キートンの探偵学入門/忍術キートンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「キートンの探偵学入門/忍術キートン」に投稿された感想・評価

TaiRa

TaiRaの感想・評価

5.0
キートンの体を張ったアクションはもちろん、映画を扱った映画としての完成度も非常に高い傑作。

探偵志望の映写技師が恋敵の策略で恋人と引き離されてしまう。傷心しながら映写の仕事に取り掛かる最中つい居眠り。気がつくと幽体離脱していてそのまま映画のスクリーンの中へ入ってしまう。映画の中に入る映画と言えば『ラムの大通り』があるし、逆に映画の中から出て来る映画は『カイロの紫のバラ』がある。そういった映画と現実を飛び越える作品群の原点にして頂点がこれ。キートンがスクリーンの中に入ってしまうシーンが最高。カットが変わる度にキートンが危険な目にあう。最初は客席も見える状態だったのが、映画内映画の世界に完全に移行する瞬間にスクリーンへズームしていくのも気持ちいい。名探偵シャーロックJr.として恋人の姿をした女性を救う。ビリヤードの超人的な技が何気に凄いしめちゃくちゃ笑える。バイクのハンドルに乗った状態で命張ったスタントを見せる場面は本当に凄い。走る列車の前をギリギリ通過するショットだけ異様に緊張感が伝わる。夢から覚めた映写技師が恋人と抱き合いキスをする為に、映画を真似るのが良い。映写窓によって出来たフレームと映画のスクリーンに映るフレームを切り返す巧さ。
カメラが一度もパンをしない。車載の移動ショットはけっこうある。映写技師が主人公なので映写室や映画館が出てくる。列車を横切るショットは危険すぎて驚愕する。しかし、キートンは扁桃体がおかしくて恐怖心がないのだろうか。ギャグのうまさ、フレームの遊びや脚本構成の面白さも魅力的だけど、キートンの狂人っぷりが即物的に写っていることが最大の魅力だと思う。
探偵に憧れるボンクラ映写技師が、夢の中でスクリーンの中に迷い込んで行くお話。

しばしば指摘される「映画」と「夢」の相似性に根ざした構成。
手に汗握るアクションシーン。
まさしく身体を張ったギャグの数々。
映画的幸福のつるべ打ち。
ラストシーンのチャーミングなことと言ったら…
映画好きには堪らないバスター・キートン監督&主演の傑作!
ウトウトと眠った映写技師から幽体離脱したキートンが映画館のスクリーンの中に入っていくあたりは堪らない。
この映画が、後年のウディ・アレン監督の傑作『カイロの紫のバラ』に影響を与えたとは知らなかった。

キートン演じる男が名探偵大好きで「名探偵となるための本」のような本を読みながらも、映画館で映写技師として働いているという設定でキュンと来る。

物語は、キートンが恋人の前で泥棒扱いされてガッカリ、映写技師の仕事に戻ったが映画上映中に寝てしまう。
そして映画の中へ入ったキートンは名探偵となって悪党を相手にしてアクロバティックな大活躍。
暴走オートバイのハンドルに座ってキリキリ舞いするシーンなどは感動もの。

バスター・キートン、素晴らしい映画作家である。
N

Nの感想・評価

-
キートンは撮影中、大量の水を頭から被って首の骨を折ったらしいが、気付かないまま1年後の検査で発覚したらしい。痛覚が相当鈍いみたい。
広島映像文化センター、活弁付き、バスターキートン「キートンの探偵術」
しゅごしゅぎる。バスターキートンてハロルドロイドやチャプリン、てかエイゼンシュテインより凄いかも…。今見ても超面白いから昔の人が夢中になったのもわかる…。映像コメディのあらゆる原点とゆうか…
初キートン。コメディが苦手で避けてた。コメディというより、アクション?殺陣見てる時の感動と一緒。つまりわたしの好きな類の映画じゃないですか。
音楽がどうもうるさく思えて、ちょっとマイナス。
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
アイディアの大洪水!CG不用、お腹に突っ込み、消えてしまうトリック!観ている方が映画の中に突入、、、色んな場所へ行くことがVRの先駆けか?コレどうやって撮影したの?の連続!
ろ

ろの感想・評価

5.0

雨の中、2ヶ月ぶりに病院へ。
通いはじめてもうすぐ3年、初めて一人で行くことができました。

“ハリーライムのテーマ”を聴きながら、待合室で読んでいたのは「リュミエール!」のパンフレット。これ、何回よんでもめちゃくちゃたのしくて、緊張も忘れてスイスイ読んじゃう。
そういえば、最近新しい映画ばかり観ていたな...ということで、
はじめましてのキートンさん!もうめちゃくちゃおもしろかった!


探偵に憧れる映写技師のキートンさんが幽体離脱してスクリーンに入り込んでしまう物語。

はじめね、彼女に贈り物するの。二人でソファに座ってね。でもキートンさん、奥手でなかなか手を握れない。
そうこうしているうち、キートンさんの恋敵がやってきた。上手いことやって彼女といい感じになっちゃう。
そんな中、彼女のお父さんの時計が盗まれてしまって...。


キートンさん、肩を落として仕事場・映写室に向かいます。
そこでうたた寝しているとね、自分の分身がスクリーンに入り込んじゃう。名探偵として大活躍するの。
ビリヤードをポンポーンと決めてね、相棒との連携プレーもバシーっと決まる。現実と違って(笑)かなりの切れ者、カッコイイんです。

一番好きだったのはあれかな、敵に追い詰められて壁にバーンと体当たり、キートンさん消えちゃった。どこ行ったどこ行ったって探していると...。

あたまから穴に突っ込むのはあたりまえ、列車に挟まれるなんておてのもの。
体をはりすぎているアクションにヒヤヒヤしながらも、かわいくてたまらないラストシーンがクセになります。












_φ(・_・

雨の影響なのか、地震のせいなのか、固定電話&ネットが通じません。。
いつもパソコンからパチパチ打ってるので、ケータイからレビューあげるの、しんどいね。
あと一週間ほど復旧しないそうなので、それまではノートを活用しながら少しずつ書いていこうかな。









※コメント欄 自主閉鎖中
こう

こうの感想・評価

3.9
圧倒的にチャップリン贔屓で、キートン作品初めてだったけどめちゃくちゃ面白かった。
まず顔がかっこいいのと、その澄ました表情から繰り出されるコメディとアクションの数々。
チャップリンとはまた違う笑いや動きがあってとても楽しかった。
>|