226の作品情報・感想・評価

「226」に投稿された感想・評価

キャストは豪華なんだけどねぇ、ゆえに食い足りませんでした。もう少し青年将校の背景を描いて欲しかったですね。映画としてはいい題材なのでもったいないっす。
Evans

Evansの感想・評価

2.8
「猛る男たち」

226事件の将校を描く映画

とにかく猛っている
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.0
二・二六事件を映画化した大作。
バブル期に製作されただけあって、金がかかってる。
いとそ

いとその感想・評価

3.3
彼らの家族への愛情がいかに深いものであったかは分かるけど、決起に至る背景とかは思い切って飛ばしてる。そういう方針ならナレーションは不要だし、2.26当日以降のことに絞るなら絞るでそこでの激しい駆け引きをもっと見たい。戦略も戦術も曖昧だから豪華キャストも壮大な音楽もどこか宙ぶらりん。
ゆきう

ゆきうの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

とにかく出演者が豪華。
これでもか、というくらいスターたちの共演。

226事件って誰が殺されたんだっけ?犬養毅?は515か。くらいの知識で、勉強のために鑑賞。

誰が誰だかよくわからないうちに、決行、立てこもり、奉勅命令、処刑。。
結果、226の背景や経緯について、Wikipediaで確認することになりました。
226事件とはなんぞや?
それを自分で調べるきっかけにはなる、という意味では意義のある映画だったかな。

あ、超豪華俳優陣はみなさん素晴らしかったです。

私が一番印象に残ったシーンは、「昭和維新遂行のために討つべき奸物」とみなされ襲われた要人のうちの誰かが、襲ってきた陸軍下士官に、「目的は何だ?」みたいなことを聞いたとき、「自分はわかりません!」という意味の返事をしたシーン。
決起の実情を象徴するシーンだったと思う。
本当は2月26日に観たかったのですが、用事で観られず今日に(笑)
決起のシーンは間延びしている。史実を描こうとしているのは理解できるが、丁寧になぞりすぎているのか、多少退屈。
五社演出の本領発揮は、昭和維新が失敗の方向へと向かい始めてから。ケレン味溢れる演出が、彼らの悲しみを描き上げている。
撮影、照明、美術は見事。
KazurocK

KazurocKの感想・評価

3.6
五社英雄監督、奥山和由がプロデュース、笠原和夫が脚本と最高の組み合わせのオールスターキャスト大作!
ショーケンの格好良さはもちろんだけど印象に残ったのは佐野史郎のキレた演技。
欲を言えば投降までの葛藤がわかりにくかったかな。意外とあっさり従ったように思えた。
あと家族愛は過剰に表現されてる気も。もっとソリッドな男の世界にしてくれたほうが好みかも。
とはいえ昭和史を描いた映画では傑作だと思います。
あらた

あらたの感想・評価

3.0
将校たちがなぜ蜂起しなくてはならなかったのか、そういった思想信条の説明などはザックリ省いて、とにかく決起だ!…やったか!…失敗!…自決!なんだったんだ!

将校たちの「純粋さ推し」でしかないので、彼らの大義が謎。

ウィキペディア読〜もうっと。
この齢になって観てもやはり映画監督といより大型演出家という印象が拭えません 五社英雄「226」

公開当時、全然食指が動かされず今日まで観ずじまいでした

巨匠と呼ばれる人の作品の中には何故か観るのがためらわれるシロモノが多々あります。

海外ではデビッドリーンあたりがそうですが、この五社監督もさしずめその一人。

故人を悪く言うのもはしたないし、気が引けますが、やはりどの作品を観ても、映画監督というよりは大型演出家、という印象が拭えないわけです。

この映画、その一人が主演でも一本の映画が出来てしまいそうな大物俳優が惜しげもなくズラリと出てくる

しかもその一人一人のアップの連続だから(ホント、これだけアップの多い映画も珍しい)、向こうのアップで映画の堪能の前にゲップが出そうです

大御所笠原和夫先生が複雑怪奇な226事件の人間模様もここまでスッキリと骨太ドラマに仕上げてくれてるのに、安易なメロドラマに堕とされたようで実に残念です

ただ

青年将校たちの士気が下がる中、我らが三浦友和が

「馬鹿にならんと・・・・歴史は変えられんじゃないですかぁ!!!」と一喝するシーン

いかにも大芝居的ですが

実際の国政選挙の演説で聞いてみたいです。

まあ、口で言うだけなら言いそうな方もいるんですが・・
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.9
映画の内容の前に 出演者が最強に豪華。一瞬しか登場しない方もいるので かなりの人数。そのため 気もそぞろになる。国を思って決起した青年将校達。あまりにも純粋で直球過ぎた。他にやり方があったのか無かったのかというより このやり方しか残っていなかったのかも。悲しい事件。