札つき女の作品情報・感想・評価

札つき女1937年製作の映画)

MARKED WOMAN

製作国:

上映時間:99分

3.6

「札つき女」に投稿された感想・評価

邦題が凄いこの作品はNYが舞台。ギャングが町のナイトクラブを乗っ取り、隠し部屋で賭博や過剰なサービスをホステスたちに強要し、恐怖の支配をする。不渡手形を賭博の支払いに使った男が殺され、検事がギャングの一味を法廷で裁こうとするが、悪徳弁護士の力もあり、鍵を握る女が嘘の証言をする…。このギャングのボスのエドワード・チアネーリがクールな悪い奴で、ストーリーを複雑にしてくれます(笑)。

舞台劇やミュージカル畠出身のロイド・ベーコンが監督、正義感溢れる検事にハンフリー・ボガート、鼻っ柱の強いホステス役で演技派ベティ・デイヴィスが共演。実在のギャング、検事をモデルにしたフィルム・ノワールです。
YAZ

YAZの感想・評価

3.4
クラブの悪徳経営者とホステスの戦い。
男性的な暴力に対抗する女性の自立とも。
裁判に持ち込み、ボギーが判事。
今回は完全に女性たちに持ってかれて
あまり見せ場もなく。

80年前の女性映画
5人並んで裁判所を後にする姿は颯爽と
切身

切身の感想・評価

3.8
展開は読めたが面白かった。
昔よくある裁判モノ。
5人の女それぞれ美しい。

最後なぁ〜やっぱり簡単にくっつかないところが札付き女。