「シンドバッド 七回目の航海」に投稿された感想・評価

anya
2.8
レイハリーハウゼン
自分が子供の頃は良くテレビ放映していたし、たまに新作の公開もしていた『シンドバッド』映画。

ハリーハウゼンのクレイアニメーションが最大の目玉のこのシリーズ。本作でも沢山観せてくれる。
このシリーズは、それさえ見られれば良いのだ!
a
-
ハリーハウゼン
MA2
3.0
2017-272
hiroki
-
魔法使いソクラがアレイスター・クロウリーにソックリ
のん
3.3

これ、同じタイトルで二作登録されてるんだけど違いあるのかな?

ともあれ、昔テレビで断片的に観ただけだった、特撮の父(と呼ばれてるらしい)ハリーハウゼン1958年の作品。

シンドバットとアラビアンナイトなストーリーで、昔の男の子が好きそう。
みどころはやはりストップモーション・アニメで動く幻想の生物たち。
そして、美女。
バグダッドの王子シンドバッドは魔法使いに小さくされてしまった婚約者のパリサ姫を救うためにひとつ目の巨人が居る孤島に向かいます。そこで魔法のランプを手に入れて…ってお話です。巨人の出現の仕方や魔法使いが遣っている番犬ならぬ番怪獣?の動きに所々ドキッとさせられて楽しかった!特にシンドバッドが骸骨と戦う場面はストップモーションアニメと実写の合成が見事でとても見ごたえがあります。パリサ姫も守られてばかりの姫ではなくランプの精との交渉など体が小さくても役立とうと努力している姿が良かった!。特撮海洋冒険物の傑作です!
Me
3.6
映像がすごいこの時代でこんなことできちゃうって凄い。すごくワクワクしながら見れる
たつや
3.5
大昔に見たので記録。
「特撮の神様」レイ・ハリーハウゼンのストップモーションアニメーションによるイマジネーション溢れる世界観が良かった。
>|