25時の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「25時」に投稿された感想・評価

スパイク・リー監督作品は初。やっぱエドワード・ノートンはこういう二枚目のアウトローの役が似合う。
時代設定が9.11の一年後というのが結構肝。
M

Mの感想・評価

4.0
Game of Thrones でも著名なデヴィッド・ベニオフ原作の映画。
麻薬密売で有罪判決された主人公が、7年の刑期に入るまでの25時間、最後の時間を友達、恋人、父親とどんな風に過ごしたかを描いたドラマ。当時世間を騒がせた9.11のグランド・ゼロの様子も映画の中で映し出されていた希少の作品。最後の最後、皆とお別れしていくシーンにグッときた。
ろっち

ろっちの感想・評価

3.9
麻薬の売人で警察に捕まって、懲役7年となり、収監されるまでの、最後の1日を綴ったドラマ。
父と彼女、親友達との時間を過ごし、最後は刑務所に向かう。
ラストの妄想劇は切なくなる。
まぁ多くは語るまい(笑)
benzosan

benzosanの感想・評価

4.0
エドワートノートン、スパイクリー、どっちも最高
ヒューマンドラマ
エドワード・ノートン好きなんだよなあーーーーーー。ラストなーーーーーー。
ちょっと泣いちゃったなーーーーーー。
自業自得と言ってしまえばそれだけの話なんだけど、、。

窮地に立たされてからの葛藤や後悔には、共感する部分もある。
もう遅いのに、別の人生を思い描いてしまう気持ちや、何かのせいにしたくなる気持ちも分かるなー。

言い訳して流されて生きていないか?自問する作品。
lily0x0

lily0x0の感想・評価

3.8
誰かにも前勧められたことがあったなーというのと、エドワードノートン主演でスパイクリー監督ということで観た作品!!

以下ややネタバレ含みます。






麻薬のディーラーとして稼いでたモンティが7年の刑期で刑務所に入るまでの25時間を描いた今作。
服従か逃亡か自殺かの葛藤。
どれも勇気が要りすぎる。
自分ならどう過ごすだろうか。。

それにしてもエドワードノートンとわんこドイルの画がすごくよい。
ダルメシアンのドイルもカッコよくスタイリッシュでかわいい。
お散歩してたら思わず声かけたくなる2人。

エドワードノートンの演技はやっぱりよかった。
ナチュレルや友達、父親と話すときも目を合わせなかったり、目が泳いだり。
それまでの自信なんて嘘のようになくなってて、不安げな目をしている。
話してはいるんだけど、どこか心ここに在らずっていう感じがとても上手だった。
また、現実を受け入れられず混乱している様もよく出てた。
誰がチクったのだろう、一体誰を信じてもよいのだろうか。
なぜこんなことになってしまったのか。
そもそもこんな世の中が悪いんだ。。
ふぁっくゆー。
けど、やっぱり、大切な人生を棒に振った自分が1番くそだ。ふぁっくゆー。と。
父との食事中のトイレでfuck youと書かれた鏡と対峙するシーン。
徐々にヒートアップしていく彼の口調。
ビンラディン氏が出てくるあたり時代を感じたし、スパイクリーの社会への叫びそのものなんだろうな。
あのシーンは震えた。笑
すごかった。

最後の最後まで彼の心の葛藤がわかり、辛かった。
務所に入ってからも2枚目であるからゆえ目をつけられたり、出所後に待ってるよって言った人が待ってなどいなかったり、辛い現実が待ち受けているかもしれないと思うと余計に。

けど、それでも、彼はこの25時間で、周りの人たちの愛を再確認することができている。。
そこがとてもよかった。
nanacoo

nanacooの感想・評価

3.2
単調な心理映画。

明日刑務所に行くという中進んでいく物語。全体的に暗くて、空気の重さが直に伝わってくる。
服役、逃走、自殺。数え切れない選択肢。自分ならどうするか考えさせられる作品。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.7
あえて黒人が出てこないドラマ作品
ヤリ手証券マンとメンタル童貞教師の親友二人は、主人公の麻薬密売を傍観した負い目を感じている。収監までの25時間で友情が再生するかに迫る物語に、9.11後のアメリカを重ねている、と勝手に解釈。
父親とのラストはある意味で斬新。
果歩

果歩の感想・評価

3.5
モンティ、根は凄いまともやからちょっと可哀想になる。はよ売人から足洗っとってほしかったな。後悔しとんなら西行かんとちゃんと7年耐えてナチュレルのとこ戻ってほしい。てか刑務所入るまで25時間自由やねんな
>|