暗殺者の家の作品情報・感想・評価・動画配信

『暗殺者の家』に投稿された感想・評価

破壊

破壊の感想・評価

2.7

淀川長治のクラシック名画解説全集にちょうど載ってたので観てみた。その後に解説読んだら「ヒッチコックは、だいたい怖がることが好き」って書いてて笑った。間違ってはないけど解説ではない。
LeMasT

LeMasTの感想・評価

3.5

アルフレッド・ヒッチコック監督作品。ある男の死に際の一言を聞いてしまったがために娘を誘拐された夫婦が、国際的な陰謀に巻き込まれ奔走するクライムサスペンス映画です。

本作の約20年後に同監督によって…

>>続きを読む

スリラーでこんなにフザけてる人って居るんですかってくらい終始ニヤニヤしてしまう作品。
時代性も相なって一和訳の表現や手作り感あふれる作品の表現力と変態性に見入ってしまいます。
「オルガンを弾いて
音…

>>続きを読む

イチバン下の娘が今日で5歳、近くに住んでる僕の両親も呼んでパーティーです。妻はいろいろ準備してましたが僕は知らんぷりで『知りすぎていた男』の最初バージョン。

知りすぎていた男、過去に観てるはずなの…

>>続きを読む

2024年02月05日Amazonプライム、無料配信。

ヒッチコックらしいカメラ割りが所々に見られる。
謎解きものではない。
話が進むにその場その場で事実が判明し、暗殺未遂、銃撃戦が起こり、対処す…

>>続きを読む
natsumi

natsumiの感想・評価

-

スイスのスキーリゾートに娘と遊びに来ていたローレンス夫妻。ある晩のパーティーで会場にいたスパイが目の前で殺害された際に彼のもつ機密情報を知ってしまい、その情報を目当てに娘を誘拐されてしまう。コンサー…

>>続きを読む

ヒッチコック作品の鑑賞は13作目。

古い作品特有のテンポの良さがある。
が、テンポ良いというか、ご都合良すぎて笑っちゃうことが多かった。

リメイク版があり、ヒッチコックもそちらの方が良いと称して…

>>続きを読む
mi

miの感想・評価

3.6
謎宗教の讃美歌を歌ってるフリしながらヒソヒソ話したりなど、主人公の行動が終始チャーミングで好き

こちらも犬は出てこず
Yoshishun

Yoshishunの感想・評価

3.3

ヒッチコック監督によるサスペンス。
1956年に『知りすぎていた男』としてセルフリメイクされた作品。

何も知らない3人家族がとある組織による暗殺計画を偶々知ってしまったことで、組織に狙われてしまう…

>>続きを読む
SOBOY

SOBOYの感想・評価

3.5

今までに観た映画で2番目に古いかも!

ヒッチコックのビンテージキャップを手に入れたのをきっかけに、今年はヒッチコックの映画全制覇を目標にします!

讃美歌に合わせてメッセージを伝えるシーンとオーケ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事