アメリカを売った男の作品情報・感想・評価

「アメリカを売った男」に投稿された感想・評価

よく分からない映画で……。
後味とか、ストーリーとか、動機とか、そんなんもう、よくわかんない。
そんなものどうでも良いって思えるほど、ロバートハンセンの表情が、全部持って言った。
tom

tomの感想・評価

3.3
容疑者は最初からわかっていて、その証拠をつかむために懐に入っていく。画に書いたようなムッツリだった。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.5
2018年 124本目

面白い!全然知らない俳優さんばかりだと思ってたけど主役2人の作品みたら脇役でしっかり支えてる人らなのですね。彼らが出てる作品めっちゃ観てた!実話ベースのFBIの話です、凄い緊張感のあるお話でした。

僕の中でのFBIといえば扉を蹴破って「エフビーアイ!」って叫びながら銃構える奴と、車で目の前に乗り付けて転げ降りながら「エフビーアイ!」って叫んで銃構える奴の2パターンしかいないと思ってたのですが、全員が毎日毎日「エフビーアイ!」って叫んでる訳では無いというのは勉強になりました。

しかし何が恐ろしいって、これが実話でこれだけの機密漏えいをやってのけたオッさんが実在してるって事ですよね。流石に敵国に情報を渡す時には「エフビーアイ!」なんて叫ばずにこそーっと渡すんでしょうね。バレたら終身刑ですからね、そりゃ叫びませんよね。
犬

犬の感想・評価

3.7
祈り

FBIの若手捜査官オニールは、上司から新たな任務を言い渡される
それは、トップ捜査官ハンセンの行動を逐一報告することだった……

20年以上に渡り祖国アメリカを裏切り続けた実在のFBI捜査官が逮捕されるまでの2カ月間を描いたサスペンス

こんな人がいたとは

なかなか見応えありました
ハラハラする場面もあり

情報がスゴい

信仰深く、昔ながらの考えを持つ男
ただ賢いです

妻にも言えないあの辛さ

クリス・クーパーの演技が良かったです
実在のスパイの実話を元にした映画。

と、いってもそんなに事件が起きたりかっこよかったりせず、淡々と物語は進んで行く。

もう死んでるみたいだが、残りの人生を刑務所で過ごし続けて…その時の彼の心境はどんなもんなんだろう???
Aris

Arisの感想・評価

3.5
面白い‼︎ 私は好きです。
サスペンスって最後に大どんでん返しがあるなしとかによっても見終わった後味が全然変わってくるし、途中飽きてしまうこともあるけど、これは実話を基にしているから結末はわかっているけど、終始静かな描写の中でハラハラドキドキ、どう結末に繋がって行くのかをずっと飽きずに楽しめた。これが実話か…と思うと…やはり実話を見た後は考えさせられる。でも映画としては楽しかった‼︎
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
FBIの人がロシアに国家機密を漏洩してた本当にあったお話。

派手さはないけどハラハラするとこもあり面白い。

ってかこの人勤続25年のうち22年スパイ活動してたって事はまともに働いたの3年だけ?
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.3
尾行を断って夜の公園に連れて行かれ、発砲されるも弾切れで命拾い…のシーンが怖かった。
学生の頃、ゼミの先生からDVD貰ったので鑑賞。
スパイ映画にありがちなスペクタクルはほとんどなくて、全体として地味で小粒な印象。でもそれがハンセンの怖さをあぶり出しているようにも思えたし、この映画には派手なアクションはいらないな、と。
1985年🇺🇸

FBIで25年に渡りロシアに情報を売って、被害総額10億ドルまた、殺された仲間50人などアメリカ史上最大の情報災害とされるロバートハンセン事件を基にした実話。

物語は逮捕されるまでの2ヶ月間を描いています。

若手捜査官が仕事、家族、信頼など心の動きをメインに確信に迫っていく。

◉77点。
派手さはないリアルスパイ🕵️‍♂️映画でしたがじんわり堪能した印象の映画でした。

今も独房に終身刑で服役している様です。
>|