誕生日はもう来ないの作品情報・感想・評価

「誕生日はもう来ない」に投稿された感想・評価

Kent

Kentの感想・評価

3.7
これぞB級スプラッタ。最高です。
オチがあまりにも有名で本編はみてないけどオチは知ってる人が多い。

誕生会のシーン、映像美。最高です。
tukino

tukinoの感想・評価

2.9
殺人鬼に襲われ逃げると思いきや近くでうろうろよたよたよちよち。その場で立ち止り泣き喚く優等生グループ"トップテン"のメンバー様が華麗に殺され幕を開ける今作品。
おバカティーンホラーは好物なので本編中はそれなりに楽しく観れたのは唯一の救いだか、あまりの不貞ぷりには苦笑い。貞操観念がここまで無い登場人物も珍しい気がする。ラストは奇をてらったのか監督の暴走っぷりにお口あんぐり。
シシカバブの食べさせ方が酷過ぎて笑う。
Junko

Junkoの感想・評価

3.6
オチが凄い!(色んな意味で)
と評判だったので観賞。
優等生グループ達が次々と殺され…という王道ホラーストーリー。

犯人は中盤辺りで顔も映るし、
伏線はあのシーンとあのシーンか
まあ、そうなる気持ちも分かるな…から
はああああああああああああああ?!となり、それもありはありと思っていたら
はあああああああ?!?!となりました(笑)
こんなオチはズルです(笑)

Happy Birthday to meシーンは最高!!
Kei

Keiの感想・評価

3.0
お誕生日の暗い映画観たいなぁ〜と思い辿り着いてしまったB級ホラー映画 意味分からねえ上にバージニアも幻覚持ちだから更に意味分からねえ

原題のDVDパッケージ?にもなっているスティーブくんが好みです

オチもよく分からないけど映像としてギャーッ!!!!!ってなるところはあるし、「HAPPY BIRTHDAY TO ME〜♪」のシーンは怖かった

エンディング曲、暗くて良かった
TAKA

TAKAの感想・評価

3.6
DVDにて鑑賞
80年代に量産されたスラッシャー映画の中の一本で ラストのオチのせいでホラーファンにはそこそこ有名な作品。DVD購入後放置していたが、本日初見。ラストを予想して きっと○○オチだと思ってたら 全然違ってて、確かに考えればおバカなラストではあるし、途中なんの伏線もないが、それでも好きだな~これ。 きっと制作者はとにかく観客を驚かせたかった それが全く意味不明でも(笑。 この監督 職人監督と云われていただけあって 飽きさせず話しを進めるのが上手い。殺しのバージョンも多彩だし、ラストの誕生会の絵柄は拍手もの!やっぱ80年代ホラーはいいですねー。
主人公のバージニアが記憶喪失と幻覚症状を起こしていることから、全体的にちぐはぐで分かりにくい印象を受ける。

もちろんこれは演出なのだろうが、スラッシャーホラーにしてはわりと長めの尺といい、優等生グループたちの関係性の分かりにくさといい、冒頭からの掴みは最悪であった。

しかし、本作はスゴいというかとんでもないオチが待ち受けているヤバいスラッシャーホラーなのであった。思わず画面に向かって「あ”あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」と叫んでしまった、とにかくめちゃくちゃな作品。ある意味映画史に残るエンディングである。

☆ジャック・ブラム演じるアルフレッド君のダサかわいさにワイの心は常に胸キュンでしたゾ。

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーン見たいがために鑑賞。
オチは置いといて、やはりあの誕生日会のシーンだけでもかなり評価出来る。屍体の腐り具合にこだわりがあって、死んだ順に腐敗が進んでるのが良い。
この手のホラーにしては少し長尺すぎる気もするけど全体的には予想以上に面白かった。
しかし親友のアンが真犯人という無理矢理な展開にするくらいならいっそ実は双子だったとかサイコパスというありきたりなオチの方が良かった気も…
ワン

ワンの感想・評価

3.0
名門私立高校の優等生グループ“トップテン”のメンバーが次々と殺されていくホラー映画。

優等生と言いつつ馬鹿ばかり。いたずらのレベルも低いです。ヒロインは“トップテン”の中でも地味なヴァージニア(メリッサ・スー・アンダーソン)。彼女は4年前の事故で脳に損傷を受けたせいで記憶をなくし、たびたび幻覚をみるのでした。

中盤からは犯人の顔もはっきりと映るのでああやっぱりコイツか…と思ったらとんでもないオチが待っていました。すぐには理解できません。

「ハッピバースデートゥーミー」の誕生日のシーンのインパクトは強烈でした。
漆原

漆原の感想・評価

2.8
特別短い訳でもない上映時間をしっかり集中して見ていたのに、ラストで何段階にもわたって裏切られてボコボコにされて捨てられた気分に陥った。
ダメな推理小説によくある「そんなん観客側には予測不可能だろ」という犯人や動機だった時と同じ。
でもB級らしいし、殺し方はバリエーションに富んでいて底抜けに悪い訳ではなかった。でもラストはほんと酷くてしばらく立ち直れそうもない。
abdm

abdmの感想・評価

4.0
一年間寝ずにドミノタワーを作っていたが、ラスト一個のところで他のを倒してしまいあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁってなる時のヤッチマッタ気分を喰らうラストのオチには開いた口が塞がらないが、それまでのサスペンス演出や殺し方、ラストのシュールなビジュアルには文句なし、どころかかなり楽しめた!

あ、ストーリーはイチャイチャしたり一人で森にいたりすると殺人鬼にぶっ殺されるという単純明快です。
>|