青い山脈の作品情報・感想・評価

青い山脈1949年製作の映画)

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.3

「青い山脈」に投稿された感想・評価

mayu

mayuの感想・評価

3.0
大昔に読んだ遠藤周作の小説に登場する女の子がこの映画の若山セツ子さんの話をしていたのを覚えていたので見てみました。まさかの前編とは…。後編もテレビでやっていただきたかった…わざわざ借りてまでは見ないなあ。この時代に生まれたかったなあとか思うこともあったのですがこの時代はこの時代で面倒臭そうですね…女のいやらしさは今と変わらずな感じで。怖い怖い。でも爽やかなプラトニックな男女交際は羨ましいなあ。笑
ひよん

ひよんの感想・評価

3.5
沼田タケノコ。


古い作品なので、言葉が聞き取りづらいです。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
いやぁ、女だけしか居ない学校は恐ろしい
「鋭いカミソリと切れ味の悪い鉈」というたとえに凄く納得してしまった
原節子さんが綺麗
jackpov

jackpovの感想・評価

3.3
あれ、なんでこれクリップしてたんだっけ…
(映画生活を取り戻し中…なかなか習慣が戻らない…)
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
1963年の吉永小百合、芦川いづみ版は観た事はあったが、杉葉子、原節子版は初見。
社会派の今井正監督が作った青春映画なので、爽やかさのみを描いたものとは一味違う。これが前篇なので後編も観ないと評価できない。
とはいえ、劇中では160cmとなっているけど実際は170cmのモデル並の長身だった新子役の杉葉子が格好良く、絵的にはこれだけで満足。
今井正監督作品の『青い山脈』+『続・青い山脈』の二部作を一気に鑑賞した。

石坂洋次郎の有名な原作であるものの、未読だったので、内容はこの映画を観てはじめて知った。
オーソドックスな古典的な青春映画であった。

前編は、女性教師の原節子が恋愛の自由さを女生徒たちの前で論じたことから起こる波紋を描く。

後編は、女性教師(原節子)が正しいか、生徒たちの姿勢が正しいかの審議が中心に描かれる。

原節子が綺麗であった。
歴史学で見た
そんくらいでメンドくせえなとおもうけどいま大事とされてることもそのうち大事じゃなくなっていくのかな
ShoseiH

ShoseiHの感想・評価

3.7
女学院という組織を通じて、戦後間もない男尊女卑的、封建的な時代からの民主化、男女同権への転換を匂わせる作品。

原節子主演の作品には今作以外にも成瀬巳喜男監督の「めし」のように男尊女卑の風潮の中での行生き方を問うものがあるが、「めし」の男尊女卑に甘んじる役と対照的に今作ではその風潮を切り裂いて新しい道を築こうとする「新しい女性像」を頑で自分を曲げない教師役で演じきっていて素晴らしかった。
戦前の価値観と戦後の価値観の相違。それを「男女交際」をテーマに考える内容の作品。「清らかな男女交際」という言葉がファンタジーの様に感じるほとんど作中の男子、女子は眩しい程清らかだ(笑)新旧の価値観の衝突ってのは今も昔も変わらないので「昔から変わらないんだなー」とボンヤリ観ると面白いな。
資料鑑賞

みやすい。きれいと思えるシーンもあるので、映画としては悪くないと思う。

以下個人的な意見。
封建的な空気にウゼーともなるんやけど、それいじょうに原節子がうぜーってなる。
最近見たのがズートピアやねんけど、なんで新しい、正しいことをするやつは警察とか先生とか権力的なやつやねんやろ。
コミュニタリアンにスターリニズムで対抗してどないすんねん。っていうのは今でも変わってない。
>|