アニマル・キングダムの作品情報・感想・評価

「アニマル・キングダム」に投稿された感想・評価

 犯罪で生計を立てている一家に引き取られた少年のお話。

 モデルとなった犯罪一家が実在したことに、まず驚いた。

 ベン・メンデルソーンは、本作のような、本当にヤバイ悪役が似合うな。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
まだ17歳の男の子、ママがヤク中で死ぬかもしれないのに無表情で淡々と話している。
そんな中おばーちゃんに引き取られるが、理不尽なその世界でも相変わらず淡々と日々を過ごしている。
でも、心の底では怒りや哀しみを押し殺して、いつか復習する機会を狙ってたのねー。
ラストはえーってなるけど、仕方がないかなーって思った。
りな

りなの感想・評価

-
ずっと続く不穏な空気と緊張感
守りたいものができた時に強くなるんだろうか
四面楚歌でどこにも居場所のないジョシュアの絶望に支配されていた。終始感情を顕にしないジョシュアが、彼女の家のトイレで感情を押し殺して泣くシーンは胸が締め付けられる。
Yui

Yuiの感想・評価

3.8
母親が亡くなり、疎遠になっていた祖母の家に世話になる事になったジョシュア。しかしそこは犯罪一家だったという、オーストラリアに実在した犯罪一家と警察の抗争に巻き込まれた17歳の少年を静かに描くバイオレンス映画。

子供は居場所を選べない。
人間が産まれてくる限り、良くも悪くも変えられない現実。最悪な環境下で産まれ育った子供たちも多くの映画で観てきたが、"犯罪一家"で育つのも、貧困と同じくらい劣悪だし、本当に最悪…。

しかもジョシュアは17歳。
何も分からない子供ではないので、引きずり込まれ、巻き込まれて行ってしまうのだ。恐ろしい弱肉強食の世界で正義なんて17歳の子供には何の意味も持たない。血縁というしがらみの、絶望的な毎日。

そんなジョシュアの内面に深く迫り、揺れ動く葛藤が繊細に描かれています。淡々と進むストーリーですがとてもリアルで、実話にほぼ忠実らしいので納得です。

強盗や麻薬売買で生計を立てる叔父たち。
みんなヘロイン中毒で、
喧嘩を売られりゃ銃を出しにやにや。
警察も結構ヤバめだったけど…

極めつけは祖母。
獣の檻に放り込まれたジョシュアを見守り、子供たちには愛情深い、可愛いおばあちゃん。しかし一旦家族がピンチとなれば手段は選ばない百戦錬磨のばあさん。ばあさんながらも、不気味さと怖さがあって、気持ち悪さと迫力を感じる怪演。

この祖母を演じるジャッキー・ウィーヴァーと、物憂げなジョシュア役のジェームズ・フレッシュヴィルの演技が見どころだったなぁ。
ジョシュアが良い。寡黙でバカじゃない。この子は小さい頃から大人の顔色見て育って、きっとお母さんに優しかったんだろうなと勝手に想像しちゃう感じ。好きです。

華やかさはないけれど、ジョシュア目線で犯罪一家の内側を切り取り、リアリティのある、目が離せない良質なクライムサスペンスでした。

『ブレイキングバッド』と
『サンズオブアナーキー』を思い出した。

2021-57

ネタバレ感想はコメント欄で。
そもそも警察がヤバいよな。ラストシーン、彼は、ニコルを愛していたんだなあ。
オーストラリア映画で、タランティーノが高く評価していたらしい。実在する犯罪者一家を題材にしている。

淡々と進んでいくのだが、不穏で重い空気が全体を貫いている。

主人公の高校生の最後の決断が素晴らしかった。あれがなかったら不愉快なまま終わっていた。

子育てはなるべく良い環境で行いましょう。
パパ

パパの感想・評価

3.5
母親を失なった少年が、疎遠だった犯罪者集団の祖母一家に引き取られることになり平穏な生活からかけ離れていく犯罪ドラマ。

主人公は母親が隣で死んでるのにTVが気になって見続けてるような無感情な17歳。
周りに流されて徐々に居場所を失っていく。

薄々気付いてたけど動物関係ない(´・ω・`)

淡々と進行していく狂気の日常が演技の上手さもあって妙にリアル。
と思ったら実話に基づいていたのね。オーストラリア恐るべし。


ところで伊豆に同名の動物園があるんですけど、小型犬なら連れて園内入れる(ドッグランまである)のですごく好き。

なんとか日帰りでいける距離なので去年までは毎年行ってました。

海と山に囲まれて空気も景色も良いし、小銭で買える餌使えばキリン触れるし(結構舌が長いよ)、ご飯食べながらカッコいいホワイトタイガー見れるのも良い。

観覧車まで犬一緒に乗れるけど犬と私は高いところ苦手なのでそこはノーサンキューです。

子供がエンドレスで遊びだすので遊園地ゾーンの料金がもう少し安ければスコア+1します。
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
矛盾だらけでも、自分の懐に飛び込んだ者、最後に勝ち残った者だけを抱きしめる…こりゃ人間の性じゃないね。ギャング一家の“グランマ”の姿はまさに野獣そのものだ。静かに恐ろしい。唯一、共感できる少年の心が、期待通りに解決する結末で安堵。でも細部をもう少し丁寧に見せて欲しい。それも難しい場面を観客の想像に任せるのはどうなのかなぁ…。映画通好みの作品なんだろうね。
ママン

ママンの感想・評価

3.0
記録

あ〰️😓💦全然覚えてない💨

映画館で観たはずなのに‼️

この当時『イノセントガーデン』とか、そういう系の流行ってたな〜🤔
>|