マタンゴの作品情報・感想・評価

マタンゴ1963年製作の映画)

THE ATTACK OF THE MUSHROOM PEOPLE

製作国:

上映時間:89分

3.5

「マタンゴ」に投稿された感想・評価

ほし

ほしの感想・評価

3.5
教授「女子学生に先生と呼ばれるたびに八代美紀が先生…と言ってるのを思い出して怖くなるんですけれども」
大吉

大吉の感想・評価

3.0
キノコ人間気持ち悪すぎる🍄
古ーい映画が観たかったから、なかなか満足はした。

このレビューはネタバレを含みます

・海で遭難して7人がたどり着いた島はキノコが大量発生していた
・キノコ人間が登場する怪奇ホラーものだが中心は極限状態におかれた人々のおかしくなる様子を丁寧に追った心理サスペンス
・教授が言った「あいつら半分キノコだ」のパンチライン
・無人島生活のサバイバルアクションでもあり、キノコを食べてトリップする一種のドラッグムービーでもある
・カビだらけの無人船の美術いいね
・気の強い女性の役の喋り方がゆりあんレトリィバァのモノマネする「昭和の女優」そっくり
和気あいあいとヨットでの旅行を楽しむ若者たち。だが突然の嵐で謎の無人島に漂着してしまう。極限状態によって精神的に疲弊していく中彼らが見たものとは…!

食べたらキノコ人間になってしまう特撮ホラーということは知っていたが次第に理性が崩壊していく登場人物たちに重点が当てられていてドラマとしても面白かった。
仕方ないんだけど何もかも古い、ということを考慮して。
パニックホラー。子供が見たらトラウマになりそうではある。
話の入りと終わりがとても良かった。好み。
今86歳になる母親にせがんで映画館で観た。映画の内容より母親のものすごーくイヤな顔つきの方が脳裏に焼き付いています。
東宝SFでもカルト作として名高い『マタンゴ』を久しぶりに鑑賞。
突っ込み所も多い本作であるが、人間の醜い本性を表現している所は大いに評価出来るのでは?と思う。
初見時は、キノコを食べると男はマタンゴに変身、女は色っぽくなるとばかり思っていたが、キノコを食すると顔の色艶が良くなり笑顔になる。それからキノコに変身して知性を失って行くという事なのだと気が付いた。水野久美の妖艶さが間違いを招いたよ。今回、良く観ると水野久美も腕とかキノコ化し始めていた。
最後のキチガイに扱われる位なら〜の下りも良い締めかと。
子供の頃に観ると間違いなくトラウマになるね(笑)。
和製ゾンビ映画として観てもいいと思う。幽霊映画的な怖さもある。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.5
上司オススメ映画(笑)
1963年の映画なので古い。でも、そこまで古臭くなかった気がする。表紙からB級感漂う。TSUTAYAのホラーの所にあったのでもっと怖いのかと思ったが、意外に人間関係に中心を置いていた。そこら辺はプレデターなどのパニック映画より良かった。音楽も昭和らしいわざとらしい感じで雰囲気が出ていた。ラスト良い。悲しいラブストーリー?的な感じ。(笑)
Iman

Imanの感想・評価

5.0
最初のトラウマ映画。未だに観る気ゼロの凄い映画。つけたくないけど、凄さで満点です。
>|