風たちの午後の作品情報・感想・評価

風たちの午後1980年製作の映画)

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

「風たちの午後」に投稿された感想・評価

去年の今頃に観て。
好きすぎて書けずにいた、
1年越しのレビュー。
.
苦くて儚くて
脆くて透明で、
そして赤黒い作品。
.
この時代の空気を
上手く纏っていて、
撮れたのは奇跡
…なんじゃないかと思ってる。
たまんない、たまんない。
.
デビュー当時の中森明菜に
伊藤つかさテイストの入った
あの娘の、
あの顔もあの顔もあの時の顔も
今でも時折、
目を閉じて反芻させてしまう。
もちろん例の彼女も同様に。
80年代ガールって、
艶っぽくてヤボくて
妙に肝が座っていて素敵。
.
すごく良かった。
この作品に、まだ溺れ続けてる。
mmmman

mmmmanの感想・評価

5.0
揺蕩う彼女の孤独

切ない空気感と、息を飲むほど美しい瞬間

この時代のこの映画にしか出せない狂おしさがある。
純愛なんていう安っぽい言葉では表せない。
決して拭うことのできない一生の重り。
呟き。


アフタートークがおもしろかった。演技や演出にはあまり興味がなくて、光景が撮れたらいいとのことである。「俳優の声がきこてきたらバツなんだよね」。いいんじゃん聞こえても、とは思ったが、こだわりが聞けて嬉しかった。サングラスに帽子、みるからに監督風を吹かせているのに、監督は見えなくてもいいという。だから、みるからに、のアイコンを装うのだと。なるほどそういうことだったのか。この映画、3割くらい聞き取れない。ぽつぽつ、ぼそぼそとしゃべる。その上、上映は船の上である。なんと、上映前のチェックで音量をぎりぎりまでさげていた。目を瞑っても話のわかる映画が多くなっていて、映画の可能性を探したかったと当時を語る。音量を下げれば、みんなちゃんと見るんじゃないかって。たしかに集中してみた。それに途中から聞き取れなくてもいいなと思っていた。聞き取れなくても大体予想つくとか、聞き取れないことを諦めるとか、そういうことではなくて、なにやら耳にごそごそと入ってきているという状態に満たされていた。その呟きのほとんどが届くまえに消えてしまった不思議な光景に、見入っていた。それは微かな風のように。
消えてしまった。
きき

ききの感想・評価

4.0
「少女A」のときの中森明菜にかなり似ている、夏子役の綾せつこさんがいろいろすごい。たたずまいや視線で、いろんなものを豊かに的確に訴えてくる。ストーカーとかLGBTとかメンヘラとかそういう単語がまだ存在していなかった40年前にこの映画を撮ったことはほんとうにすごい。おそろしい。
たしかにつぶやきが多くて、わりとだいじなシーンのセリフがききとれなかったりもしたけど、つぶやきって本来そういうものなのかもしれないし。愛が動機ならやっちゃいけないことは何一つない、って一瞬うっとりするけど、いや私はこれされたらけっこういやだよ!とおもうところはけっこうあった。
玲

玲の感想・評価

-
セリフ言ってるのがわからなかったところも多々あったけれどあの人たちの間だけにあるものだから介入せずその光景を見つめることのやさしさ、揺れるカメラもボケるピントも見つめすぎないやさしさ、それこそ映像でしか産めないもの、目をつぶっててもわかるような映画じゃないからこそ目をこらせること メモ 海に浮かぶ映画館 監督本人もとてもいい人そうだったしお話聞いて安心したー
さつき

さつきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

美津を想う一心でやがてどんどん歪んだ行動に。
憎い男の子供を身ごもり一度は堕ろそうとするが、子供を産めない美津へのプレゼントとして自分が産んでその子供を捧げるという狂気の愛😅
sota

sotaの感想・評価

4.6
愛が理由でしてはいけないこととは?
夏子の行動なんて理解できない。
そもそもそんな理解なんて無意味。
だって人間とはそもそも複雑で
ひとつひとつの行動に説明なんてできない。
なんでそんなことするのって思っても
だってそれは愛だから、としか言えないのでは。

ゲイライツなんて意識や、ストーカーという言葉すら恐らくほとんど存在しなかった時代。
してはいけないことの線引きとは?
仮に、ルールとか社会的道徳なんてものがなかったとしたら、夏子の行動は抑制されるべきものもしくは恥じるべきものなのだろうか。
だとしたらそれはなぜ?
自己の内からおこる衝動と欲求は、どこまで抑えてどこまで開放するべきなのか。

本来人間が持っている愚かさゆえの美しさ。
最後のショットがその事実を写している。
行くところまで行ける女はいるんだなと思う
時代は違えど東京で暮らす女の子の様子を見て同じだって思えた。
熊ん蜂

熊ん蜂の感想・評価

4.5
水のコボレる音も
静かな喋り声も
モノクロの中で愛に彷徨ってる女の子も

全て落ち着く
見終わったときは重すぎてゾッとしたけど
すごく美しかったです
>|