嫌われ松子の一生の作品情報・感想・評価

嫌われ松子の一生2006年製作の映画)

MEMORIES OF MATSUKO

製作国:

上映時間:130分

3.5

「嫌われ松子の一生」に投稿された感想・評価

Peter

Peterの感想・評価

3.2
そういや邦画でミュージカルって珍しいような。松子の救われない人生と、極彩色のポップな映像のギャップは、さながら日本版『ダンサーインザダーク』。
うき

うきの感想・評価

-
久々に観たけど、号泣でした。
普通に描いたら凄くシリアスで切ない話なのにポップに描かれていて、
人って不器用だし、全然上手くいかないし、って。
これを観てから、全然知らない人でも、それまでのいろんなストーリーがあるよなって、思うようになった、想い出の作品です。
ミザゴ

ミザゴの感想・評価

3.6
再見
・BONNIE PINK元気かな
・市川実日子の垢抜けないウルフカット
とめき

とめきの感想・評価

5.0
1番好きな映画です。

悲劇の部類に入るんだとは思いますが、明るい映像づくりのおかげで悲観的にならずに観ることが出来ます。

松子の不器用で愛にひたすらまっすぐな生き方には愛おしさすら感じます。

終わり方が終わり方なのでハッピーエンドでは無いのかもしれませんが、見終わった後は自分の抱えている悩みがちっぽけに思え、多幸感すら感じます。
pekesK

pekesKの感想・評価

4.3
殴られても死んでも、一人でいるよりいいっていうセリフが良かった。
あき

あきの感想・評価

3.5
不器用で客観的にみたら不幸せな人生と思われる松子。
でも、少しだけ分かってくれる人がいたことの救いと、大半の辛い人生をコミカルでミュージカル風にして重たさを感じさせない演出が良き。
mio

mioの感想・評価

-
想像以上の名作。
何で今まで見てなかったんだろ!!

決して明るくはない話をポップにリズミカルに描いてて、すっごくいいなって思った。歌もいい。
キャストも最高。

きっとまた見るであろう映画。
み

みの感想・評価

3.7
不器用で激動で痛々しい人生、不思議な映画や…みんな松子のこと嫌いにはならなくて少しばかり共感とかするんやろな分からんけど

「人に何をしてもらったかではなく、人に何をしたか」「シンデレラストーリーの真逆」ダークでポップだった、おかえりを言ってくれる人を求め続ける人生だったんだな、、
想像してたより好きな映画でした。
ポップな色使いしている分 暗い人生をただ暗いだけではなく作品として昇華できているのかなあと思う部分もありつつ 音楽やテンポ感も心地よく観れるセンスだからこそ最後まで面白く見られた
人になにかしてもらうより 人になにをしたか みたいなセリフが松子の人生そのもので、人に尽くすと自分が傷付いて優しいと辛い世界が見ていて一番 辛かったのかも
松子の健気な優しさって実はみんなが 何処かに持っているものなんだと思う

序盤からテンポがすごくいいなー。

『無法松の一生』のオマージュである
自転車の車輪と松子の人生のオーバーラップ。
>|