プリンス・オブ・シティの作品情報・感想・評価

「プリンス・オブ・シティ」に投稿された感想・評価

初見の映画の円盤を買うのは初めてでした!

ドキュメンタリックなタッチや硬派さに定評のある 巨匠シドニールメットの汚職警官モノの大作!ルメットは汚職警官モノ得意ですよね!セルピコもQ&Aも傑作だったので、本作も鑑賞しました!

結論、ド傑作 渋いぞ〜 ジワジワくる感慨深さ…

バッジを盾に、マフィアばりに街で幅を利かせる ニューヨーク市警麻薬捜査課の汚すぎる刑事達。賄賂、恐喝、暴行、麻薬取り引きなんでもあり。汚職が当たり前すぎて、もはや脱けだす事が困難。そんな中、良心の呵責に耐えきれなくなった1人の刑事がとうとう汚職調査に手を貸す…実話ベースの物語。

自分も汚職に加担してきたという自己嫌悪の中、最後に残った一握りの正義感で立ち上がるも、とはいえ汚職刑事仲間にも絆があり、告発は彼らへの裏切りを意味する。観ていて胃が痛くなりそうな緊張と苦悩のドラマ。告発モノはここが面白い。

唯一の理解者だった2人の調査官が調査班を離れた後がつらい…

しかも終盤に入ると 主人公自身の黒い過去とも向き合わなければいけなくなってくる…

それでも 誠実な態度で過ちを反省していき、本来の警察の姿を取り戻す為に突き進んでいく…そして最後には遂に…

汚職警官達も 汚職をしているとはいえ 心の底まで極悪人なわけではないんだよな…

トリートウィリアムズの顔は好きじゃないです笑 弱そう笑 しかし今回の演技はマジで素晴らしいです!!たぶんメソッドアクティング!!


もし本作がアメリカンニューシネマ調だったら 最後はもっと救いようがなかっただろうな…
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「プリンス・オブ・シティ」‬
今年発売したシドニー・ルメットの質屋に続き復刻シネマライブラリーから初DVD化された「プリンス・オブ・シティ」を購入…。本作はセルピコと同じ内容に挑戦したルメットの鮮烈の刑事物語で、長らく未見だった本作を先程鑑賞したがまぁ傑作よ。この手のドラマを撮らせたら彼は最強ね…マジ巨匠だわ。 ‪貸出もされず長年未見だったS.ルメットの本作は最高過ぎた。3時間近い映画にも関わらず渋い役者に優れた脚本とスタイリッシュな映像と鮮烈の刑事物語は一瞬で時間を忘れさせる。社会派から様々な映画を撮ってきた彼の数知れない傑作や名作の一つとして大いに評価できる作品だ。‬
警察内部の不正を暴くシドニー・ルメット監督の力強い作品。
見応えがあり過ぎて、逆にしんどくなってくる。
この映画の主人公はもっと辛いんやろけどね。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

4.4
シドニー・ルメット監督作品!

60.70年代のΝY市、麻薬特捜班のメンバーは捜査のためならば必要悪の犯罪を犯していた!
〝ニューヨークのプリンス〟捜査のためならば金は使い放題、各々が完全な自治権を持ち成果を上げているので、お咎めなしの仲間からも羨ましいがられるエリート集団!
5人の仲間の絆は固いのだが、その中のダニーは、正義感が強く、日々の任務に疑問を持ってしまい、警官汚職調査に協力してしまう…
3時間弱の大作だけど、ダレることなく一気に観てしまった!
ルメット監督作「セルピコ」の姉妹篇と位置出来る作品ではないでしょうか。

登場人物が多くて、かなり集中して観ないいけないけど、スター俳優を起用しないで、こんだけの作品を作れるなんてルメット監督凄い!傑作です!
主演のトリート・ウィリアムズ素晴らしい俳優さんでした。
良か映画!
nonchang

nonchangの感想・評価

4.5
シドニー・ルメットの力作 圧巻の渋さが際立つ隠れた名作
DVD化希望

このレビューはネタバレを含みます

シドニールメット最高力作!



シドニールメット監督

素晴らしい傑作で久々に溜飲がさがる。  

自分の黒いものも主人公の内部告発に洗われるようだ。

ニューヨークの汚職麻薬課のトリートウィリアムズ。

彼が内部告発をしていく経過をおう物語。

本作でルメットはカンヌ、ニューヨーク映画祭でそれぞれ賞を受賞しています。

一貫して

警察

司法を描き続けるルメット。

本作では内部告発するトリートウィリアムズの素晴らしい苦悩の姿。

力あふれる演技が必見です。

いろんな人柄の検察側
裁判
仲間の信頼と裏切り
家族
マフィア
下っ端ジャンキーまで

実に多角的な視点でルメットは描ききります。

本作は汚職まみれすぎですが、

いかに

金に始まり

金に終わる世

をルメットは力学的なドラマ、

心理戦で描いてます。

お金についてのある意味映画かもしれません。

2009年2月23日レビュー

追記
シドニールメットを追っかけ鑑賞していた時期に出会う。

最初は「12人の恐れる男たち」の監督さんかあ、みたいな。

堅い、社会派、ロジカル、みたいな印象。

しかし多作な80、90年代の触れて見るうちに

なかなかの「警察」映画、司法映画の名手であることがわかり、

遺作の素晴らしいサスペンスまで、全くぶれない作家だったなあという印象でした。

リメイク「グロリア」みたいならしくない、珍作もありました。

本作、2巻組のビデオで分厚いビデオだった、ワーナービデオ、ブルーの厚い辞典のような重さ。

見やすくてびっくり、主役の方含めみたことない俳優だった。

多角的に司法と汚職がみえて、本当に
エポックにみえた!

金で罪はぬぐわれ
罪は金にきえるのか?

隠れた力作ぜひどうぞ!
TaiRa

TaiRaの感想・評価

5.0
一貫した信念で不正を暴く男たちを描いてきたシドニー・ルメットが、より人間的でブレまくる男を描く。

仁義と正義の板挟みになる主人公の弱さと苦しさ。そんな彼を、それぞれの立場から支える仲間たち。もはや善も悪もなく、どちらへ転んでも後悔することになる最悪の状況。それでも主人公は、選択を迫られる。彼への冷たい視線が映画の幕を閉じる。

汚職警官映画の最高傑作。
ぱーく

ぱーくの感想・評価

5.0
長かったが、飽きることなく楽しめた。余韻が残るラストで、かなり考えさせられる映画。S・ルメットの最高傑作だと思う。DVD化希望。
デパルマの「ミッドナイトクロス」と縁の深い映画。物凄く硬派な社会派犯罪ヒューマンドラマですが、警官の内部捜査の話しで、デパルマが監督を切望しながら結局シドニー・ルメットが監督に。
デパルマは、かなり執着があったので、「ミッドナイトクロス」の主人公の経歴に映画の主人公を投影したという。そう、元警官で内部捜査のためにマイクを仕込んで…のくだりは、この映画からいただいているのです。
本作自体もかなり面白かったと記憶してる。ただ、この時のトリート・ウィリアムズの印象が…わたしの中では「ヘアー」のヒッピーだったので違和感が…