バーニングの作品情報・感想・評価

「バーニング」に投稿された感想・評価

Albert

Albertの感想・評価

2.5
13日の金曜日まんまだがつまらなくはない。だけどわざわざ観たいとは思えない
おな

おなの感想・評価

3.3
キャンプものスラッシャーのお手本のような作品だが美術にトムサヴィーニ使ってるならもう少しクロプシーのビジュアルを見せてもよかった。精神的にもそれほどフリークを感じない
『13日の金曜日』を意識したようなホラー映画です。

序盤から「これは怖そうだ」と思わせてくれたのですが、そのあとはかなり退屈に感じてしまいました。

キャンプのメンバーがワイワイガヤガヤイチャイチャしているだけのシーンが長い。
ジェイソン風紀委員ならもう襲ってくれるのに…。
そんなことを思いながら見てしまいました。(笑)

スプラッタ描写はエグかったです。
tddeniro

tddeniroの感想・評価

3.8
BGMがこの年代のホラー映画に良くある雰囲気。やはりエネルギー感じる。遊星からの物体Xに似たような音楽。最高。さっきまで子供達が死んでいたイカダに普通に乗ってるシーンがチープさ全開。
鴉

鴉の感想・評価

-
80年代に流行した青春ホラー。前年製作の『13日の金曜日』の影響を強く受けている。
青春ホラーらしくエロがつきものなのだが、製作に名を連ねるワインスタインの所為で穿った見方をしてしまう。映画が現実に影響を与えるように、現実も映画に影響を与えるのだ。
ミッコ

ミッコの感想・評価

3.0
最初の殺人の意味を測りかねる以外はよくあるスラッシャー映画。殺人鬼視点のカメラワークは否応なしにクライマックスの盛り上がりを期待させられる。ワンパターンな殺しではあるが、来そうで来ない演出は緊張感を煽られとても良い。しかし園芸バサミの良さを生かしきれないうえに思考がぶれて武器を持ち代える失態はかなり痛い。ビジュアルメインの殺人鬼なら武器は1つに絞った方が無難。
だーま

だーまの感想・評価

3.5

前に観たけど、ほぼ記憶にない為、鑑賞。

明らかなる『13日の金曜日』の亜流。
スラッシャー映画が当時流行って、
似たようなのが出来るのは良いが、
キャンプ場設定まで同じとはすごい。

それもこれも師・ジェイソンの
カリスマ性ゆえなのだから仕方ない。

殺人鬼はみんなから嫌われてた設定。
SEXしたら殺される。
この辺は、まぁ同じ。

でも、ここに出てくる女は
貞操観念がしっかりしていて、
勿体ぶった上に焦らして、
「まだダメよ」とか言うのだ。

たしか13金なら即効でヤッて
即効で殺された気がする。

さすがにマスクを被りだすと、
本格的にパクリになるので、
クロプシーもそこはオリジナリティを
出したかったのだろう。
ストーリーラインはよくあるティーンホラーだけど、殺しがジャーロみたいだ
カッコいい殺人も浮かれるガキもオッパイも見れるんだからいい映画だよな
思ってた以上に丁寧に作られてた。話も分かりやすい、そこそこ面白い、音楽良し。ただ、顔がカッコ悪い。メラゴーストみたいな顔してた。
キャンプ場でキャッキャしてる若者をぶっ殺す!

子ども達の軽い仕返しのつもり、がまさかの事態となり全身火傷を負わされた男。復讐の鬼と化してキャンプ場に舞い戻る。
枝切りハサミが武器✂️
ーーーーーーーーーーーーーーー
前半来そうで来ないっていう演出はあるあるなんだけどこの繰り返しが段々とツボに(^^)
殺しのシーンは当時観てたら怖かったと思う。喉に刺すとか良かった。
出し惜しみした顔はクライマックスで(だろうねって感じの顔)

いじめっ子に対して強気なデイヴ…何か観たことある…あぁープリティーウーマン出てた

ハサミと言ったらクロックタワーが怖かったなぁ(ゲーム)
2018 10 スターチャンネル
>|