キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのネタバレレビュー・内容・結末 - 4ページ目

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ジャケットがダサすぎて伝わらないけどめちゃくちゃ面白かった
レオナルドディカプリオが若くてかわいいしかっこいい
クリスマスの時に連絡し合うの2人の世界って感じで良かった
これが実話っていう凄さ
スピルバーグ監督らしい映画でありつつ、しっかりとした伏線とか話の進め方とかが考えられてて大好き
最初は収容されてるところから始まるから
びっくりした
ラストのアバグネイルの父の死を
知ったシーンは流石に泣いた
詐欺師と捜査官の2つの視点で見れるから
とても面白い
観ててとても楽しい

1番好きな映画です
おもしろい、家族に執着があったのかな。家出するとき以外冷静で、頭の良い人はやっぱり冷静な時が多いなと思う。捕まった後、FBIで働くことになるのは、シュールというか、おもしろい展開だな。これが実話なの、となる映画
これが実話とかどんだけ頭いいの!!
司法試験の話もすき。笑 天才すぎ。

途中まですごくかなしかった、嘘の人生ってどんな楽しい思いしても満たされないし、一回ついた嘘を突き通すに嘘に嘘を重ねていって、どんどん辛くなる気持ち誰でも一回はあるはず、そうじゃないと生きていけないって悲しかった。
ただ、カールが本当にいい人。私もみてて心が救われた。変わろうと思ったら変われる。ラストはっぴーで嬉しい
作り話のような、実話なの、、驚いた。昔のレオナルドデカプリオ、王道のイケメンで終始見惚れる。犯罪の内容は大人顔負けなんだけど、犯罪を繰り返す真意が父親と母親に仲良くなってもらいたいと願うピュアな少年の心なんだよね。犯罪のシーンと父親に会うシーンの主人公の表情とか台詞とかが全然違ってて、そこがさ実話だと知ると少し悲しくなっちゃった。まだ実話だと信じられない!少し長いけど、最後まで楽しかったぁ
この映画はだいたいどこを見ても「痛快」とか「コメディ」と紹介されているが
痛快どころか根底にある主人公の孤独、温かい家庭への憧れ、報われない気持ちに観終わったあと暗い気持ちになった。
確かに詐欺の手口は大胆で痛快かもしれない。
けれど主人公は結局、幼い頃に壊れてしまった自分の家族を元に戻したいだけだった。
婚約者の両親が仲睦まじく皿洗いをする後ろ姿を寂しそうに眺めるシーンが悲しすぎる。
義妹の存在を知ったことでもう元には戻れないと悟ってしまう場面も悲しい。
想像していた内容とかなり掛け離れていた。
おもしろかった
テンポもよくフランクを応援したくなった
両親の離婚が無ければフランクは逃げる事も無かったんだろう。最後に母親の新しい家族を見たシーンはとてもかわいそうになった。
エンドロールでフランクに家族が出来たと知れてうれしい。

ブレンダは本当に裏切ったのかな?裏切っていないと思うんだけど。
フランクの大胆な行動に笑って圧倒されつつ、昔の愛に溢れた家族を取り戻せると信じ続ける、フランクの両親への愛に涙した。そして最後にフランクの居場所を見出した刑事との友情にも涙。
Creepy Nutsが話してたのを聞いて観たくなりました(笑)

前知識としては「詐欺師が逃げる話」くらいのざっくりしたものだったけど、観ているうちにタイトルの意味などもちゃんと理解できた。
特にフランクが逮捕されるシーンがめちゃくちゃ好き。
今まで騙してた側のフランクがカールにハメられた!?と思いきや、やっぱりカールは本当のことを言ってた、という。
カールは最後まで嘘つかなかったね。
ラストシーンも印象強くて良かった。
めっちゃくちゃ面白かった!!
これすごい好き!
レオ様かっこいい!
ハラハラドキドキの感動ストーリー。
いやーいい映画だった!
さすがスティーブン・スピルバーグ監督。
さすがレオ様。さすがトムハンクス。

逮捕後から始まり、過去を振り返りながら現代の描写と織り交ぜてストーリーは進んでいく。
天才詐欺師のフランクの正体は両親の離婚で傷ついた16歳の少年。
高校での臨時教師のふりにはじまり、パイロット、医者、弁護士とあらゆるものになりすまして小切手詐欺で大金を得ていく。
その背景には破産して妻に逃げられた父親への愛があって・・・。
捕まった後に父親が死んだことを知り、母親のもとに行っても新しい子供ができており絶望する・・・。
そんなフランクを救ったのはFBIのトムハンクス。。
拘留所から救い、彼を全面的に信頼し、FBIにポジションを与えた。
そこでフランクはそれまでの詐欺行為を返済するほどの社会貢献を果たす、というストーリー。

2週間勉強するだけで司法試験受かっちゃうような超天才的頭脳を持ち、鋭い観察眼、女にもてる甘いフェイス、なにより相手をだます堂々とした立ち振る舞い。
すべてが詐欺師としての資質である。

最初のイラスト基調のオープニングもめちゃめちゃいい。
初見時は「おしゃれだなー」っていう感想だったけど、最後まで見てもう一回オープニングをみると見事にストーリーに沿った流れになっていて感動・・・。
めちゃおしゃれで感動すらしてしまうオープニング。秀逸です。

血が苦手なのに医者のふりしてげろっちゃうレオ様も、女を口説くたらしっぷりも、ほんとキュートでおちゃめで素敵なキャラクター。
20002年の映画。20年前か・・・。2000年だしそんな古くない話かと思ったけど20年前というとだいぶ前だなw
でもいい映画に時代は関係ない!
素晴らしい映画でした!見てよかった!