三十九夜の作品情報・感想・評価

「三十九夜」に投稿された感想・評価

ゆかち

ゆかちの感想・評価

4.0
ずっとドキドキしながら観てました!
無実の殺人容疑で追われるハネイの逃走劇。巻き込んだ人にうまい具合に助けられていくのが見事すぎる✧*。
どうやって無実を証明するんだろう、最後に最初の伏線回収。(これはネタバレに入らないよね??w)勘のいい人は早い段階から気付くのかな?私は全く記憶にもないくらいでした(笑)

時代が時代なだけに、全てが先駆けに思えて凄いなぁと思いながら見てしまいます。モノクロ映画の夜シーンは怖さ増し増し。
初のヒッチコック鑑賞。
謎の敬意から、購入しない範囲で観れるものを時代順に観ていこうと、まずはイギリス時代の作品。

観たこともないのに
"ヒッチコック=サスペンス、『サイコ』"
の強い固定概念から入ったので、恋愛要素は予想外!しかもちょくちょく笑わせてくるから、「あれ?シリアスな叫ぶ系の怖いの作る監督じゃないの?!」と戸惑ったのは、ヒッチコックをイメージだけで鑑賞してこなかったことの表れ。

おばさまの叫びのシーンは秀逸◎

以下ネタバレになるかもしれないけれど、

テンポ良くどんどん進んで、ドキドキハラハラが加速して、急ブレーキ事故寸前で食い止めた安堵感みたいな感情に!
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
かなり古い作品ですが、渡米前のヒッチコック最高傑作と言われる作品。

国際諜報活動に関わり、殺人犯として警察からも追われる、いわゆる「巻き込まれ系」サスペンス。

「三十九夜」って?
謎が謎を呼ぶミステリーに期待を膨らませますが…

やっぱり古い作品です。
KD

KDの感想・評価

4.0
主人公が置かれていた状況の変化が巧みに映し出されていて、観ていて面白い作品だった。
dude

dudeの感想・評価

3.8
この話はなんなのかという考えを忘れさせてくれるハッピーエンド。
白

白の感想・評価

4.5
正義の傲慢なまでの誇張が翻って悪徳を助長するサスペンスの構造に鳥肌が立つ。逃亡先の民泊で映されない暴力それ自体も素晴らしいが、正義とは法規の強要ではなく自己犠牲を肯んじる構えであることを教えてくれる。それとは対照的に、損得にしか拘れない人間たちのクズな描写が良い。
たまこ

たまこの感想・評価

3.5
ショーを鑑賞後、見知らぬ美女を自宅に匿ったイケメン、ハネイは、その後とんでもない陰謀に巻き込まれていく。

さすがヒッチコック。
脚本、音楽、カット割りに隙がない。

人質にとられたはずの女性の態度が軟化していくのもかわいいじゃないか。

そして全ての謎が解ける秀逸なラスト。
からのファイナルカットの愛らしいこと。

血やエロスなくとも人をドキドキハラハラさせる技術に長けたヒッチコックは、(セクハラオヤジだったのかも知れないけど、)やはり天才だと思う。
映画男

映画男の感想・評価

4.0
美しい。シナリオに全く隙がない。
思えば、冒頭でミスター・メモリーが出演中に劇場で騒ぎが起こり、銃声が鳴るあたり。あそこで伏線はすでに張られていたんやな。

なんでこんなにも分かりやすい展開やのに、これほど奥深いストーリーになるのだろう。シンプルイズベストを突き詰めた傑作ですわ。サスペンスに別の名前を与えるなら、それはヒッチコックですわ。
abe

abeの感想・評価

-
イギリス時代のヒッチコック作品は初鑑賞?な気がする。そしてこの時からやばくね天才やんけ。画作りがやばい!逃亡するシーンは色んな見せ方をしてくれるし、テンポ良いから退屈しないし、ヒッチコックもっと見ないとな、、、
ASK

ASKの感想・評価

4.0
ただ面白い。無駄なカットが無い。論理的な整合性を無視して、リズムとテンションだけを追求している。職人技だ、、、
>|