ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

ローズの秘密の頁(ページ)2016年製作の映画)

The Secret Scripture

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なる…

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める――

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

ルーニーマーラやっぱり綺麗です。モテモテなのも理解できます。
途中、ストーリーの核心が、もしかして、、、、ベタなラストが予想がついてしまうのは残念なのだけど、それでも、やっぱりなぁーとだとしてもポロポロ泣けてしまう映画。
askQ

askQの感想・評価

3.8
ルーニー・マーラ目当てに観に行ったけど、予想以上によかった。

カトリックとプロテスタントの溝が深すぎる。同じキリスト教なのに、ここまで違いを認め合えない宗教って一体何なんだろう。アイルランドにこんな暗い歴史背景があったことを初めて知った。

未婚女性は自由な恋愛ができなかった時代。男性たちがローズに惹かれてっただけなのに、全部を彼女に押し付け隔離してしまったことがめちゃくちゃ腹立たしかった。行き過ぎた嫉妬心はほんとうに怖い。

閉塞感漂う街で、こんな美人がいたらそりゃ良くも悪くも話題の中心になるわなってぐらい異彩を放つローズ=ルーニー・マーラの魅力が詰まりまくってた。どの角度から見てもどんな表情をしても、うっとりする美しさ!
マイケル役の俳優さん、どっかで見たことあるなと思ったら「シングストリート」のお兄ちゃんか!「デトロイト」にも出てるみたいだし、ますます観たくなった。
skm818

skm818の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

よそから移住してきた美しい娘が地域から目の敵にされている親英派(と見なされている)の男と恋仲になったことで精神病院に入れられたまま40年間放置される、その病院が取り壊されることになって転院をさせるために精神科医が呼ばれるが…って話。途中から多分そうやろうなという方向に話が進んであまり意外性はないが、こういうこと実際に起きていてもおかしくない。
ドイツと戦争しててマイケルはドイツ軍と戦ってるのにアイルランドの小さな町では英軍に入っているということで敵とみなされなぶり殺しにされてしまう。しかもこれ一部の過激派がって感じじゃなくて村人皆黙認してる感じなのが…  ここがまず恐ろしい。アイルランドの深い傷を感じる。彼と恋仲になったローズも頭がおかしいとみなされて(あと彼女に気のある神父の嫉妬)彼を忘れさせるべく精神病院に…
都合の悪い人間を精神病院に放り込む、女性の言い分を誰も聞かず、規範から外れた女は病気扱いする、全くひどい話だが、こういうの多分今でもある。そこもこわい。実際に起きてそうだからこわいんだよなこの話。
映画なのでハッピーエンドにまとめているけど、こんな風に周囲の都合で監禁されたり引き離されたりしたまま、実際はハッピーエンドが訪れないまま亡くなった人も多いのだろう。

このレビューはネタバレを含みます

結局してないとわかるが、母親が赤子を石で殴り殺すシーンは衝撃。映画だとはいえ、衝撃。あと、上映五分遅れて見たためか、わからない点あり。なぜローズの事を調べ始め、偶然息子だったのか?
腑に落ちない点あり。
精神病、子殺し、宗教、戦争と、地味に血生臭い内容だったな。
minacco

minaccoの感想・評価

4.0
同じアイルランドを舞台とした『あなたを抱きしめるまで』にも通ずるようなストーリー。
とにかくローズの人生が壮絶すぎて切なくて切なくて胸が痛い。
正常な人間がいとも簡単に精神科病院に40年以上も収容されるなんてありえない…
究極の愛を観た気がする。
そして、ローズの若かりし頃を演じたルーニーマーラが美しく、当時の女性には珍しい、一本気な部分をしっかり演じきっている。
途中からもしかして…と思い始め、やっぱりーって結果だったものの、それでも感動せずにはいられない。
40年の辛い時を経て、ついに安らぎを得たかのような、最後のローズの顔が忘れられない。
caky

cakyの感想・評価

3.8
精神病棟にいる老人の日記から過去が明らかになる。生来の魅力で男を引き寄せ、人生が激動していった過去。ページに含まれた数十年を相当圧縮しているけど、身寄りのない世界、即ち愛のないものは妄想。
アイルランドの歴史や宗教観など、全ては理解できないにしても、おさらいしてから観るといいかもです。
精神病院に収容されているローズ。40年間誰も彼女の話を聴くことなく過ぎてしまったというのが怖い。転院のため訪れたグリーン医師は、彼女が聖書の中に書き留めていた日記から、語られる言葉が真実ではないかと信じはじめ…
40年前の第二次世界大戦下に生きる若きローズをルーニー・マーラが、老年のローズをヴァネッサ・レッドグレイヴが演じています。ローズの今(80年代)を描きつつ、彼女の回想で40年前が平行して描かれるという、よくあるプロットですが、その悲しい物語に胸が苦しくなりました。
さっきも触れましたが、北アイルランド紛争、プロテスタントとカトリック教徒の対立など、今も全ては解決していないアイルランドの暗い歴史。
それに振り回されることになる若きローズ。彼女の瞳があまりに美しすぎて、周りの男たちが勝手に心動かされてるだけなのに、どうして彼女が悪いことになるのか?! 特にテオ・ジェームズ演じるゴーント神父が酷い。
そんな中、同じプロテスタントで英国軍に志願したマイケルと恋に落ちるローズ。マイケルの赤ちゃんを精神病院で産んだものの、母であるローズが殺したと言われ、拘束されること40年。子どもが生きていることを信じた40年でもあり…。
オチは観てる途中で想像できてしまったのですが、それでもラスト5分ほどは涙が溢れました。これは小説だけど、こんなこともあっただろうと想像すると怖くなりました。テーマは重いですが、瑞々しい恋愛も描かれているし、後味は悪くないです。
ローズがどうして精神病棟に入っているのか。どうして50年ものあいだ、誰も迎えに来ないのかを、日記と資料から紡いでいくお話。
ルーニー・マーラの「魔性の女」感がすごく好き。
重い映画を見ると何かまとめたいことがあるのにしっかり言語化できないことが多々ある。これもその一つ。最後に少し希望が見えた気もするけどそれでもそこまでの過程を思うと。
kvartira

kvartiraの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いい話だとは思うのだけど、あの看護師はずっと側にいて何見てたんだろう?
後半奴が映るたびにムカついてしまった。
>|