ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.8
愛を込めて見えるものこそ真実。それ以外は幻。良いセリフだ。戦時中ということ、イギリスとアイルランドの確執など2人の愛には障壁が大きすぎた。それでも惹かれ合い結ばれたのは紛れもなく真実。とても奥深くドラマチックな内容だった。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.6
2018年10月14日

『ローズの秘密の頁』 2016年アイルランド制作
監督、ジム・シェリダン。
他の監督作品ではJ・ギレンホールとT・マグワイア
出演の『マイ・ブラザー』が好きだ。

1930年代、ローズ(ルーニー・マーラ)はアイルランドの
叔母の家に住み、お店を手伝っていた。
近くでお店をやっていたマイケルはイギリス兵士として従軍
し、パイロットとして戦争に赴く。
ローズは若く美しく、ゴーント神父や町の男性に人気があり、
それが元でトラブルがあった為に、叔母からお店を辞めさせ
られ、森の中の小屋に一人で住むことになった。
ある日、森の中に飛行機が墜落し、ローズが駆け寄ると、
マイケルが負傷していた。
追っ手から匿い、小屋に二人だけで暮らしていると、次第に
仲良くなり、マイケルが兵士として旅立つ日に二人は結ば
れ、そして教会で牧師のもと、結婚式をする。
だが、二人の仲を知ったゴーント神父やアイルランドに
味方する町の仲間たちから、ローズは強制的に精神病院に
入院をさせられ、マイケルは射殺された。
病院で妊娠を悟ったローズは、出産間際に病院を脱出し、
1942年、5月1日、一人で出産をする。
が、その子供を・・・?

それら過去のことを、グリーン医師(エリック・バナ)と
看護師を相手に転院の為に症状を診察するということで、
ローズ(ヴァネッサ・レッドグレープ)は語ります。


奥が深い映画です。
映画の中でサラッとした流れになっていて、それは何故か
疑問な部分、アイルランドの歴史を知ると、なるほどと
分かるようです。
イギリスとアイルランドが長年争ってきて、どちらの味方か、
この映画ではマイケルがアイルランドに住みながら、
イギリス兵士となったことから、アイルランドの若者達から
拉致される。
宗教の問題、カトリックとプロテスタントという対立もある。

ぐいぐいと引き込まれるような力強さを映画から感じられ
ました。
ただ、後半、それも終わり頃、少しあっけない…
後半こそ大事で、最後まで丁寧にストーリーを進めて欲し
かったように思います。
特に後半で、看護師役の方の度アップを多用し過ぎと
感じました。
看護師がその場のどの位置にいるのか、立ち位置も
分からないまま、度アップで話しは進んでいったような。
この看護師は観客イコール私達を意味したものかしら?

ルーニー・マーラ―さんがとても演技達者です。
ヴァネッサ・レッドグレープさんもすばらしい!!
とても良い映画でした。
アイルランド映画もイギリスやアメリカ映画に負けず劣らず
良い映画を作りますね。
じょー

じょーの感想・評価

3.9
素晴らしい映画だったよ。
愛と嫉妬、深い家族愛の映画。

ラストがまとまりすぎな感じはあるけど、美しいポートレートの様なシーンを観ると、良かったなぁと心から感動できる。

ルーニーマーラーは目が本当に美しいね。

愛のある時間はたった一瞬だとしても、それが宝物に感じる様な時間を過ごしたい。
それは、若かりし時だけでなく、いつまでも同じ価値のある時間なんだよね。
そんな安らかな時間を共有する人と、大切な時間を過ごして生きていきたい。
間違えて吹替で鑑賞。
とてつもない悲劇。人権蹂躙…
戦争、教会、醜悪な人間の欲望。
ラストも良くて非吹替で観てたら落涙必至だったはずなので逆に泣けた。
開始30分くらいで「あれ?」って思うカットチェンジがありそこで割と先読み。

神父と牧師って違うのかー
Gooooo

Goooooの感想・評価

3.7
The Secret Scripture

ルーニ・マーラが主演している為、鑑賞!
ローズの秘密の頁良かったです。
家族愛がとても伝わる良い映画だと思います。
映画が進むにつれて映画の世界に引き込まれました!
何も罪を犯していないのに40年も精神病院に収監されるとは…かわいそう。
最後、感動的なラストでgoodでした!

この作品で注目すべきはエリック・バナでしょう❗️本当に良い役者ですね。
面白かったです!おすすめ!


ストーリー

取り壊しが決まった聖マラキ病院。転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医スティーヴン・グリーンは、病院で40年間もの長い時間を過ごしてきたローズ・F・クリアを看ることになる。彼女は自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていたが、その罪を否認し続けていた。グリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる…。
Riku

Rikuの感想・評価

3.6
ジム・シェリダン監督作品。
この人の映画は、『イン・アメリカ』や『マイ・ブラザー』など個人的に好きな作品が多いので 今作も楽しみだった!

舞台となるのはアイルランド🇮🇪
アイルランドはいつか行ってみたい国の一つなので、アイルランドの美しい自然や、複雑な教派事情を垣間見ることが出来て興味深く感じた😀
物語は、淡く、切なく、観る人それぞれにいろいろな思いがこもるエンディングを迎えるだろう。

個人的には良作だと思う。
ただ、観る人を選ぶ作品だと思うから 私は誰かに勧めたいとは思わないかなー(※ルーニー・マーラのファンは観るべし!)
 むしろ、カトリックやプロテスタント、そして聖書だとか、そういったものとは無縁な人の方が 素直に「良い映画だったね」と言えるかもしれない。
ねこ

ねこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

今までにはない純愛ストーリー。
最後のシーンは実は話してた医者が息子でしたっていうなかなか有り得ないオチだけど最終的にはバッドエンドではなかったから丸く収まったけど・・・

全体的に酷すぎてローズが可哀想で切ない
宗教の違いやら色情症やら勝手に決め付けられて
マイケルと一緒になったことで何故そこまでされる
赤ちゃんまで亡くなった存在にされて
マイケルも殺されて
何故40年以上も精神科に閉じ込められるのか
ここまでも純愛なのに
本当にローズが可哀想。
そして40年経っても記憶や意志をハッキリ持っている素敵な女性なのに。

そしてテオ・ジェームズ好きなんだけど・・・物語の中では神父さんが一番罪深いと思う。黒幕感がある。
神父さんとお付き合いしていたらローズはこう閉じ込められることもなかったんだろう。
そう思うと
国や権力って怖いなと感じた。

「人々の心の中にはね、病がすくってるの。そのせいで真実が見えなくなる。
愛を込めて見ているものは真実よ。それ以外は幻想」という言葉にグッときた。

見終わった翌日になんかジワジワくるものがある。
くろ

くろの感想・評価

3.0
やっぱりルーニー・マーラーは眼がいいなと思ったら、劇中でも惑わす眼って言われてた。最初の方は面白かったけど途中でテオジェームズってジェームズフランコに似てない?って思いはじめたせいでずっとそっちが気になってしまった...ジェームズだし...。脚本も流れとしてちょっと予想の範囲内かなって感じた。ルーニー・マーラーが綺麗なのと月光は良かったけどね。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.2
アイルランドの歴史とルーニー・マーラと月光のおかげでそこそこ良かったが、感動よりも虚しさが強く残った。
ひとりの女性の人生がとても重くのしかかる。報われなさばかりが、グレーがかった景色と共にしみてきた。
ペコ

ペコの感想・評価

3.8
アイルランド映画。悲しいけれど映像と描き方が上品で美しい。ルーニーマーラが綺麗。ラストはじわっと泣ける作品です。
エンディングソングがとても素敵。
>|