チャイナ・シンドロームの作品情報・感想・評価

「チャイナ・シンドローム」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

3.6
原発の安全性を問う姿勢は現在のあちこちで漏れたり地震でひびが入ったとか停止したとか状況を予見している。地球の裏まで穴が開くぞ。
……振動を感じる!


ジェームズ・ブリッジス監督 1979年製作
主演ジェーン・フォンダ、ジャック・レモン


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
本日10月26日は「原子力の日」です。そして、同時に「反原発デー」でもあります!

1956年10月26日に、日本は国連の専門機関、国際原子力機関(IAEA)に参加
1963年10月26日には茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉が日本で初めて原子力発電に成功する
など原子力に関する様々な出来事を記念して、なんと閣議決定によって制定された日です。

だからこそ、この日は反原発の日「反原発デー」にもなっているんですね!


そんな日に観るべき映画と言えば、これでしょう!
「チャイナ・シンドローム」( •̀ω•́ )و✧
公開当時は観ていません。
当時、高校生の娯楽人間には良さは分かりません( ¯−¯ )フッ
今はズシッと来ますよね( ˘ ˘ )ウンウン


もう、日本人なら誰しも福島第一原発を思い出します。
でも、この映画、1979年の製作です。まだ原発の安全神話がまことしやかに語られていた頃、この映画を撮った先見の明は凄い!
そして、映画が公開された1979年3月16日のわずか12日後、スリーマイル島原子力発電所で本当に事故が起こるんですよね。これって神のいたずらか?


偶然、原子力発電所の事故に遭遇したジャーナリストにジェーン・フォンダとマイケル・ダグラス。
事故の可能性に気づき、何とか回避しようと奔走する原発の技師にジャック・レモンが扮します。特に、このジャック・レモンの演技が素晴らしかった( ˘ ˘ )ウンウン
ジャック・レモン好きの僕なので、嬉しかったですね。


古い作品ですが、なかなかのサスペンス映画です。今、撮るとド派手な作品になりそうですが、社会派な作品はこのくらいがいいのよね。
原子力の日に観るには皮肉も効いてピッタリ!
せっ

せっの感想・評価

4.0
これと同じようなことが日本で起こるとは。
原発事故の内部告発の話で、運営側が事故を隠そうとするところとか福島原発を思い出したなぁ。
.
劇中で何度も原発のおかげで電力を供給してるのにとかそういう話が出てきたけど、死ぬぐらいなら電気ない方がましだよ?と思ったね。
.
とにかく40年ぐらい前の映画だから証拠資料が紙だったり、情報を流すのに何がなんでもテレビでという感じだったけど今だったらデータで送っちゃえば早いし、ネットで拡散した方が早いよね?(笑).
.
そして、ついにテレビで放送したのに話が専門的すぎるのと緊張で何言ってるか分からなかったのは、放送前に時間あったんだから練習しとけよと思ったよ。
.
あとドアもちゃんと開けられないか見張っとけ!!.
犬

犬の感想・評価

3.7
振動

テレビ局の女性キャスターが、原子力発電所を取材中に原子炉事故を目撃したことを発端とする、明日にも起こりうる悪夢を描くサスペンスアクション

隠蔽

原発について

なかなかの社会派でした

終始重たい雰囲気
若干、難しい感じもあり

ラストはスゴい展開に
終わり方も

身の危険を感じる
悪い輩っていますね

報道のあり方も問われる

ジャック・レモンが印象的でした
sachi

sachiの感想・評価

3.5
授業で。
原子力発電所での事故を目のあたりにした記者、真実を知らせるべきか
Sai

Saiの感想・評価

3.5
原発事故を題材とした社会派サスペンス。3人の豪華キャストが見もの。70年代の映画ながら今見ても面白い。
もう40年前になるんだねこの作品。
でも現代のテーマといっても遜色ない内容
今時の映画を見慣れた人には、音楽が入らない、ドキュメントタッチの撮り方には多少違和感がはあるかもしれないが、こういう映画も見てほしい。
ジェーンフォンダは社会派テーマにしっくりいくしジャックレモンが喜劇俳優つてことも忘れてしまいそう。
nico

nicoの感想・評価

4.0
チャイナシンドロームの意味を初めて知った。
面白かった!所々に緊迫感があり、ハラハラした。ジャックレモン素晴らしい。
meg

megの感想・評価

5.0
原発事故が主題。事故を公表したい野心的なキャスターとそれに反対する上司、隠蔽体質な原発、それらの間で揺れ動く技師と複雑な構造だが、よく練られている。3.11一連の出来事を髣髴させる。日本では絶対に作れない作品だろう。これは30年以上前に公開された作品にも関わらず、3.11の時の日本はあの有様だ。賢くならなければとつくづく感じる。またジャック・レモンの演技が素晴らしい。『摩天楼を夢みて』や『JFK』同様、彼は板挟みになって苦しむ役がぴったり。誰しも1回は観てほしい。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.5
社会派サスペンス。
原子力発電所を再稼働させる日本人に広く見てほしい。
原子力に警鐘を鳴らす発電所の社員、原子力は危なくないと煽る発電所役員、テレビ局。この役員やテレビ局には、なにか繋がりがあるとしか思えないよね。

原子力発電の安全利用には限界があるし、危険もある。それを踏まえて納得するなら使えば良いし、不安なら辞めれば良い。
正確な情報なしに決断はできない。
その情報を不当に流させない圧力を見るに、利権が絡んでるよね、これは。
日本ももちろん、そうなんだろうね。
>|