マタンゴの作品情報・感想・評価

マタンゴ1963年製作の映画)

THE ATTACK OF THE MUSHROOM PEOPLE

製作国:

上映時間:89分

ジャンル:

3.5

「マタンゴ」に投稿された感想・評価

marumame

marumameの感想・評価

2.6
マタンゴ!マタンゴ!マタンゴ!
ラストシーンで絶望感!
おまえも食っときゃよかったじゃん!!
東宝特撮の奇怪な部分の集大成だと思う。サイケの影響強いマタンゴのデザイン、ストーリーも好き。カルト映画の分類で、映画通語るエセサブカル野郎に名前だけ浸透しちゃったのがすご嫌だけど。
hoshika

hoshikaの感想・評価

-
本多猪四郎の入り口、マタンゴ、、
ゴジラ攻めよ
dodo

dodoの感想・評価

5.0
好きやわぁ。
ワクワクするわぁ。
キノコ人間は、欲深く、醜い人間の成れの果て!!
けれど、どうだろう?それならば、みんな半分キノコ人間じゃなかろうか。
などと考えながら味噌汁の椎茸を食すわたし。
1993年4月18日、鑑賞。

舟で無人島にたどり着いた男女が、食欲と性欲に蝕まれたような人間となるが、介在しているのがマタンゴというキノコ。
マタンゴを食べるとマタンゴになってしまうが、その欲望に負けてしまう人間たち。
人間の本性をさらけ出したような特撮映画。

マタンゴを食べる欲望に屈する人間の姿が哀しい。

マタンゴの造形も、その独特の醜さが、人間の醜さを表しているようにも思える。

異色な特撮映画であり、スプラッタではないものの、ホラー映画風である。
筋肉少女帯から。
円谷さんだからかな…完全体きのこ人間の笑い声がほぼバルタン星人だった。変身途上のやつもっとみたかった。
バキバキ金欠やからマタンゴ食うてまうわ。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.4
「マタンゴ」
昭和38年最高の時代だ。東宝特撮映画の本作はヨットが嵐に会い辿り着いた島で起きる怪奇な出来事を描く作品で夢か現実か…はたまた幻想か?食料が尽き禁断のキノコを口にし人間が変身してしまう当時も今でも人気のテーマ性に気合の入った設備投資、演出、音楽が最高の恐怖生物映画だ…。
子供の頃にVHSで視聴。あの頃はまだ沢山レンタルビデオ屋があったなぁ。
りんこ

りんこの感想・評価

2.5
「おいしいでしょ。……それ食べてっといつかきのこになんのよ」

ふざけんな!!!!!

思わず叫んだわwww
>|