

本事件の捜査をする刑事が主人公

実は、彼は1974年のカラチクラブ事件の
捜査をしていたが・・・

本作の連続刺殺事件の真相究明や
刑事の過去や同僚との関係などは
よくある物語と感じてしまうが
前作との関連性の小出し感が絶妙
(ん?もうちょっと欲しい・・)

前作で目撃したカラチクラブ事件と
本作で語られるカラチクラブ事件の
概要が何か、違っている・・・
(ん?なんだこの違和感?)

→ ちゃんと判明します


前作の記者も、今回の刑事も
熱血漢や正義感が強い人ではなく
怠惰な所や倫理観を外している所がある
そんな人物像がしっかり深堀されている事で
実在していそうと感じるし、
一歩踏み誤った人間の末路に憂いも感じる

前作の閉鎖的な暗いイメージから
少しだけ明るくなり、事件の内容は
凄惨だが、心理的には観やすくなっている

ただ、業が深すぎる
前作に続きこれも面白かった。
原作は四部作で映画化(TV映画化)も四部作の予定だった(レッドライディング:1977を製作予定だった)が、映画のほうは予算の関係で1977を本作1980に組み込んで三部作の二作目にしたらしい。

前作1974と全く別の話かと思いきや繋がっている、リンクしている。
前作から引き続き出ている人もいるが、今回の主演はパディ・コンシダイン、監督は「マン・オン・ワイヤー」のジェームズ・マーシュ。

ヨークシャーの連続殺人犯をなんとかしろとマンチェスターから送り込まれた刑事ハンターがその真相に迫る……という話。

殺人事件捜査の話ではあるけど、その過程を丁寧に追うというよりは、警察内部の腹の探り合い、腐敗、闇を見せたい話かなという印象。

なので、犯人が捕まったとしても何かあるだろうと思っていたら。

なんてこった…な幕切れ。

まさかの人物が重要だったりするので前作と続けて記憶が鮮明なうちにイッキ見推奨かな。

*犯行を供述する場面、映像はないが言葉だけでもかなり生々しいので注意……😱

コメント欄にメモあり👇
連続女性殺人事件の
捜査を任された男の苦悩
警察組織の腐敗は
どこまで進んでるんだ
誰が止めるんだ
苛立つ主人公を応援して
話に引き込まれた
衝撃の結末に大満足
PG12

PG12の感想・評価

-
ジェームズ・マーシュが監督したこの2作目が三作中一番面白い。というのも、実在の連続殺人鬼を追う+汚職刑事ものでもある上に前作ともリンクしてくるから。
原作では前作と今作の間にもう1作ある四部作なのだが、そこは端折られているよう。
1974年、西ヨークシャーで発生した少女クレア・ケンプレー殺害事件は、ポーランド人の写真店員マイケル・ムイシキンの逮捕で解決した。しかし新聞記者エディは、不動産王ドーソンの犯行と睨み、彼の行きつけである「カラチクラブ」に単身乗り込んでいってしまう。そこでドーソンを射殺し、クルマで逃亡したエディだが、警察車両と衝突し死亡する…


➖➖➖


1980年、ヨークシャー。若い女性ばかりを狙った連続刺殺事件が起こっていた。被害者は看護学生ローラで13人目。犯人はジャックと名乗り、マスコミに声明文テープを送りつけるなど大胆で異常な人間だ。マスコミは犯人を「リッパー」と呼び連日報道し続けるのだった。西ヨークシャー警察は、モロイ警察次長の号令のもと懸命な捜査を行うも全く手がかりを得ることができないでいた。そこで内務省は、マンチェスターの警察次長であるピーター・ハンターを抜擢し、リッパー専従班を任せることにする。ハンターは、以前「カラチクラブ」の虐殺事件捜査のためヨークシャーに赴任していたが、家庭の事情で捜査から外れた過去がある。清廉なハンターは、リッパー捜査の傍らカラチクラブ事件についても再捜査をしようと考えていた。「カラチクラブ」の虐殺とは、1974年に発生した銃撃事件。覆面の4人組が店に乱入し何人もの客を撃ち殺したのだ。現場にいて相棒ダグラスと共に犯人と戦ったクレーブン巡査は重傷を負い、今では回復してリッパー専従班に参加している。ハンターは、なぜクレーブンとダグラスだけが助かったのか疑問を抱いていた。やがて専従班の一人が、リッパーの被害者のうちクレア・ストラカンという娼婦だけ殺しの手口が違うことを発見した。ストラカンは風紀課刑事ホールと親しかったが、ホール自身もストラカン殺害後に死亡していた。ハンターはホールの親友でカラチクラブの生き残りであるダグラスに話を聞こうとするが、その矢先、ダグラスは自宅で惨殺されてしまうのだった。同じ惨殺でも、ダグラスとストラカンを殺したのはリッパーではない。そう確信したハンターは、やがてこの2人がカラチクラブ事件の真相を知っているため口封じで殺されたのだと悟るのだった。




西ヨークシャー警察の闇に気づいてしまった1人の捜査官が堕ちた地獄を描いたノワール「レッドライディング2」。当然前作の続きなのですが、雰囲気は変わり若干ソフトな印象。ハンターという主人公が穏やかなルックスだからでしょうな。一作目のクライマックスで起きたカラチクラブ事件と本作で語られるカラチクラブ事件の概要が全く違うことに困惑しますが、その謎は最後に明らかになります。ハンターがただ1人信用していたノーラン刑事が正体を明らかにするラストは絶句です。
よしだ

よしだの感想・評価

4.8
三部作の中で一番面白かった!作品ごとに中心となる人物が替わるのも新鮮。事件と人とが複雑に絡み合いながらも繋がっていてどんどん見入っちゃう。

あなたにおすすめの記事