ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

ローズの秘密の頁(ページ)2016年製作の映画)

The Secret Scripture

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なる…

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める――

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

結構乱暴な脚本なのでかなり早めでオチが読めてしまったけれど、ルーニー・マーラのお陰でグッと来る所も無くはないかなといった感じでした。
sideways

sidewaysの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

〝時代〟と〝歪んだ愛〟に人生を狂わされた主人公・ローズ役のバネッサレッドグレイブ、ルーニーマーラの演技が凄かった。ベートーベンの月光も印象的。

ストーリーの方は、わりと早い段階で結末が分かってしまうので、〝謎解き〟に期待して観ると、そんなに面白くないかもしれない。
アイルランドにおける、カトリックやプロテスタントについての知識がないと、しっくり来ない部分があるかもしれない(これは私だけ‥?)。
それなのに、鑑賞後しばらく経ってもこの作品を忘れられないのは、ミステリーというより、〝反戦映画〟として、考えさせられることが多いからなのか?と思う。少し前に観た「愛を綴る女」や「婚約者の友人」を思い出した。派手なシーンはなくとも、表情や言動から、戦争の〝むごさ〟が伝わってくる、心に刺さる。人々の生活や未来を勝手に奪ってしまうのだと。

苦しい時間の方が長かったけれど、観ていて悲しかったけれど、幸せだった頃のあの言葉→「愛を込めて見たものは真実‥(うろ覚え)」が、ローズの〝生きる希望〟をずっと守ってくれていたのかな‥‥と思えるラストに救われた‥泣(>_<)。



※後になって、宗教的な背景について勉強してみると、物語のキーマンである〝あの人(神父さま)〟の視点で、この物語を観てみたくなった。
ehonwolf

ehonwolfの感想・評価

3.7
臨月の妊婦の行動があり得なさすぎてボーゼンだったし、色々とご都合主義な展開ではあったが、強い意志を感じさせる美しい瞳の主演女優二人の演技が素晴らしく、とても引き込まれた。アイルランドの情景が美しく、痛々しく残る傷跡にそっと手を当てるようなエンディングに癒やされた。できれば原作を読んでからもう一度じっくりと観たい。
t

tの感想・評価

3.0
鑑賞後にネットで調べた通り、時代背景とか分かってないと少し分かりにくい映画だった。でも、ハッピーエンドだし、若干の感動もあったし、良い映画ではあったかなー!
戦争、国家、宗教に翻弄される個人。

第二次大戦中、産んだばかりの我が子を殺したとして精神病院に幽閉されたアイルランドの女性ローズ(ルーニー・マーラ)。
はたして本当に彼女は自分の子供を殺したのか?彼女の恋愛を絡めて展開する物語。

若き日のローズがルーニー、年老いた現在の彼女をヴァネッサ・レッドグレーブが演じています。
少し嗄れ声のヴァネッサがヒロインの人生の過酷さを良く表現していますし、私生活では反体制的なヴァネッサの生き方も役に良くマッチしています。

アイルランド系のルーニーも本編に登場する美しいアイルランドの風景にマッチしています。
まぁ

まぁの感想・評価

3.9
苦しかった…観ていてキツかった…(涙)

主人公ローズと愛するマイケル…
2人の「幸せ」な時の映像が、
本当に素敵で…♡
心から愛しあっているんだ…と分かるから…
他のシーンが…キツかった…

特に…精神病院のシーン…
当時は…きっとそうだったのだろう…と思うけれど…
「拷問」に観えた…(涙)

何が真実で、何処からが妄想なんだろう…と鑑賞中は思っていたのだけれど…

「自分の半生を聖書に綴る」…
「聖書」に書く事で…「自分」を保っていたんだろうな…と思う…(涙)
…「嘘」は書けないものね…「聖書」には…(涙)

ピアノ曲メインの「音楽」…作品に合っていて…泣けてきた…(涙)
…短調から…長調へ…(涙)

映像も…本当に「美しく、綺麗」…だった…♡
ルーニー・マーラ……繊細な役を演じ切っていた…♡…美しい女優さん…♡

第二次世界大戦中…「愛」を貫いた2人…(涙)
時代が違っていれば…と思うけれど…(涙)

「愛を込めて見たものが真実」…この言葉…素敵だな…と思った…♡

ラストに明かされる「真実」…肩の力が抜けた…♡(ラストシーン…印象的…♡)

…劇場鑑賞を逃した…と思ったら…少しだけ遠い劇場で…
スクリーンで鑑賞出来て…良かった…(o^^o)
聖書に、自分の人生を書き込み続けた女性の物語。
秘密は紐解かれる。けれどそれがなければ、人生の救済もない。

上手く愛せない神父の存在が、哀しかった。

美しい映画です。
Hazuki

Hazukiの感想・評価

4.3
Anything you see with love is truth, rest is smoke.
一生忘れない映画体験
2018年6月22日
昭和館2にて鑑賞。
取り壊しが決まった聖マラキ病院。
この病院に40年間入院している老婆のローズの診察にきた精神科医のグリーン。
ローズは、大切にしていた古い聖書に書かれた日記についてグリーンに対して語っていく様子を描いた作品。
ローズの経験した恋愛、赤ん坊殺しの結末の展開、意外な物語の結末に驚かされましたよ。
roro

roroの感想・評価

3.0
自分の子供を殺した女性が、40年間収容されている。
何か訳があるような女性の表情。
そして、40年間の記録を記した聖書。
一人の精神科医が謎をとく…

予告にひかれ観賞。
最後の最後は、粗い展開だが、良質の映画をみたなと満足する作品。
>|