キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのネタバレレビュー・内容・結末

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

なんとなくルパンと銭形を思い出す

アバグネイルが別の詐欺を見破るシーン好き。
敵キャラが仲間になる的な
こういうの求めてるんですよ!!という感じ
ディカプリオかっこいいなあ〜、、
トムハンクスも好き。

終わりかたがめっちゃ好きだった。
刑事が必死に追いかけて捕まえてちゃんちゃんだと思ってたら予想外に良い話。散々詐欺した後それを社会貢献に活かすってすごいなあ。
フランクのどんどん人を騙していくのも絶妙なスリルと面白さだったけど、何よりカールが良い人じゃん。逮捕してからも面倒見てくれて、しかもフランクのこと信じてないけど信じてくれていて、FBIに起用するなんて勇気のいることまで!
さらにその後もお互い良い友人だなんて、、

あと飛行機模型のシール剥がして小切手に使うのとかすごかったし、とにかく偽小切手作るシーンが好きだな面白い。

途中まではこんなもんかと思ってたけど、最後が良すぎてもう一回観たくなった!笑
主役にドキドキハラハラされる映画。
詐欺が上手くいきそうでいかないような、
結果上手くいき、展開が早くて面白い。
小切手詐欺を行うにはパイロットのような社会的信用のある職につかないと…。
よし!人を騙してパイロットになろう!ってなりますか!?笑 
かつ、嘘だけでパイロットになり何度も世界を飛び回るってどういうこと!?
しかも、実話ってどういうことーー!!笑
驚きすぎて面白かった。
ディカプリオのカッコよさと、両親を想う切なさ。トムハンクスの執念と優しさ。
次はどう出るのか、展開が気になっていく作品だった。詐欺の手口も見ものであったが、それ以上に2人の人柄や心情に惹きつけられた。
泥棒で生計を立てる系のキャラクターは好きではないのだが、この詐欺師をそこまで嫌いに慣れなかったのは感情移入させるための生い立ちや家庭環境がしっかり描かれていたからだろう

トム・ハンクスとの初対面のシーンで堂々とかませるのは度胸が凄い!
追い終われ続ける関係が吊り橋効果のようにいつしか絆が芽生えていくというのは個人的に好き

あとレオ様がバチバチイケメンで眼福だったwww
めちゃくちゃ面白かった!そして実話なことにびっくり!!!
悪いことしてるのにフランクが純粋に見えてつい応援したくなってしまった笑。そして、ちゃんと罪を償って今は世の為に働いてるなら良かったなと思った笑。
どれだけお金を手に入れても信頼できる家族や友達、安心できる居場所がなければ真の幸せは掴めないんだろうなと改めて感じた。
テンポが良くて楽しかったー!また見たい^_^
それなりの幸せを願っただけなのに後戻りできなくなる感じ、もし自分がそうなったら主人公みたいに苦しむんだろうなと。最後もスッキリする結末でよかった。
名作ということだけ知っていたのもあり、食わず嫌いで数年見ていなかった。
なんとなく見始めたけど、ディカプリオの演じる〝できる営業マン〟のようなチャラさと誠実さがドンピシャ。
きっかけが両親ということが私の心にはとても響いた。全てが家庭環境のせいだ(おかげだ)とも言えないけどとっても重要なものだと再確認。
FBIとしてディカプリオを追うところから始まり、最終的には見守る父親的な存在になるトムハンクスもよかった。
レオナルドディカプリオの美しさに襲われる作品。2人のおいかけっこが見てて飽きない。最後ハピエン?で終わって良かった。
ジャケットがダサすぎて伝わらないけどめちゃくちゃ面白かった
レオナルドディカプリオが若くてかわいいしかっこいい
クリスマスの時に連絡し合うの2人の世界って感じで良かった
これが実話っていう凄さ
>|