犬の生活の作品情報・感想・評価

「犬の生活」に投稿された感想・評価

 チャップリンが、あくまで画面の向こう側の話であったコメディ映画を残酷とも言えるリアリティで再設計した初めての映画です。彼の持ち味である喜びと悲しみの絶妙なバランスはこの時から確立されたのでしょう。

 また、何と言っても主人公の放浪者がヒーローとして描かれている点が最も重要なターニング・ポイントでしょう。ただ一辺倒のヒロイズムに走るのではなく、どこか情けなくも、持たざる者であるがゆえの愛を持ってヒロインを救うというポイントに見る人は感動させられます。
 まさにチャップリンの黄金期の到来を感じさせる記念碑的作品です。
(18年4月10日 DVD 4点)
100年前の作品とは思えないクオリティ
酒場のシーンはめちゃ面白い
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
どうしたって子犬とTHE KIDの組み合わせは、やはり反則な訳で(笑)

本作のチャップリンは浮浪者役で、職探しもうまく行かない中で、ひょんなことから野良犬を助けて、一緒に生活をってな展開。

原題は実は野良犬的貧乏生活の意味で・・・道徳的には何とも言えないオチが待ってますが、そこは愛嬌ってコトで。

そう、チャップリンが人間味あるあふれた笑いを提供し出した作品でもあるけど・・・本作はあの犬のスクラップスの名演に尽きるかも。

しかし、しばらくぶりの再鑑賞だが、いつの間にか一世紀前の作品になってるとは。
mare

mareの感想・評価

4.5
色々と考えさせられる内容と、破茶滅茶劇の組合せにある意味で哀愁を帯びていると感じたことを思い出します。
学校のやつでチャップリンの新書読んでからもうチャップリン熱がとまらない!
見たいのいろいろありすぎ!
これもねもうねほんとに普通に面白いしでも新書でいろいろ予備知識入れると余計おもしろかった
もーチャップリンすきすぎる
尻尾で太鼓叩くとこめーちゃすき
おじいちゃんがチャップリン大好きだから一緒に笑いながら見れてさいこう
ワンチャンとの撮影大変だっただろうなぁと思ってしまうけどもちろん笑わしてくれますよ
as

asの感想・評価

3.6
ズボンからのしっぽが可愛い〜♪
犬の乱闘シーン何回撮り直したんやろう、、
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
犬の魅力を堪能できるチャップリン映画。
犬好きさんは必見です

green lanternていうダンスフロア(?)に犬を隠して連れて入ったシーン、可愛いすぎます!
尻尾がほんとに生えてきたみたい。

身長小さくて、特にイケメンなわけでもなく、ふらっとしてて貧乏。
けど好きになった女の人の為に一生懸命なチャップリン…可愛いなぁ(微笑み)

最後に出てきたチャップリンの手でも握り潰れそうなくらい小さな子犬も、可愛いです。
二夜連続チャップリン劇場!

昨日、久しぶりに「キッド」を観たら、またチャップリンに会いたくなって、この作品を初鑑賞。

「キッド」より3年前で、チャップリンのあの定番のカッコが確立した作品とか。もちろん無声映画です。

今回は子供の代わりに🐶が相棒。この犬がまたまた可愛いい。そして芸達者。本当に映画に合わせるように演技しているみたい。
とにかくチャップリンとの相性が抜群。信頼関係ができてる感じです ^_^

涙や感動はないですが、力の強いやつ、大きなやつや金持ちを、貧しくて小さなチャップリンが知恵と軽やかな動きで打ち負かすのは、当時の社会情勢を反映して皮肉ってるのかな?でも、チャップリンもすきあらばモノ盗むし決して善人ではない。それでもやっぱり愛されキャラですね。

30分と短いので、気楽に観られるのもいいです。明日もまた観るかなぁ〜?
MA2

MA2の感想・評価

4.0
2017-457
したまちコメディ映画祭in台東
山寺宏一さんによる一人活弁映画

内容は面白かったのはとにかく
山寺さんの面白いナレーションと
色んな声色を分けての吹替の天才的な
生で聞けたのが本当に良かった。

思い出に残る活弁映画となりました。
>|