日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価・動画配信

日本のいちばん長い日1967年製作の映画)

上映日:1967年08月03日

製作国:

上映時間:157分

ジャンル:

4.1

あらすじ

みんなの反応
  • 時間の流れが早く感じられるテンポの良さ
  • 宮城事件が実際にあったことに驚いた
  • 会話劇でも楽しめる重い内容
  • 黒沢年男の迫真の演技が印象的
  • 現代と比べて考えさせられる戦時中の人々の生き方
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『日本のいちばん長い日』に投稿された感想・評価

魯肉飯

魯肉飯の感想・評価

3.8

最近何故か戦争映画が続いてます。夢はわりと直前に見た映画とか動画に影響されるので、もうそろそろ怖い夢見そう😴

天皇の言葉重ぉ、、、
陸軍の人たちすごく早口で、言葉も難しいから何度か置いてかれた。見…

>>続きを読む
T

Tの感想・評価

-

ポツダム宣言受託後、終戦発表までの"日本のいちばん長い日"を昭和天皇、軍幹部、政治家、それぞれの視点から描く大作。大日本帝国始まって以来の敗戦。負けを受け入れられない近衛師団の転覆を謀るクーデター。…

>>続きを読む
はるか

はるかの感想・評価

4.5
阿南陸軍大将や鈴木総理大臣その他にも昭和天皇などがどのようにして終戦を決めたのかそしてどのように死んでいったのかそれが全て記されている素晴らしい"戦争"の映画であると感じました。
sorry

sorryの感想・評価

5.0
長く熱い1日。タイトルの出方が好き。先の戦争が良かったなんて思わないけど、それを経験した人たちがこういう映画を作ってくれて本当に良かった。
moviemania

moviemaniaの感想・評価

4.4

岡本喜八監督、半藤一利原作、三船敏郎、笠智衆出演の人間ドラマ。
1945年8月14日の御前会議においてポツダム宣言の受諾が決定され、翌8月15日正午の玉音放送が行われるまでの1日間を描いた作品。

>>続きを読む

東宝創立35周年映画。この映画の製作時に誰もが当たらないと思っていたというには傑作すぎる内容であると再認識した。
冒頭、ポツダム宣言から始まり天皇が終戦を決める場面からのタイトルイン。ナレーションと…

>>続きを読む
映画を観る。2015年版を先に見ていた。天本英世の怪演と1967年存命中の昭和天皇への配慮が印象に残った。
玉音盤を巡る戦いにエンタメがありつつ、登場人物の狂気から反戦のメッセージが伝わってくる秀逸な作品
こん

こんの感想・評価

4.0

戦争経験者もいるからか白黒だからか、映画というよりリアルを感じた。私たち日本人がちゃんと知るべき瞬間。ここからこの国は良い意味でも悪い意味でも大きく変わってしまったと思う。その分岐点に起きた出来事と…

>>続きを読む
mamaple

mamapleの感想・評価

4.1

最初から最後まで緊迫感がすごかった。ポツダム宣言受諾と玉音放送の合間にこんなクーデターがあったことを知らない自分が情けなくなりました。敗けを受けとめることへの葛藤、天皇への忠誠、日本人としての誇りと…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事