炎のジプシー・ブラス 地図にない村からの作品情報・感想・評価

『炎のジプシー・ブラス 地図にない村から』に投稿された感想・評価

mh

mhの感想・評価

-

世界で成功したルーマニアのロマバンドについてのドキュメンタリー。
この映画はバンドの宣伝ツールにもなってる。作中にも登場するマネージメントしてるドイツ人が抜け目ない。
ホーンばかりで、そのホーン隊が…

>>続きを読む

DVDで鑑賞。

【 ルーマニアにある小さなジプシーの村で結成されたブラスバンド「ファンファーレ・チョカリーア (ヒバリのファンファーレ)」の活動を映す。ヒバリたちは今や世界の人気者。日本にも来ちゃ…

>>続きを読む
ゆう

ゆうの感想・評価

-

生活の一部に音楽が溶け込んでる
ロマ音楽を聴くと心が躍り体が動く
なんて穏やかでハッピーなドキュメンタリー!
あんず

あんずの感想・評価

3.9

~過去鑑賞作品を探してみようシリーズ~

荒削りだけど、心にストレートに響く強い音色。音楽は世界の共通言語だなと改めて感じた。上映後、ファンファーレ・チォカーリアのミニライブがあり、ド迫力で一緒に踊…

>>続きを読む
や

やの感想・評価

4.0
バルカンブラス好きすぎて頭おかしくなりそう。
ファンファーレチォカリーラが渋谷駅前で路上演奏してジプシーの女性が日本人のおじいさんの手を取って踊らせるシーン最高すぎて涙出た。宇宙
ラストに来日シーンがあるのだが、ドクトル梅津がアルト吹いてる。アンダーグラウンドで使われた曲ずっとやってるわ。

人生の闇鍋

トニー・ガトリフ作品ではおなじみの、ロマ音楽。古くはインドやオスマン帝国から中欧の地に流れついた彼らの音色には、曰く言いがたい情緒があり、この手の音楽が鳴り出すと、胸騒ぎが止まりません…

>>続きを読む
void

voidの感想・評価

3.8

ルーマニアの地図にも乗ってない村、ゼチェ・プラジーニ。そこで生まれたおっさんジプシー・ブラス、ファンファーレ・チォカリーアのドキュメンタリー。おっさんたちはプロの演奏家ではないけど熱量はハンパない。…

>>続きを読む
akimi

akimiの感想・評価

-

ルーマニアと旧ソ連との国境近くにある寒村から、ひとつのブラス・グループが見出され、果てはワールド・ツアーまで行なうようになる姿をちょっとファンタジー的フィクション描写を上手く挟み込みながら映し出した…

>>続きを読む
この映画を観ると
日本って芸術に対する寛容さとかが乏しい気がして
少し寂しくなる
あの渋谷のシーンね
まぁ、真面目に仕事をしているだけともいえるけども…
>|

あなたにおすすめの記事