嫌われ松子の一生の作品情報・感想・評価・動画配信

嫌われ松子の一生2006年製作の映画)

上映日:2006年05月27日

製作国:

上映時間:130分

3.5

あらすじ

「嫌われ松子の一生」に投稿された感想・評価

コミカルな演出なんだけど、笑えなかった。
なんでそんなことをしてしまうんだろう。悪いほう悪いほうを選んで落ちぶれていく松子の姿を見ているのは苦しかった。
もやもやの残る映画。見終わってからも彼女のことを考え続けている。好みじゃないから忘れようとしたのに、ときどき思い出す。そういうふうに心に引っかかる映画もあるんだな… と感じています。
me

meの感想・評価

4.0
邦画特有のユーモアやセンスが溢れてる映画だった。とにかく満足感が凄い。
こんな人生にはなりたくないけど、松子は酸いも甘いも沢山の事を経験して人生を終えていったから羨ましいとも思う。なりたくないけど
Nanami

Nanamiの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

どこに行けばいいのか何をすればいいかわからない時間って楽と不安混ざってて
なりふりかまわず自分が好きなこと思いっきりしていいのも似たような感じかもって

友達のレビュー見て思いました
メッチャ久しぶりに鑑賞。
最後に観たのはかなり前だけど、今観ても色褪せない感じで。当時にしたら、ミュージカルを取り入れた映画、日本では余りなかったのでは?
悲しいストーリーだけど、歌と色彩で華やか!
中谷美紀の事は覚えてたけど、後のメンバー全然記憶になかった😅結構、豪華メンバーだったのね。私の中では、所々出てくる劇中劇の片平なぎさのカサスがツボだったけど😊懐かしいわ〜
松子の転落人生、ここまで転落できるのかっていう転落ぶり。今じゃ、トルコって禁止用語だと思うけど…教師から他にも仕事あるでしょ〜💦それにしても、中谷美紀スタイル抜群❗️26歳でおばさん扱いされちゃうなんて、シビアだわ〜
#20210508@218

このレビューはネタバレを含みます

本当に松子は嫌われていたのか?

あのまま中学校教師を続けていたら、いわゆる普通の人生を送れたかもしれない。
あの日中学生に注意をしなければ、松子の新しい人生が始まっていたかもしれない。龍さんと再度結ばれていたかも。美容師としてもう一度活躍できていたかも。

人生の選択は難しいのだなと。
毎日同じように生きている私にとって、松子の人生は少し憧れる人生でもあった。
高校生の時に中島監督狂信者だったことを思い出しながら10年ぶりに鑑賞👁

テンポと画面が実写映画なのにすごくポップでアニメっぽい印象、、
酷い死に方をした叔母の一生を甥っ子が叔母の知人を通して辿るというくらーーい話しなのでこのテイストの感じでなければ100%見れなかった内容の映画🎞

私もアラサーだからちょっと身につまされる気持ち🌞こころもち
Ayane

Ayaneの感想・評価

4.1
内容最悪でも人生これくらいいろんなことあった方がお得な気がする
mfrans3105

mfrans3105の感想・評価

3.4
初鑑賞
2021年62本目

悲しいストーリーですが
独特の世界観と音楽で
楽しく見れました。

ラストはちょっと感動します、、
ミウ

ミウの感想・評価

3.2
下妻物語を観た後にどうしても観たくなった作品。ある女性の一生に起こる悲劇をコミカルに描いた作品だけど、女性として生きることの不憫さが観てるだけで苦しくなった。

この昭和の独特の雰囲気をうつした作風が少し気持ち悪くて酔った。
愛に飢えたメンヘラがとんとん拍子に堕ちに堕ちまくっていく映画
内容だけ羅列したらめちゃくちゃ壮絶で鬱だけどミュージカル調に明るく描いてるのでそこまできつい感じはない
出てくる役者陣がめちゃくちゃ豪華
>|