日本一の断絶男の作品情報・感想・評価

「日本一の断絶男」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.3
2020年4月19日

#日本一の断絶男 鑑賞

口八丁手八丁で成り上がっていく日本一郎(ひのもといちろう)シリーズ第7弾
本当にこのシリーズは能天気でいいですね。規制とか差別とか個人情報とか気にすることも少なかったんだろうな。

このコロナの時代に見るのは意味があるかもです。
1969年の映画!万博1年前!!って感じが最高
緑魔子の衣装が時代真っ只中って感じでかわいいし、何より宮川泰の音楽が洒落てて良い〜
大阪万博、建設途中の風景も見られる

時代の空気を楽しむ映画
東京五輪と同じく、大阪万博もまた開催されるね。

主人公が何がしたいのかよく分からなかった。
「喧騒から離れて生きたい」ってのは終盤にいくにつれ分かったが、それしか分からなかった。
この作品にも(前作の裏切り男と同じく)痛快さを求めてはいけないと思う。
ただ、撮影がロケ中心に戻ったので、絵的には日本一シリーズだなとちゃんと分かる。

結構離れた場所からボールを投げて、植木等の頭にちゃんとヒットさせるの凄いと思った(KONAMI)
虎氏

虎氏の感想・評価

3.1
"日本一の男"シリーズの7作目。
植木等演ずる日本一郎が、自由奔放(というか行き当たりばったり)に世間を渡り歩く様をコメディタッチで描いた作品。なべおさみが相方というかカモ的な役どころで、全編に渡って出ている。

本作の主人公はいい加減すぎで、頑張っている感が無く、ストーリー展開は雑だった。口先だけで立ち振る舞い、困っても思い付きで行動し、毎度運が良すぎてうまくいくというパターンの繰り返し。サラリーマンになって出世したら詐欺紛いの会社を起業したり、唐突にヤクザになったり、また起業したりと無茶苦茶。

ギャグは笑えるのだけど、ストーリーとしてはかなり微妙だった。

大阪万博(※1970年)のパビリオン建築現場でロケが行われていた。大らかな時代ですなぁ。
やっぱすごい
実は理性主義満載

曰く
愛情にごまかされるなー

人間には2種類しかいない
自分の身体を自分で使う人間か
他人に使われる人間か
takasagoya

takasagoyaの感想・評価

2.8
学生紛争から万博へと舵取りをする日本という国の世情が描き出される佳作
maco

macoの感想・評価

-
ちょうど植木等が紅白に特別出演した映像を見たばかりで、あの時代を体験した人たちにとって植木等がいかに特別な存在だったのかを実感した気がした。ひたすら運がいいというのも、笑えるものだ。
タイトルバックは、大阪万博の建設中のパビリオンの映像で懐かしかった。
クレイジー映画で、一番、頭がおかしいカルト映画。緑魔子も加わっての東映ヤクザ映画のパロディ群も冴えている。
植木等のキャラクターも、最高に狂っているが。最後に言う「とにかく俺は静かなところで一人になって寝たい」というのが、本人のたぶん本音で、それもまた、おかしい。
1969年の東宝活劇。
明らかにかつての品質は無い。

サイケに学生運動に任侠パロディ。
思いつく限りの悪あがき。
>|