226の作品情報・感想・評価・動画配信

「226」に投稿された感想・評価

二・二六事件という昭和の大事件を笠原和夫原作、五社英雄監督でやるのだから面白くならないはずがないのだが、どうも消化不良。
キャストも良いのに豪華すぎて話の中心線が見えづらかったか。

二・二六事件はいろいろ見比べてみたいな。
新文芸坐にて
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
タイトルカット しびれた〜!
日本版Les Misérables
広山広

広山広の感想・評価

3.0
歴史的事件を描いた作品としては重厚さにかける。
もっくんの「兄さん、腹切りたいんだけど」のシーンは印象的。兄さんこと河野司氏が監修として本作に参加しており、実際にあった会話なのかも。果物ナイフは展示されていて見ることができるそう。
AFRO

AFROの感想・評価

2.0
五社監督は映画うまおだけに退屈せずに2時間観られるんだけど、省いた部分が大きすぎてなんとも食い足りない。脚本は笠原和夫だけど、名前貸しじゃないの?ってくらい上っ面をなぞったような作品になってしまっている。つまり深みがない。

芝居も萩原健一と鶴見辰吾が目に留まったくらいで、総じて良くない。出てきた役者が現代人にしか見えないのは大きな問題だ。
Gocta

Goctaの感想・評価

-
226事件の決起から投降までを、青年将校たちの言動を中心に描いた映画。豪華キャストによる大作。面白くは観れたが、やや薄っぺらい感じで、心に響くことはなかった。
ハリー

ハリーの感想・評価

2.5
当時はこれで国が変わると思ったかも知れないけど、まぁ結果は見えてるよね。エンドロールの文字がピンクなのが気になるな。
MayumiI

MayumiIの感想・評価

2.5
記録
キャストが豪華。
途中から、誰がどこに出ているのか、それだけが楽しみに。
しかし、残念ながら、心の琴線には触れず。
当時の下級兵士たちは、国のため、もっというと家族のために決起したのだろうが、天皇陛下万歳の言葉が空しく感じた。
三四郎

三四郎の感想・評価

3.9
キャストがなんとも豪華。
どうもそれほど高い評価を受けていないようだが、約2時間という限られた時間の中で、それぞれの視点から描いていて、なかなかどうして心揺さぶられる映画だった。

国家を憂えて立ち上がる青年将校たち(とその家族)、対して、同じく国家の為に尽力している政府要人(とその家族)、どちらも国家の為、国民の為、この激動の時代を一所懸命に生きていた。
しかし、私は二・二六事件を起こした青年将校たちについては、理想に燃える血気盛んな若気の至りとしか思えず、どうしても共感はできない。
貧しい人々への哀れみと同情から、社会主義青年たちは地下活動や労働者への啓蒙活動を行い、銃剣を持つ青年将校たちは二・二六事件という行動を起こした。どちらも独り善がりと言えないだろうか…。国家、社会はそれほど単純にはできておらず、理想通り変革することはなお困難だ。社会主義青年たちと青年将校たちの違いはペンと銃剣であり、当時の大日本帝国のエリートとして、エリート故の傲慢さと青さがあったように思う。

高峰三枝子も出てたのかと驚くとともに嬉しくなった。名取裕子はどの女性かわからなかった。
何故226をおけしたのかという説明がないから、何故負けたのかもわからない。役者陣が豪華な割には、天皇陛下万歳しかわからない。もったいない作品。
与太郎

与太郎の感想・評価

4.0
若者たちの勇み足で終わってしまう悲しい話。上官の保身は今の時代の会社もヘッポコ上司の給料泥棒で時代が変わっても同じ。
>|

あなたにおすすめの記事