刑事物語2 りんごの詩の作品情報・感想・評価・動画配信

『刑事物語2 りんごの詩』に投稿された感想・評価

まぁ…やっぱり一作目ほどって感じですかね?
それにしても、良く裸のお姉さんが出て来ますね。
k82

k82の感想・評価

-
酒井和歌子が綺麗・美人
演技がうまい!
拓郎の歌もいい。
タモリ一義は笑笑
あっさりみれる。
つよ

つよの感想・評価

4.0
青森で刑事やってる武田鉄矢。
北海道の事件の手がかりがリンゴの種で調べることに。
研究所の女の子とも良い感じに。
いじめられてる男の子との特訓や。
ハンガーヌンチャク面白かった。「ちがーう!」は笑った。
面白いシリーズものに出会ってしまった。
カカオ

カカオの感想・評価

3.5
武田鉄矢主演の刑事ドラマ第2弾

強くて弱い悲しいヒーロー
舞台は変わって青森県弘前市へ
















プラスチックのハンガーは簡単に折れる。

「ちがーう!木のやつーーっ!」
これは名場面だ。
この場面は覚えていた。





武田鉄矢が子どもを突き放す場面、今となっては演出内容が問題視されるかもしれないが、強く生きなければならないことを教える大事な場面。思わず涙がホロリと流れました。

子どもが母親を逮捕しようする刑事から守る行動に対して容赦なく受けてたつ。


悲しい結末ですが、いい脚本でした。
次作に繋がる転勤の演出もグッドです。




それはそうと、
武田鉄矢は短い足でずんぐりむっくりなのに、片手の腕立て伏せや足がしっかりと上がる蹴り技は見事です。
私の界隈で人気の『りんごの詩』、初めて観ましたが、ストーリーも蟷螂拳もハンガーヌンチャクも吉田拓郎の主題歌も全て合わさって突き刺さった!
「男は強くなければ、大好きな人はみんな遠くへ行ってしまうんだぞ!」
XXXXX

XXXXXの感想・評価

3.8
光芒一閃!武田鉄矢ここにあり!!
武田鉄矢の刑事物語シリーズ第二弾!

■物語

弘前市に異動になった片山刑事。現金輸送車強奪事件の捜査の為、手掛かりとなるりんごの種を調べる。りんごの研究者の忍と恋仲になるも、忍が研究所襲撃した犯人に殺されてしまう。片山刑事は復讐に燃える!

■我も人なり彼も人なり!

第一作目より物語が、かなり雑になっちゃったかも。りんご研究員の純情な女性とのラブストーリーも、食事に誘ってからの鬼の様な高速展開!「おらを見て。私の全てを見てほしいの。」と唐突に全裸になる女性!

しかし、武田鉄矢のベッドシーンは見たくないと、前作でクレームがあったのか、鉄矢のベッドシーンやキスシーン一切無し!!爆笑 
泣くな!鉄矢!(泣いてない😊

■俺たちは腐ったミカンじゃねえ!

もちろんドスケベな鉄矢は、鑑識の違法ビニ本をパクろうとしたり、パイ乙丸出しのレイ▲シーンを執拗に映画にぶっ込んできます。
めちゃアダルティなのに、よくゴールデンタイムに放送出来たな...💦

そして、若き日のタモリが唐突にゲスト出演!!オカルト居酒屋の店主です。はにわ定食とは...?

いじめられっ子の少年たけしと、仲良くなる。彼はお母さんの2人暮らしで、片山刑事と交流を深めていく。片山刑事はお母さんとまんざらでもない仲に。あれ?今さっき最愛の恋人死ななかったっけ...?🤔

■人と言う字は〜

そして、真の悪との対決!
「たけし!ハンガー!」
「ちがーう!木のやつぅー!」
の名台詞が見られます!

結構哀しいラストでした。昭和の刑事ドラマは辛い結末が多いですね。
鉄矢は、今作で短足へなちょこカンフーを披露!
さらに、問答無用でロッキーをパクる!
ジャッキーやスタローンへの対抗心をメラメラに燃やしてます。いやー武田鉄矢甘く見てたね!金八先生のイメージしかないけど、鉄矢ガーエー面白い!!

■僕は死にましぇーん!!

とにかく粘着質でしぶとい鉄矢は、懲りずに第三弾の製作を決意!!片山刑事サドンデスは続く!(飽きたら即終了😊
しょせん続編は続編、ストーリーに無理がありボヤけている。見どころは「これじゃなぁーい!木のヤツ!木のォォー!!」ぐらい。続編ともなると、武田鉄矢の謙虚か卑屈かわからない態度や意味不明な少年とのトレーニングも鼻につきだす。
酒井和歌子や園みどり、金子信雄、倍賞千恵子、三浦洋一、岸辺シローが出演。タモリの出演は福岡つながりか?
tukukake

tukukakeの感想・評価

3.2
片山は青森弘前へ転任。

現金輸送車襲撃事件の現場に落ちたリンゴの種から犯人を追おうというムチャ展開。ヒロインと思われた恋人が死亡!あの片山刑事がせっかく落とした女性なのに…後半真のヒロインと思われる女性の子供と仲良くなり、これは片山刑事モテモテの神回?と思ったが、彼女の家の庭には例のリンゴと思われる花が!

とんでもストーリーはどうかと思われるが、とにかく片山刑事(武田鉄矢)のあり得ない暑さが悲しい。ここまでくると暑苦しさも一周回って違う感情を呼び起こす不思議。
もうひとつの感動ポイントが、2人目のヒロインの子供(たけし)との絆。「たけしーハンガー!いや木じゃないやつぅー」だけじゃない、孤児院での見送りは泣ける。

武田鉄矢って凄い…不思議

亡き妻の話もちょこっと。バランスのいい本作はシリーズで一番のヒット作とか。納得。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.1
刑事物語2作目。今作は青森の弘前が舞台。
銀行襲撃の証拠を探して、現場にあったリンゴの種を培養することとなる。
そこで片山刑事はヒロインその1の試験場の女に出会う。この女優さんはあまり知らない人。
で、例によって片山刑事が恋に落ちる。下手に花とかを贈るが、コレが上手くいき意外にも結ばれる。

でも銀行強盗の集団らしき連中に殺されちゃう。怒る片山。

それとは別に虐められっ子の少年と、喫茶店で働くその母に出会う。ヒロインその2。
この女が酒井和歌子。

虐められっ子にカンフーを教えて、片山は母娘と仲良くなる。
そこに更に強盗団が襲撃。片山がカンフーでやっつける。
実は酒井和歌子演じる母親が犯人一味だとわかり、片山は息子から恨まれるも強くなれと諭す。

今作は正直言って話がボンヤリしてる。ダブルヒロインも話がブレるし、女性の扱いもおざなりで雑に感じる。
犯人だった酒井和歌子との出会いの偶然さも含めて、事件解決への展開もひねりが無い。
何より強盗団がバイクのヘルメットを被る集団で、顔の見えない“その他大勢”に過ぎない無個性なことも問題だ。

やはりストーリーテリングが甘い。
青森だからリンゴをモチーフにしたのも単純過ぎるし、そもそもリンゴが話に上手く絡んでない。

婦女暴行シーンも無駄に多いが、これも物語上、そこまで必然性が無い。
春野原

春野原の感想・評価

3.0
日本映画チャンネルで刑事物語の1と連続でやってたので視聴。1は好きでうるっときたけど、こっちはダブルヒロインだったので微妙。どちらも幸せになってないし…。子供も含めて辛すぎる展開。もっとライトだつたら楽しめたかも。重いよシリアスすぎるよ!
ジャッキー位だったらよかった…。
女性の不幸をヒーローの経歴や飾りにするなー。わーん。
微妙にノリが違うと思ったら前作と監督さんが違うのか…。
>|

あなたにおすすめの記事