ある朝スウプはの作品情報・感想・評価

ある朝スウプは2003年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.6

「ある朝スウプは」に投稿された感想・評価

散水夫

散水夫の感想・評価

4.5
基本的に、カメラはアパートの外に出ない。カメラが外に出ることで、二人の亀裂が明確になっていく。
ラストシーンの切なさは、私が見てきた映画の中でもトップクラス。どうにもならない現実と、できるならばわかり合いたいという二人の思いが長回しで捉えられている。空気中に漂うホコリにさえ何の加工もない、純粋な生活感は恐ろしい。
Masa

Masaの感想・評価

3.4
とても危うくて、でも優しくて。
キリキリする作品。。。
純愛。
ふるた

ふるたの感想・評価

3.3
精神病で新興宗教に傾倒しだした彼氏を
説得しようと支える彼女の話し

宗教的幸福 vs 生活的幸福

純愛映画とは言いつつ、
愛は理解を越えられない的な話しかな。

予算3万で作った自主映画らしい。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.8
どんなに一緒にいても、別の人間だから、どうにもできない。
好きだからとか、今までの積み重ねがあるからとか、そんなものも何も意味をもたない。

絶望を思い知らされる作品。でも、この感覚を知らないのと知っているのでは、大きく人との関わり方が変わってくる気がします。

誰かを見つめる時、それはほんのわずかな部分だけなんだということを、忘れずにいたいと思いました。
尽きるけど尽きない
ほんのり希望が香る
息がつまる90分間
miya

miyaの感想・評価

3.5
最後のセリフが響く。
2人のやり取りが長くても観れてしまう。
社会に上手く適応できないで、家に引きこもっている男。そして男を見守る女。心が病んでいる男に新興宗教 が近づき、男は女ではなく、宗教を選択する。人は何によって救われるのだろうか。
かす

かすの感想・評価

5.0
ハッシュ!をみたらなにか
不可能の愛をみたくなり鑑賞
DVDを買うというのは
こういう時に有効なのだな
やはり愛することは可能なのだが
愛されることは不可能
けれどそれは互いの愛の相違があるからこそ
起こる事象であって
Aという愛を証明するにはBの愛がなければならない
AとBの愛の違いを証明する時に
まずAがあるなのではなくAとBが
存在することによりそこに相違が起き
それぞれの存在がなりたつ
不覚にも号泣してしまった
石田

石田の感想・評価

3.2
社会をドロップアウトした人間が宗教に縋るのは悪いことなのか?
パートナーとしてそれを受け入れられなかったら?
一度ヒビの入った関係を修復できる?
邦画特有の湿った空気と会話で進んでいく、気味が悪いほどリアリティに溢れた怪作
ラストシーンの切なさと少しの幸福感にはちょっと憧れるかもしれない
ゲン太

ゲン太の感想・評価

2.5
☆6.5
自主制作なので仕方ないかもしれないが、音が悪くて会話が聞き取りづらいところが多々ある。
そしてだらだらとストーリーが進んでいくので、正直途中で眠くなってしまった。期待してただけに残念。
>|