アメリカを売った男の作品情報・感想・評価

『アメリカを売った男』に投稿された感想・評価

20年もバレずにKGBに情報を売り続けていた男。
そんな男の中にもかすかな人間性は残っているのか。
人を騙し続けてきたことに葛藤しているからこそ、神に懺悔し、
部下を信じるべきか迷う。
そんな心理を…

>>続きを読む
KO

KOの感想・評価

5.0
 ものすごく渋い作品。リアルの路線のスパイ映画としては最高の部類ではないかと思う。
AMY

AMYの感想・評価

2.0

1979年から2001年までロシアに機密情報を漏洩し続けた実在するFBI捜査官Robert Hanssenの逮捕劇を描いたストーリー

9.11もあって、2001年ってアメリカにとって忘れられない年…

>>続きを読む
janjen

janjenの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

実話。

FBI捜査官ロバートはロシアへの逆スパイの疑いがあった。
彼の補佐として内偵するように指令を受けた若手オニールの活躍により、ロバートが逮捕されるまでの映画。

アメリカにもこんな奴が鋳たこ…

>>続きを読む
odyss

odyssの感想・評価

3.0

【スパイ物としては難ありだが】

DVDにて。

米国の中枢情報に接する部署に長らく勤務しながら、ソ連に情報を売っていた男。
それを知ったFBIが男を別の部署に移して、若い部下をつけ、その部下を通じ…

>>続きを読む
くーた

くーたの感想・評価

3.9

2007年のスリラー。2001年、20年以上にわたりソ連/ロシアに国家機密を漏らしていたとして逮捕されたFBI捜査官ロバート・ハンセンのスパイ事件を映画化。FBIの訓練捜査官オニール(ライアン…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ側のスパイの情報を、20年に渡ってソ連・ロシアに売り続けた、元FBIロバート・ハンセンの逮捕劇の映画化。

ロバート・ハンセンの生い立ちはハッキリとは語られないが、どうやら生まれてから自分の…

>>続きを読む
peonia90

peonia90の感想・評価

2.5
サスペンス要素が強くて、
登場人物の背景や言動の理由の表現が薄い気がした。
物足りない。

 実話ベースのスパイもの。
 実際の出来事を下敷きにしながら、でも脚本や人物にはしっかりエンタメとしての味付けがなされている作品。
 でもアクションシーンのような露骨な派手さは一切なく、その辺の何か…

>>続きを読む

20年以上もアメリカの国家機密をロシアに渡していたとされるロバート・ハンセン逮捕までのストーリー、、、実話です。

こんな人がいたとは思いませんでしたね。
特にアクションもないので派手さはありません…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事