ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

ローズの秘密の頁(ページ)2016年製作の映画)

The Secret Scripture

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なる…

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める――

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

2018-86
途中まで面白かったんだけど、最後、話が出来すぎててちょっと萎えた。
なっこ

なっこの感想・評価

2.8
原作は、未邦訳なのが残念。本を読んで補完したいところがいろいろとあるなぁ、というのが最初の感想。

女性の一代記のように見せて、実は男性から見たある女性の魅力という印象が強くて、腑に落ちない点が残る。その違和感が宗教観や文化の違いから生まれたものなら、それはそれで、アイルランドやキリスト教について私自身がまだまだ知らないことが多い、ということなのかもしれない。ヒロインの内面に深く入り込めなくてなかなか共感させてもらえない。一体何に阻まれているのだろう、それがとても気になっている。

どの視点に寄り添うかでstoryは大きく変わる。
私はヒロインよりも、もう一人の主役である神父に共感を寄せてしまったのかもしれない。彼の犯した過ちは決して許されるものじゃない。けれど、なぜそのような経緯を辿ったのか、何処かで彼女を救済する手立てはなかったのだろうか、とヒーローになり損ねた彼の苦悩をもっとのぞいてみたかった。

若き日のヒロインを演じた女優さんがとにかくお綺麗で、第二次世界大戦当時の衣装がとてもよく似合っていて素敵でした。もちろん年老いたローズも真実味のある語りに惹きつけられる。だから彼女に魅力を感じる医師の気持ちにとても共感出来て、ラストは彼と同じ気持ちになって本当に感動できた。

誰かの恋人や妻としてよりも母として生きようとしたヒロイン。たとえその子を手元から奪われていても、その悲しみや苦しみを受け止めて、自分を支えるための希望をどうやって見出して、囚われの身で生きながらえてきたのか。ヒロインの奪われても尽きない強さが際立つ描き方であったように思う。
あみん

あみんの感想・評価

3.2
ルーニーマーラを愛でる映画…と思いきや男性陣の視線に晒される映画でした。

嫉妬ととにかく愛と。

ヴァネッサレッドクレイブはさすがの演技力で話ぶりだけで人生を感じて引き込まれました。

途中でオチがわかってしまったけどそれでも感動が薄れることはなく。

もっと早くにどうにか、とか彼女が可哀想すぎて心が痛かった
ひとりの女性の悲劇。
舞台は北部アイルランド。
世界大戦の現実とのちの独立運動の影を感じる時代。

閉鎖的な土地と厳格な宗教感、それに反目。負の連鎖が彼女を襲う。

引き裂かれた想い。彼女だけが信じ続けた記憶。
クライマックスを静かに迎えます。
その静かさが長かった時間を感じさせます。

月光の旋律がよくマッチしてました。
ルーニーマーラがただひたすら美しい映画。ちょいちょい寝てしまったのでもう一回観たい。映像綺麗だし、現在と過去の行ったり来たりも観やすかった、けど最後のオチは出来過ぎな気がした。
ラストのカタルシスがすごい。
号泣。
このカタルシスがために、1人の女性に数奇な、そして辛い人生を歩ませたのか。
これは愛の物語。男女の愛、母子の愛。そして、叶わぬ想いを抱えた者の歪んだ愛こそが、この映画の主人公かも知れぬ。
そういう意味では宗教的な映画でもある。
ミステリーでもありサスペンスでもあり、そしてラヴストーリーでもある。分類不能の傑作。
mayuuu

mayuuuの感想・評価

-
結末はそんなにきれいにおさめちゃうの?って感じだったけど、そこはフィクションなので良いと思います。予想ついてたのにちょっと泣いちゃったし。神父は闇深すぎ罪深すぎるし、最後に告解しても遅すぎ。ファッションがかわいかった、カフェのコスチュームかわいすぎた
タナカ

タナカの感想・評価

3.0
もっとミステリーのような作品かと思ったら違った。オチは素人でも途中で想像つくでしょ。それより入院(収監?)当初の病院の様子がホラーで怖かった。そこを思いっきり膨らませて別の作品にしても良し。
Aimer

Aimerの感想・評価

-
かなりパワフルな愛の物語だった。愛する人と引き離され、半ば嫌がらせで精神病院に40年も閉じ込められたローズ…それでも真実だけを訴え続ける。
たいち

たいちの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

もっと脚本とか構成に深みがほしい。どうしてマイケルを好きになったのか?フワッとしてる気がする。あとカウンセラーが息子だと判明してからエンディングまですぐ笑

キャスティング良かっただけに残念。
>|