新仁義なき戦い 組長の首の作品情報・感想・評価

新仁義なき戦い 組長の首1975年製作の映画)

製作国:

上映時間:94分

3.6

「新仁義なき戦い 組長の首」に投稿された感想・評価

RYO

RYOの感想・評価

3.7
こんなの劇場で観た日には、しばらくその気になるのがわかります。
女優さん素敵でした。
おかつ

おかつの感想・評価

4.0
深作欣二が成田三樹夫が亡くなった時、コメントを出していた。
仕事には本当に真面目に打ち込む人だったとコメントしつつ
「ラブシーンだけは嫌いでね、嫌いなだけ下手くそでね…」と感慨深そうにコメント。
そう…ミッキーのラブシーンは…かなり……不思議なのです……。なんか。

そんなミッキーのラブシーンが、しかも深作欣二が監督した映画で見られる。それが新仁義なき戦い組長の首。

見るしかない。
テイストが変わった感じがするが、これはこれで面白い!
成田三樹夫がめちゃくちゃかっこいい。
そして梶芽衣子、ひし美ゆり子と女性陣が素敵すぎる。
今作は九州が舞台。
成田三樹夫多めで嬉しかった。
ギター弾き語りとかシリーズの今までにないタイプのクサイ感じが良かった。
bigrig7000

bigrig7000の感想・評価

3.5
旧仁義なき戦い5部作と、前作の新仁義なき戦いは元になってる実話があったが
今作は完全なフィクション。
仁義なき戦いシリーズでは、嫌な役目押し付けられたり
損な役回りばっかりの菅原文太だが今作はやけに狡猾。
最後ちゃっかり組の幹部になってるし。
あと下がりボンボンと言われたひし美ゆり子が超エロい。
raga

ragaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズの中で魅力あるキャラが乏しいのが残念。渡瀬恒彦いつ活躍するねん、と最後の最後でようやく活躍するも時すでに遅し。撮影・美術はめちゃカッコイイ、超クーーール!(タランティーノ調)
otom

otomの感想・評価

3.8
もはや実録物でもなんでもない仁義なき戦い。舞台は北九州、据膳喰わない菅原文太は渡世人からのスタート。今まで小林稔侍筆頭にエキストラ級だった役者がクラスアップしている印象。金子信雄が出ない代わりに外道役は成田三樹夫が引き受けている訳だが、これは別に悪くはない。人間じゃない扱いされてるゾンビ状態の山崎努もなかなか。派手なカーチェイスもありで、深く考えなければ娯楽作品として十分に楽しめる一本。
今作も広島弁かと思いきや九州弁でびっくり、しかし変わらずイカした菅原文太でした。前作の方が好みだがとても楽しめた。娼婦の、男はみんな長生きしたい、のセリフがめちゃくちゃカッコいい。身体を重ねた男は死ぬと言われているだけあって男を知り尽くしていた。エロい。
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
野良犬ブンタァ!梶芽衣子様ぁ!
成田三樹夫ちょっと好きだから今回嬉しかった。 家出して小林旭名乗る青年笑う
流れ者には流れ者の意地、野良犬には野良犬の意地、はみ出たところから組織をひっくり返す意地。
>|