ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.9
期待以上に深い。

静かな映画だけど、色々と印象に残りました。

最後、良かった!
よっこ

よっこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ルーニーマーラが綺麗!!美人。
ストーリーゎ可哀想すぎる…
ローズゎ美人すぎて男性から好意を持たれるがそれをよく思わない神父がいた。
そのゴーント神父ゎ自分の立場上表に自分の気持ちを出せず、日に日にローズに対する行動がエスカレートする。
ローズゎ精神病院に強制的に入れられて酷い事をされるが、愛するマイケルがいつか迎えにくると信じて待ち続ける。
自分の息子も生存がわからないまま…。
ラストゎまさかの再会!!

カトリック→神父
プロテスタント→牧師 など
ちょっと宗教がらみの物語で、ちょっと背景も難しい部分があった。最後まで心が痛かった。。
引き裂かれた愛・・・
歪められた愛・・・

一人の女性ローズの壮絶な人生

“戦争”の残した傷は、いつになったら癒えるのでしょうか?
YOU

YOUの感想・評価

3.5
何気にツタヤの棚を見ていたら
あれ、ルーニー・マーラだ、
へえ、新作か、いつか借りよう、
ということで今回『君の名前で僕を呼んで』を
宅配レンタルしたとき
あわせて借りてみた
-----------
ルーニー・マーラは
現在一番好きな女優さん。
だって美しいもの。
それにストイック感満開で
高貴な雰囲気さえ感じさせる。
筋金入りのベジタリアンであり、
何かのインタビューで

「荷物が多いのは嫌なの。何も持たない、
オプションもない旅がベスト」

と言っていたりと
シンプルなライフスタイルも好きな理由。
--------------
作品的には何と言っても
『ドラゴンタトゥーの女』で完璧にやられた。
それ以前に『ソーシャル・ネットワーク』
は観ていたが大好きとまではいかなかった。
その後
『サイド・エフェクト』『her』『キョロル』
と立て続けに観たが
みんな良かった。

胸がないのに裸を見せる、
そんなとこも興味深い。
胸ではなく肌の美しさで
勝負しているようでもある。
胸がないのに裸を見せるといえば
ルーニとミラジョボがビッグ2だな

ルーニー・マーラが出ているだけで
映画が輝き出す。
そのあたりは
ジョージ・クルーニーと同じ
------------------
この作品の印象としては
全体的にシリアス。
ルーニーもほとんど笑わない。
唯一と言ってもいい
マイケルとバイクのシーン。
笑いながら、ちょっと小躍りするように
近づくところ。
それが可愛くていい

ラストはまさかと思ったが
そういうことだった。
でも50年も精神病棟って
滅入るわ
yoko45

yoko45の感想・評価

3.7
 時代に翻弄された女性ローズの話。
 ローズの若い頃を演じるR・マーラが美しいです。
 少し暗めで絵画のような風景も綺麗で美しいです。
 彼女はなぜ精神病院に閉じ込められたのか。しかも罪を犯した者として。
 それにしても神父と精神病院がひどい・・遅すぎる40年もの時を経ての精神再鑑定。

「月光」が雰囲気にとても良く合っています。時代背景や宗教的なことを理解できていれば、さらに素晴らしいと感じる映画なのだと思います。

(メモ:名前)
主人公ローズ:ロザンヌ・マクナルティ
Rマーラの母:キャスリーン・マクナルティ
結構重いんだけど
カメラで撮るふりとか指輪とか髪を撫でる仕草とかいろんな所作が美しくて可愛らしくて
わかりやすめなラストが急ぎ足で展開した感じしたけど
愛を感じる作品だと思った
ひじき

ひじきの感想・評価

4.3
こりゃルーニーマーラに惚れちゃいますわ。

リアリティとご都合主義がアンバランスで、ちょっととってつけた感がでてしまうラストだったものの、お涙頂戴大好きです。めっちゃ泣きました。
Satoho

Satohoの感想・評価

3.6
途中で結末が見えた映画だった。
アンジーのチェンジリングを思い出した。
いつの世も権力によって不当に扱われる人達が居て人間が嫌いになる。
ひとりの人を思い続け、自分を信じ続けた結末になって良かったです。
ただ、ルーニー・マーラが居なかったら観てなかったかな♪
な

なの感想・評価

3.6
キャロルのルーニー・マーラが好きで鑑賞
後半になり徐々に面白くなるが、そのオチはどうだろうか…
ココ

ココの感想・評価

4.3
ルーニーマーラ目当てで見たけど話が繊細に作り込まれていてすごくよかった
>|