ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

ローズの秘密の頁(ページ)2016年製作の映画)

The Secret Scripture

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なる…

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める――

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なんだか月に帰れないかぐや姫の物語を見ているような感じ。

一番の糞野郎がノーダメで放置されてるぞおい、とはじめは思ったのだけれども、その理由を考えているうちに、なぜ聖書にマイケルの顔は描かれていなかったのかとか、皆が神父の子供だと誤解していたのは本当にただミスリードを誘うためだけのものだったのかとか、ローズとグリーンをつなぐ勲章が本当に紛失したのはどの時点だったのかとか、そも真実の記録を残すために使ったものものが聖書ということ自体何か意味することがあるのではないかなどなど妄想が膨らんでいってしまい、果てはあそこに閉じ込められていた女性というのは要するに教会にとって正気でいられては都合悪い事情を抱えていたのではないかとまで考え出してしまって、冒頭の劇場で映し出されていたちょび髭のイメージが鮮明さを増していき胸糞感がすごいことに。

ただ、悲しいかな、胸糞感が増せば増すほどに、ローズが作り出したあの聖書の姿形にとても心惹かれてしまう。
結局自分も美しさだけを見てしまうのかと思うと、なんかもう申し訳ないなと。
AkariGibo

AkariGiboの感想・評価

4.0
ルーニー・マーラーが美しかった。釘付けになりました。雰囲気がとても私の好みだった映画でした。
ルーニーマーラが美しすぎる。映画も美しい。ただ、面白くはない。それがもったいない。
美しいお話だなあと思いました。

信じ難いほど美しいお話だなあと思いました。
2018.2.21
日本版予告が出回り始めた時に物語が気になりすぎて、うっかりネタバレを読んでしまったももくりです。でも英語だったのでね、理解できてないこと多々ということでσ(*´∀`*)

劇場鑑賞。この物語で108分は短いというか、もうちょっと詳しくじっくり見たかったです。物語はジュディ・デンチ様の「あなたを抱きしめる日まで」に通ずるところがあります。両方オススメ。

この映画の何が良いのかというと、テオ・ジェームズ!!!青年期のゴーント神父役の彼!ギリシャ系だからなのか濃すぎるジェームズ・フランコといった雰囲気。ジェームズ・フランコの方が好きなんですが、彼もかなり良い!嫉妬に狂うあの目が今でも忘れられません…うほほ~!!!シングストリートのお兄ちゃん役ジャック・レイナーはローズの恋人で花形ですが、正直彼よりもテオです!ておおおぉぉぉぉぉ!!!祭り奉らせて頂きます。
いい映画だったけどストーリーが平坦、平易、straightforwardだったのが残念
beautiful but a brief moment of happinessって感じ
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
WWⅡ期から40年以上精神病院に収容されていた女性ローズの話。過去と現在のローズを2人の女優が演じている。ルーニー・マーラはもちろん抜群に美しいんだけど、ヴァネッサ・レッドグレイヴがとても綺麗だった。ストーリーは純愛を含んだおとぎ話。ただしUKとアイルランドの関係、カトリック教会の闇など社会派の一面もあり。
climax

climaxの感想・評価

3.7
アイルランドの色彩のない風景にルーニー・マーラのゾクッとする美しさ。
ストーリーは悲惨過ぎて唖然。
ほんの一瞬の命懸けの愛だけが全て。
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

4.0
アイルランドを舞台に、自分の赤ん坊を殺したことで40年間を精神病院で過ごしていた老婆。
彼女が綴っていた日記の秘密を、精神科医が辿っていくことで明らかになる真実。
アイルランドの複雑な歴史がからんだ素晴らしい映画で、結末には涙でした。
蛇らい

蛇らいの感想・評価

3.8
呆れるくらい美人なルーニー・マーラを見れただけで充分です。
>|